人気ブログランキング |

カテゴリ:●愛しきものよ・・( 57 )

d0085887_20204619.jpg

2016年の秋の夜更けに
我が家の「桃次郎」は静かに旅だった
後になって判ったのだが
その一か月ほど前に「そら」も逝ってしまっていた
「きっとふたりは一緒だからせめてそれが慰め」
そらクンのお母さんはそう言った
我々夫婦も同じ思いだ

左がコーギーのそらクンで右が柴の桃次郎
ふたりは無二の親友だった
男の子同士だったが会えば舐めるようにハグして離れなかった
そんなわけで
両家の家族たちも自然に親しくなっていった

おつきあいが始まったころ
朝の散歩に出てそらクンの家の前を通ると
ふたりのラブコールと一緒に玄関から出てきたのが
そら家のお嬢さんで遥さんという少女だった


d0085887_20221828.jpg

ロクロを挽いているのがその遥さんである
当時小学校の4年生10歳だったはずだ
躊躇うこともなくパジャマのまま飛び出してきて
そら&桃次郎の取っ組み合いを一緒に眺めたものだった
実にあどけなく可愛い少女で
「寂しいからおヨメさんにいっちゃダメだよ!」って
からかっていたのだが
いつの間にかお嫁にいってしまっていた
隣りで眺めているのが新婚のムコ殿
手前が遥さんのお母さんである

そもそもこのお母さんが
私の娘と一歳ちがいくらいでしかないので
遥さんは孫みたいなものである

実際の孫たちはまだ幼いのでそんな気がしないのだが
年齢でいえば遥さんほどの孫がいてもおかしくないわけで
やはり歳をとってしまったことを実感するのである

d0085887_20224330.jpg

高校時代のクラスメイトだった彼は
しょっちゅう遥さんの家にきていた
それを嬉しそうに話すお母さんの様子は
若いふたりを心から信じる優しさで
この家の温かさが判っていた
だからゆっくりとふたりで愛を育て
保育士の免許を取り そして晴れて結婚したのだった

今日はかねてからの約束で
結婚のお祝いに陶芸体験をプレゼントすることにしてあった
本当は遥さんのお父さんも来るはずだったが
仕事が入ってしまって3人だったが
結構楽しんで遊べたみたいだった

聞いたら隣駅の駅前に住んでおいでのようだ
「なんだそれならいつでも遊びにおいで!」
「ただしひとつだけお願いがあるんだ!」
「それはね・・」
書くと長くなるから また次に!!」

10歳の可愛らしい少女は
23歳の美しい新妻に変貌していたところまでで
今夜はシツレイ!



d0085887_21264439.jpg
糸抜き線紋酒器 自作



応援してくださる方・・クリックしてね!!

by touseigama696 | 2019-04-29 21:27 | ●愛しきものよ・・ | Comments(4)

桃次郎の忘れがたみ


d0085887_23591279.jpg

「疑いのない平和」「豊かな希望」
「心からの幸福」「穏やかな時間」

肌よせあって眠ってるだけなのに
伝わってくるものが沢山ある


d0085887_23595242.jpg

Shuちゃんちのマロンとの間に
我が家の亡き桃次郎が 父として
この世に残した4匹のこどもたち
今でもこれを見ると無性に癒されるのです

人間にも こんな時間が作れればいいのに・・




応援してくださる方・・クリックしてね!!

by touseigama696 | 2019-04-07 05:53 | ●愛しきものよ・・ | Comments(4)

存在感

d0085887_06280486.jpg
抹茶碗  旧作

桜の開花 春爛漫をイメージした茶碗
N子もこんな雰囲気だったかな
一年中満開だったから


-----------------------------------------------


病院事務長時代に一緒に仕事した職員から
「昔の仲間が集って食事したいので
事務長も来てくれませんか?」と誘われた
たまにはいいかと出かけた時の話である

いつ頃の話かと言われれば覚えているけど
ここではボカシておこう その夜N子も出席してたから
「これワタシのことじゃん! ヤ~ダ事務長ったら
ホントのこと書いちゃって」 そう威張られないためだ
ついでに名前もN子としたのは
なんてことないのろ子のNのつもり

病院が創業して間もないころだったから
事務方に優秀な職員が欲しいのは言うまでもなく
採用人事も所管の事務長としては
増員の度にその資質を見逃さないよう気をつけていた

