ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

カテゴリ:○未分類( 171 )

d0085887_05091808.jpg

この2週間・・一度も歩いていない
理由は・・いささか不気味な天候のせいだ
晴れれば摂氏40度の日中・・歩くのは危険だ
一方で・・東から西に逆走する台風
過去は参考になりません・・の世界
慣れたことを‥いつものように
うかつに踏襲するのをためらった


d0085887_05093461.jpg


我が家の前に川はなく・・背中に山もない
およそ風情には欠けるが
幸いにも・・その分水や土砂の恐怖はなかった
通り過ぎた静かな朝
何事もなくは・・ほんとに幸運なことだ


d0085887_05094364.jpg


地球温暖化がもたらす・・異常気象
二酸化炭素の影響が大きいとか
生活が豊かになった代償のひとつだが
皮肉にも・・その代償が
人間の生活の基盤を破壊しようとしてる

二酸化炭素排出量ランキングというのがある
1位 中国
  2位 アメリカ
 3位 インド
 4位 ロシア
5位 日本

世界お騒がせ国家ランキングって書いても
そかぁ・・と思いそうな序列
しかし・・このワースト5が大いなる反省をしないと
確実に地球は壊れる・・政策の前にモラルの問題なのだ


d0085887_05095466.jpg


この2週間・・静かな工房にいて
慣れたことに・・ひたすら手を動かすだけ
エアコンの利いた工房は・・それなりに快適だったが
ふとそのエアコンの多用に・・はて?と思うものもある

「熱中症を逃れるためには
老人はエアコンを活用してください!」

この2週間・・毎日のように聞いてきたセリフ
お陰で無事だったが
そのツケがどこかに災害を生んでいるんだろうか


どこで何をしようと
この地球を含む天の川銀河は
やがてお隣りのアンドロメダ銀河と衝突して
大崩壊する宿命にあるらしい
そうなれば二酸化炭素もへったくりもない
だが・・聞くところによると
衝突崩壊は・・4~50億年先らしい

となれば
やけを起こして・・地球を自分の手で壊すより
みんなで反省して
なるべく乾燥機を使わずに
天日で干すだけで
えらい勢いで二酸化炭素がへるらしいってことを
試してみたらどうだろう

学童がいたら乾燥器OK
でも年寄り家庭の洗濯は
お天道さまが照る朝を待つべしかな
そのつもりになれば
出来ないこっちゃないような気もするが

アンドロメダ衝突までに
考える時間は・・たっぷりありそうだ




応援しくださる方・・クリックしてね

[PR]
by touseigama696 | 2018-07-30 06:24 | ○未分類 | Comments(0)

d0085887_08461307.jpg


「親の愛は無条件ではない
躾け(しつけ)があるからだ
その厳しさから逃れるいっときの慰め
それが祖父母の愛
孫たちはその無条件の愛を
いつでもいつまでも懐かしむ・・」 てつ56

ふと・・遠い日のこんな暮らしを思い出す
戦中戦後の混乱の時代
誰もが住む家にも事欠いて
大ぜいで暮らしてたから
誰かが庇ってくれて・・誰かが助けてくれた

殊更・・祖母に可愛がられたわたし
懐かしさも一入である
同じような歳になってしまった




応援しくださる方・・クリックしてね

[PR]
by touseigama696 | 2018-07-27 05:38 | ○未分類 | Comments(0)
d0085887_20041598.jpg


これ野球の観戦チケット2枚です
昨日の巨人vs広島戦
このシートは・・一塁側ジャイアンツベンチのすぐ上
去年もそうでしたが・・よく見える席
ジャイアンツのシーズンシートの中の2枚なのです

私の地元にもコミュニティーペーパーとして
よみうり新聞社があります
その社長さんが古い友人のひとりで
長いつきあいです
たまたま会社の社歌を作ってほしいと頼まれて
これまた親友のNさんと組んで
私の作詞とNさんの作曲で・・作りました
多分30年も前のことのはずです