そんな最中に私の面接をかいくぐって入社したのがN子だった
正確に言えばかいくぐったではなく
期待されてという方が当たっている
但し期待の意味が少し違っていた

賢明 迅速 機転
期待するものは幾つかあるが
彼女の場合ここが違っていた
学校から提出された成績表は殆ど無視しても
この三つの資質にはちょっとだけ距離があった

それでも採用だったのは
さる方の紹介で応募してきたN子だけに
縁故の贔屓目と言われそうだったが
そこは断固として違っていて
私が「採用!」に決めた根拠は
正に彼女がもつ天賦の才「のろ子」だった

これは採用人事専門用語(?)資質編でいえば
「天真爛漫」に該当する
それも突出した天真が爛漫を謳歌してた
平たく言えば「ノーテンキ」のこと
どんなときにも決して慌てたりしないが
 だからといって冷静だというわけではない
微妙な座りの良さ そこが天賦の才だった

私の持論は
優秀な資質を見逃さずに採用するのは
そんなに難しいことではないが
10人の賢明・迅速・機転のなかに1人の天真爛漫
それも突出したのろ子を探すのは
決して容易ではない

賢迅機よりも天爛のほうが遥かに少ないからで
とりわけ私が必要とする純正の天真爛漫は
どんな悪天候も好天気に変えるノーテンキのことだから
滅多にいないものだと思ってきた

さて
N 子が入社してどうなったか?
創業期の混乱はやはり防ぎようもなく押しかけ
日々に様々な問題を突きつけられた
それを技術的に解決したのは賢迅機たちだったが
彼女らに難儀に立ち向かう勇気を呼び起こしたのは
大抵の場合天爛のN子だった

賢迅機が頭を抱えていると天爛ののどやかな声が響く
「やろうよ! ドジなわたしには無理でも
キミらならできるからさ!」
賢迅機が理屈を主張してる傍でN子は心情を説いた
同じことを事務長の私が言っても気力にはなるまい
N子のひょうきんがどれほどに冷え冷えとした不穏な空気を温め
緊迫を爆笑で吹き飛ばす効果を見せつけたか
それがN子に期待したN子の存在感だった

そのN子
採用した私が退職してからでも20年
今も現役で仕事してる 在籍は30年に近いはず
それでもN子は昔のままのN子に違いない
みんなの為に必要なかけがえのない資質は
きっと今なお健在なのだと信じている

「存在感」
これは優劣で決まるものではない




応援してくださる方・・クリックしてね!!

by touseigama696 | 2019-02-25 07:47 | ●愛しきものよ・・ | Comments(2)

在りし日の・・あいつ

d0085887_06022646.jpg


在りし日の・・「あいつ」です
我が家にやって来た時に持参した血統書には
確か柴桜号とあったような・・そして
我が家で命名された名前は・・桃次郎
長男の息子に敬意を払って・・次郎にしたのです

でもね
フルネームにすると・・柴桜桃次郎
まるで親分さんみたいです


d0085887_06043345.jpg

2016年10月29日
この日の朝・・最後に撮った写真がこれで
私に体を預け・・妻が撮ったもの
力はなかったけれど・・体の温みは今も覚えています

そしてこの日の夜中・・妻のベッドの脇の毛布の上で
おしっこの始末をしていた僅かな時間に
そっと独りで逝きました

17年を我が家で過ごした彼のために
今でも・・リビングのテーブルの脇に
居場所があって・・そこでいつも家族と一緒
私が作った骨壺・・ここが彼の終の棲家になりました


d0085887_06031887.jpg

我が家に現れたときの彼が・・この写真
柴犬というより・・まめ狸でした

d0085887_06044710.jpg

先日・・教室で最後の稽古日に
生徒さんの〇谷さんが
「このお人形・・桃次郎みたいだから記念に」
とプレゼントしてくれました

色白な桃次郎・・ほんとこんな雰囲気でしたから
17年が蘇ってくる思いで・・彼の席を作りました

あの朝から丁度2年・・朝食の折りに
手が滑って食べ物を床に落としたりすると
思わず・・「ほら桃次郎!ウィンナやるぞ!」
あの頃を思い出しています

我が家のペット歴は・・桃次郎で最後です
今度は・・見送るのがどっちだか?
面倒を見ることはできても
面倒見てもらえるか・・判らんもんなぁ!