「センパ~イ!・・ちゃんと毎朝朝礼で歌ってますよ」
会えば必ず・・そう言ってくれます
そして義理堅くも・・毎年のように
こうして招待券を送ってくれるのです

自分の兄貴が早実の甲子園球児だったせいもあって
妻は・・野球はよく知っていて好きなので
ふたりでドームにでかけ・・楽しませてもらってきました

昨日も・・去年と同じように
ふたりでドームに出向き
軽く夕食を済ませ・・ゲートに向かいました

悲劇の始りは・・ここからでした
この2枚のチケット・・ご覧になると判りますが
昨日の分なのに・・半券が切れてません
つまり未使用になっています・・ふたりでドームにいてです

どういうことかと言いますと
夕食も食べ・・喉の渇きも癒し
その分・・トイレも済ませ
さて・・と歩き始めたゲートへの通路

暫くして・・違和感に気づきました
私たちが向かってる方向から
大勢のひとが・・歩いてくるのですが
その集団がみんなオレンジと真っ赤なのです
こっちからあっちなら・・分かりますが
あっちからこっちとなると・・違和感です

「オイ!・・チケット調べてごらん!」
妻はバッグからとりだし・・じっと見つめ
唖然としはじめました・・予感は当たりました

午後2時(正午開場)とあります
今5時・・終わったばかりでした

どうやら日曜日にナイターはないらしく
昔とはすっかり様変わりして
親子で楽しむデイゲーム本位のようです
しきりに恐縮する妻でしたが
私もまた・・てっきりナイターだと
ここでも時代感覚は追いついてないようです
「馬鹿ちゃいまんネ阿保でんネ!」でした

踵を返し・・真赤とオレンジの流れに乗って
水道橋の駅まで戻り
パスタ&ノンアル・ビールの見た目安くて
実質高価なディナーは終わったのでした
シーズンシートの巨人戦って
ちょっと調べたら・・メチャ贅沢
テレビに顔が写っちゃいそうな席は
そりゃもうお高いのです

テレビもそうだが・・監視カメラの時代
「いやぁ!楽しく観戦したよ・・ありがと!
いい試合で巨人勝ったしね!」
送り主に嘘言ったりしてばれたら
政界官界の轍を踏むことになるから
今日・・正直に謝っちゃいました
ゲラゲラ笑って許してもらえましたから
やはり正直がいい・・そう思ったのでした

お詫びの交差点で
ちょっと足りなくなっていたズボンをせがんだら
妻は・・さっき一緒についてきて
2本の予定を3本買ってくれました

もっとも2本買うと1本おまけのしきたり
これって・・お詫びの印になるんだろか





応援しくださる方・・クリックしてね


[PR]
by touseigama696 | 2018-07-09 21:27 | ○未分類 | Comments(0)
d0085887_21075298.jpg

怪我から復帰しての久しぶりの錦織クン
ATP500メキシコ・オープン一回戦を見た

この表情からもうかがえるが・・ひどい負け方だ
トップ10プレイヤーに戻ろうとする
強い意志と意欲は・・まるで感じなかったし
苛立って・・投げやりなプレイマナー
見苦しさばかりが目立つ敗戦だった
怪我は治っていないんだろか

d0085887_21080146.jpg

こんな試合は・・もう見たくない
活字情報で復活を予期させるような結果を読むまで
当分は・・決別と決めた
マイケル・チャンが
匙を投げないことを祈るばかりだ

ランキング27位の今から
栄光のランキング4位のあの日まで
もう一度チャレンジする気持ちが見えたら
戻ってくるつもりだなのだが・・





応援しくださる方・・クリックしてね

[PR]
by touseigama696 | 2018-02-28 21:48 | ○未分類 | Comments(0)
d0085887_23312224.jpg

最寄りの駅から約1.5時間
娘の母校の病院は・・地の利はやや遠い
でも
娘に紹介されたDr.は穏やかで自信に満ちていた
この大学の眼科教授とある
娘と同級と聞けば・・お若いが
この年輩は医療の中心世代
全幅の信頼で治療していただける
地の利は遠くても・・人の縁は濃い
有難いことである

雪の悪天候が予想されたこともあって
前日の夜・・病院最寄りのホテルに泊まった
翌朝早めに病院に着いて・・受付を済ませた

やがて瞳孔を開く検査などが始まって
幾つかの機械の前に顔を乗せ
強烈な光線で射抜かれた

「確かに白内障が発症しています
現在のデータは判りましたが
白内障以外に障害要素がないか
一応チェックしてオペのスケジュールを
入れましょう
もう一度来院してください」