応援しくださる方・・クリックしてね

by touseigama696 | 2018-11-01 07:38 | ●愛しきものよ・・ | Comments(2)
d0085887_08162148.jpg

昭和20年前後の10年ほど
私の父方の祖父母は・・叔父と同居して
戦争からの疎開とそれに続く混乱の時期を
茨城県のさる気象観測所の官舎で過ごしていた
叔父は・・その観測所の所員だった

物心ついた3歳くらいから10年
毎年春休みだの夏休みには
私は・・祖父母を訪ねて
広々とした観測所の敷地の中で
同じ所員の子どもたちと
泥まみれで遊んだものだった

観測所の正面入り口には
左右二基の石でできた地球儀が立っていて
観測所のシンボルになっている
近年訪れる機会が減ったが
この地球儀今もあって・・昔のままの筈である

訪ねれば・・まだヨチヨチ歩きだった幼い私は
決まって向かって左の地球儀の傍らに
佇む祖母の胸に飛び込むのが常だった

私はこの祖母にひたすらに愛された
仕事で多忙だった母親よりも・・居れば
もっと長い時間を祖母と過ごしたような気がする
今思えば・・最も祖母らしい祖母
下町育ちの母方の祖母の厳しさはなく
ひたすらに優しく穏やかな祖母だった

昨日・・古い写真を整理していて
懐かしい写真がでてきた
その祖父母のものである


d0085887_08200036.jpg

観測所の敷地内で撮ったもの
裏に叔父の添え書きがあって
父77歳 母70歳とある
いかにも長年連れ添った老夫婦の
自然な佇まいが穏やかな写真である

じっと眺めていて感慨深いものがある
このころの祖父母の感触は
声も温もりも・・耳や手に残っているが

祖父77歳は・・ほぼ私の今の歳
祖母70歳は・・私よりも若いことになる
私の妻は同い歳だから・・同じく祖母よりも上だ

今思い出しても
とうに現役からはリタイアして
文字通りの隠居生活
長男だった私の父が中心で
兄弟姉妹5人が奪い合いで面倒を見ていた
従兄たちもみんな・・この祖父母が好きだったのだ

やはり時代は変わったのだとしみじみ思う
このころの祖父母よりも
多分我々夫婦のほうが自分で出来ることは多い
体も動くし・・行動範囲も広い
そしてその分・・年寄りらしい穏やかさに
もしかしたら欠けるかもしれない


私が高校生のときに先立った祖父
我われ夫婦があと三日で結婚という間際に
待ちきれなくて亡くなった祖母
どちらも半世紀以上昔のことである

あの地球儀の脇に立って待つ祖母を
ひたすらに懐かしく思い出す
とうとう追いついてしまった歳
これも典型的な老人の懐古だろうか
だがそれでもいい・・と思っている





応援しくださる方・・クリックしてね

by touseigama696 | 2018-05-08 09:18 | ●愛しきものよ・・ | Comments(3)
d0085887_10140771.jpg


三個のジャガイモだったり
三匹の豆狸だったり
その都度・・言いようは違っても
日に日に育ってゆく
我が家の宝物に変わりはない

「暮れ」が「新年」を背負って
賑やかに飛んできた・・27日のことだ

d0085887_10151926.jpg


去年はこの二人で・・三人目はお腹の中だった


d0085887_10153533.jpg


今年は
三男もママのお腹を飛び出して・・飛んできた

男子三人・・育ちざかりになったら
さぞかし地響きでもするに違いない


d0085887_10142655.jpg



長男陸翔(りくと)6歳
来春は・・黒いランドセル背負って
小学校入学・・ついこの間
お食い初め一式作ったような気がするが
今では・・しっかり弟二人の面倒もみる
頼もしくなったものである

d0085887_10143577.jpg


次男登太(とうた)3歳
いずれ兄と弟に挟まれて
微妙な調整が要りそうな立場だが
とてもひょうきんで
中々賢そうな発信力を秘めている

三男にママをとられても
じっと耐えてるらしき風情も
実に健気なのである


d0085887_10145398.jpg


三男哲平(てっぺい)0歳
我が家に初お目見えで
ここも自分ん家って分かるまでに・・二日かかったが
どうやら昨晩あたりから・・自信をもったらしく
兄二人より強権で・・我が意のままをねらっている

d0085887_10150848.jpg


6-3-0だから・・こんなに可愛らし気だが
18-15-12になった・・どうなる?
ちと心配してみたが
分かったことは・・多分
簡単には三人で寄ってくることはあるまい・・だ

そこまで生きてられるかどうか
でも・・かけがえのない宝物
仮に・・少々お勉強に不足があっても
元気に逞しく育ってほしい
そう願うばかりなのである

今夜・・彼らの叔母が帰省し
明日には・・彼らの父親も飛来する
賑やかな元旦は・・すぐそばだ

僅か数年の差で
ひ孫を見ることなく異郷に去った・・亡父亡母
もし存命だったら
「おい!・・誰か医者にならねぇか?」
お年玉チラつかせながら
かき口説いているかもしれないな・・




人気ブログランキングへ応援しくださる方・・クリックしてネ!


by touseigama696 | 2017-12-30 11:01 | ●愛しきものよ・・ | Comments(10)

在りし日の「桃次郎」

d0085887_22414332.jpg

壁に掛けたこの遺影を撮ったのは
去年の今日の・・午前中だった
陽ざしの暖かい朝だったように思う

そして・・同じ日
これを書いている今から数時間後
妻の部屋で寝ていた桃次郎は
妻が僅かに目を離した隙に
黙って独りで旅立った
それが・・柴犬の矜持だったろうか

今はこうして
私の作った骨壺の中で
妻の背中越しに座っている
家族の様子が一番よく見える場所なのだ

「モモジロウ!・・ハム食べるかぁ?」
ときどき・・こちらも声をかけるが
答えてはくれない
でも・・生前と一緒できっと通じてる


d0085887_08211983.jpg

娘に抱かれ・・娘の贈りものとして
我が家にやってきた桃次郎
まるで豆狸だった


d0085887_08014965.jpg

やがて成犬ともなれば
正統な血統が物をいうのか
凛々しい柴になった

d0085887_08293168.jpg

朝晩の散歩が一番の日課
私と妻の交代で連れ歩いたが
散歩させているのは・・我々なのか桃次郎なのか
いつもこちらが引っ張られていた

d0085887_08374080.jpg

彼は・・17年の生涯を
室内と二階のベランダで過した
庭はあったが建物の陰で暗かったから
日当たりの良いベランダが・・彼の庭だった
朝になると・・このガラス戸からベランダに出た

d0085887_08260956.jpg

豆狸のころからの愛用のかごが
彼のお気に入り・・狭いだろうに
大きなお世話とばかりだ

このベランダに扉はなく
外階段から逃げることもできたが
まるでエアードアーがあるみたいに
決して階段を下りることはなかった
どうしてそう決めたのか・・今でも判らないが
逃げる必要もない・・安穏な生活
もしそうだったのなら・・そりゃ嬉しいというもんだ


d0085887_08280462.jpg

無駄吠えもせず・・あちこち疵だらけにするでなく
性格の優しい柴だったから
近所の子どもたちにもされるがままに
撫でられていて・・人気者だった


d0085887_08432869.jpg

我々と一緒に転居して3年
ここは彼にも隠居所だった
階段も床も敷物が敷かれ
滑っても転んでも安全を図り
居間から玄関は・・エレベーター
お犬様の晩年・・枕つきで寝ていた

17年という歳月は
我が子でも青年に育つ時間
桃次郎も・・大事な我が家の家族だった
一年たっても・・喪失感に変わりはない

在りし日の彼を思い出しながら
夜は更けてゆく



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

by touseigama696 | 2017-10-29 00:11 | ●愛しきものよ・・ | Comments(4)

三個のジャガイモたち

d0085887_09262748.jpg

この週末・・妻を連れ立って
大雨の中・・久しぶりに大分に飛んだ

d0085887_09283782.jpg

長男夫婦の間に生まれた・・我が家のお宝
三個のジャガイモたちを訪ねるためだ
陸翔 登太 哲平
6歳・3歳・0歳
このジャガイモたち・・3年ごとの豊作だ
色々な祝事を束ねて訪ねた

d0085887_09471101.jpg


一つ目は
長男陸翔にランドセルをプレゼントすること
来年はいよいよ小学生になる
始めてお食い初めの器一式を作ったのが
つい昨日のことなのに・・早いものである

既に気に入ったものを選んでいたので
それを贈ることにした

d0085887_09511540.jpg

二つ目は・・三男哲平との初対面である
個展準備の真っ最中の誕生だったから
妻にまかせ・・お食い初め一式届けて
会えずじまいだったのだ

改めて抱いたが・・これまた
あっという間に大きくもなり・・重くもなった

d0085887_09555942.jpg

これが次男の登太
兄と弟の間に挟まれて・・いずれ
微妙な力関係を要求されそうな立場だが
よくしたもので
茶目っ気たっぷりの日々
きっと上手いことやってのけそうだ

d0085887_10045078.jpg

この春からは
兄のお下がりではない・・新品の制服を着て
兄と同じ幼稚園に通い始めた
これが三つ目の祝い

ついでにこの一枚の写真
全景は遠慮しとくが・・息子夫婦は
三人の男の子たちを・・伸び々と暴れさせたくて
今年になって
足音に気兼ねした・・それまでのマンションを出て
新築の戸建てに買い直した

その玄関に立つ二人なのである
狭いが庭もあって・・デッキテラスもある
バーベQではしゃぐ三人が目に浮かぶ
新居移転・・四つ目の祝いである

d0085887_10262359.jpg

最後にもうひとつ・・この二匹の猫
息子夫婦の10年をつぶさに見てきた
家政婦は見た!・・かもだ

左がタロウ・・右がチャー
タロウは新婦の連子で
チャーは新郎の連子だ
だから
新婚の日々から一緒だった
人間でなら既に80歳も過ぎた老猫
三人の孫たちを見守りながら
今なお元気な毎日を過ごしている
これを五つ目にしよう

今は日に日に育ってゆく三個のジャガイモたち
我々老夫婦には
かけがえのない三個のジャガイモである
ホクホクとして土が匂う
豊かなジャガイモに成長してほしい

そう願いながら
二泊三日を経て・・同じ雨の中
帰りの便に乘ったのだった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


by touseigama696 | 2017-10-17 10:54 | ●愛しきものよ・・ | Comments(6)

ジョン!・・いずこ?

d0085887_06274799.jpg

8年前の晩秋・・いつものように
桃次郎を連れて朝の散歩にでかけ
いつものように・・ジョンの住まいを訪ねた

しかし
この朝のジョンはいつもと様子が違っていた
私に飛びつこうとしているが
表情が険しいのだ・・何かを訴えていた


d0085887_06310399.jpg

ジョンは・・ここで飼われていた
今風なら
リバーサイドのウォーターフロントだ
飼い主のおっちゃんは・・いわゆるホームレスで
この川の畔の橋の下に小屋を作って住んでいた
時折り・・仲間と朝食してる姿を見かけ
シャレてるじゃん・・そう思ったものだ

  
ジョンと我が家の桃次郎が縁で
いつとはなしに
おっちゃんとも仲良くなった
事情があってのことと
名前も聞かず・・歳も知らないままだった

でも気を許してくれてのことか
問わず語りに聞いた話は
この暮らし・・楽ではないなだった

「こいつに生肉食わせるのが大変でさ
知り合いの肉屋で余り物買って
鍋で煮て傷まないように食わせるが
月に一万もかかっちゃうんだよ
でもさ・・それだけが楽しみなんだ
こいつの人懐っこさに救われてるもんな」

少しも投げやりなところのない
穏やかで優しいおっちゃんだったし
ジョンも私になついて
近寄ればすり寄ってだきついてくるのだった

冬などは・・さすがに寒そうで
体の大きさは少し合わなくても
なくても済む衣類を運んだり
頂き物の食材食料とか
到来物の酒持参で差し入れたりしてた

「こんないい酒一人じゃもったいないから
ともだち呼んでやっていいかい?」
振る舞えることが嬉しそうだった


d0085887_06283385.jpg

こんなつきあいが1~2年続いての・・その朝
ジョンの様子は・・いかにも異様だった

d0085887_06322998.jpg

初めて・・おっちゃんの小屋の
ドアの隙間から中を覗いた
病気で倒れてはいないかと心配したからだ

やはり掘っ立て小屋ではある
でも・・おっちゃんが丹精込めた我が家
それなりに小ざっぱりしてはいたが
いわゆるもぬけの殻で
ひとが抜けたままの姿で・・布団が敷かれていた
枕もとの・・電池だけが頼りの携帯ラジオ
電灯が灯ることのないこの部屋で
暗い夜の楽しみは・・これだけだと
話していたのを思い出した

それまでに
おっちゃんがジョンをつないだまま
長い時間でかけることはなかったようだし
ジョンの餌鉢が渇いてることもなかったから
それに・・ジョンの異常な悲壮感

不吉な予感がして・・もうひとつ下流の
橋の下に住むおっちゃんの友達を訪ねた

「あぁ~おっちゃんな
三四日前だったかな
ともだちと一緒に飲んでてさ
どういうわけか喧嘩になっちゃって
取っ組み合いでふたりとも
川にはまって死んじまったのさ
ジョンは・・今日明日に
別のともだちが引き取るって
言ってたけど・・どうかな」


d0085887_06325980.jpg

あの日のジョン
どう見ても・・涙目である
泳いだ目が探してるのは・・おっちゃんだ
死んだと判っているのかもしれない
きっと目の前で溺れたに違いない
それを私に伝えようとしていたんだろうか

急いで自宅に引き返し
桃次郎のドッグフードを車に積み
ジョンの餌鉢に溢れるほど入れた
今のジョンに腹は空かせたくないと思った

翌日の朝・・やはり気になって訪ねた
しかし・・そこにジョンはいなかった
無事を祈るばかりだったが
あれが・・ジョンを見た最後の日になった

今思えば
おっちゃんは悪い死に方じゃない
あのままあそこで
厳しい暮らしに耐えるには限界もあったはずだ
病気で独り寝込むことを考えたら
いかにも不安だったに違いない

互いの境遇を共有しながら
仲のよいともだちが・・酒のせいでか
他愛ない喧嘩で・・じゃれて取っ組み合い
抱き合って死んでいった
ホンワカしたものさえ感じるのだ

ジョン!・・ところでお前は今どこ?
あれから8年・・微妙な時間だ
もしかしたらあっちで
またおっちゃんの世話になってるかもだし
桃次郎とも再会できたかもしれない

短い歳月だったが
忘れがたいつきあいだった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

by touseigama696 | 2017-09-16 19:41 | ●愛しきものよ・・ | Comments(7)

桃次郎のむすめ

d0085887_22101478.jpg

去年の今頃・・晩年の桃次郎です
殆ど妻の部屋・・ときどき私の部屋を
行ったり来たりの日々でした

私が作った骨壺に入ってやがて1年
まだ喪失感は残っていますが
もの言わぬ無償の愛
沢山の思い出が蘇ります

数日前・・私のPCの家庭教師syuちゃんから
メールが届き


d0085887_22003848.jpg

この写真が送られてきました
「もも」・・とだけ書いてあったので
ふとどこで撮ったいつ頃の桃次郎だろか?
いぶかし気に見たのですが
syuちゃんに電話して・・判りました

この「もも」は
桃次郎の末の娘なのです


d0085887_22423916.jpg

桃次郎が5~6歳の頃
束の間でしたが・・結婚したことがあります

左が桃次郎・・右が嫁のマロンです
実はこのマロンちゃんの飼い主が・・syuちゃんなのです


d0085887_22021137.jpg

やがて四匹の息子と娘が生まれ
マロンの決死の育児は
ひともかくあるべし・・を思わせるほどに
献身的で感動させられたものでした

何もせずにのほほんとしていた関白亭主の桃次郎
今となれば未亡人のマロンに
せめて感謝の一言くらい残せればよかったのに
ここでもまた・・もの言わぬ愛だったのだろうか

この四匹のどれが末っ子「もも」なのか
私には判りませんが・・柴だからとはいえ
桃次郎だと言われればそうかと思うほど
面影を感じて・・ひとしきり懐かしく見ました

桃次郎は異郷ですが
マロンと子供たちの無事をこころから願いながら

桃次郎が家族の一員だった16年を
無性に切ない思いで・・偲んでいます



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

by touseigama696 | 2017-08-15 23:26 | ●愛しきものよ・・ | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696