次の予約が入って・・昨日は終わった
幸い早めに終了できたので
夕方からの悪天候になりそうな気配を逃れ
鉄道が混乱する前に・・無事帰宅できた

止まってしまった電車に閉じ込められる・・って
閉所恐怖症の私には最悪のシナリオ
手術よりこっちの方がきっと怖い
「無事」にほっとしたのは・・そういうわけだった



人気ブログランキングへ応援しくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2018-01-24 00:21 | ○未分類 | Comments(0)
d0085887_13503480.jpg

この数年・・目の不自由に悩まされてきた
白内障だとすれば・・歳相応の発症だろうが
そろそろ眼科のお世話になるべきか
検査を受けることにした

診断次第では
勿論手術を受けることになる
友人に何人も経験者がいて
誰しも・・取り戻したものの大きさに
びっくりもして・・勧めてくれる

40数年も前になるだろうか
亡母が治療したころ
白内障の手術は
長期入院の上・・失明覚悟の勇気が要った
それでも全てが済んで帰宅した亡母の
最初の一言は・・今でも覚えている

「うちって・・こんなに汚かったの?」
見えなかったものが・・みな見えたらしい
そして
「こんなによく見えるの・・小学校以来かもしれないわ」

今では・・日帰り外来でもできるようになった
などと聞くと・・隔世の進歩が理解できる
娘の同級生の眼科医の世話になることになった

「キャンバスのこのグリーン・・こんなボケた色だったっけ?」
そうでないことを祈るばかりだ
明日・・初診で検査が始まる


人気ブログランキングへ応援しくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2018-01-21 14:29 | ○未分類 | Comments(6)
d0085887_20070434.jpg


箸をつける前に撮ればいいものを
これじゃ折角の盛りつけも・・見るも無残
たまには大皿の・・使ってるところもご披露を
そう思ったタイミングが遅きに失したわけだ

我が家で使う自作は・・大抵は失敗作
何か気に入らないところがあって
だから自分で使って・・経年観察って寸法
これも大事な作業だと思っている

大き目の器に・・控えめに盛る
溢れんばかりに乗せて量感だすより
この方が好きだ

加飾に拘って・・実用を忘れる
ありがちなことだけに
工芸の本質忘れまじ・・である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-11-05 20:30 | ○未分類 | Comments(4)
d0085887_08131143.jpg


我が家の窓から
建設の経緯をずっと眺めてきた
このお店・・今朝開店となった
「コメダ珈琲」・・である


d0085887_08132210.jpg



随分と古い話だが
名古屋を車で走っていて
この店に入ったことがある
あの「コメダ珈琲」ができるんだと
珍しさも手伝って・・楽しみにしていた


d0085887_08141483.jpg


手軽に歩いて行ける喫茶店がほしい
転居してから3年
少しそうした店が出来そうな情報も入って
期待が膨らんできてたから
今朝は・・開店の7時を待って
早速妻とでかけた
出かけたといっても・・道路をまたぐだけ
近いのは何よりである


d0085887_08143009.jpg


案内された席の窓から
しっかりと我が家が見える
離れのダイニング
コメダさんに怒られそうだが
そんな距離感である(ペコッ!)



d0085887_08140335.jpg



どうやら基本メニューらしい
「コーヒー&トースト」で出発にした
バターの代わりのアンコ
これもスタンダード・・嫌いじゃない

妻不在の朝
便利させてもらえそうで・・助かる
コメダの隣りにも
飲食店の建設が計画されて
既に着工している・・何ができるんだろ?
それも楽しみにしているのだ

たまにしか行けない高級店より
普段使いのできそうな気楽な店
私の希望コンセプトは・・そこなんだが
さて・・どうなるだろう?



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2017-10-26 08:44 | ○未分類 | Comments(0)
d0085887_07485711.jpg

いつだったか・・誰の話だったか
具体的なことは覚えていない
朝食をとりながらテレビを見ていて
このエピソードを・・ふと思い出した

「私は中学生のころ・・手に負えない問題児で
ともだちはできず・・不良の限りを尽くしていた
勿論・・先生にも相手にされず
私も・・知ったことかとふて腐れていた

ある日のこと
例によって学校で暴れていたら
担任ではない先生が現れ
ちょっとこっちに来い・・学校の裏に呼ばれた
そして・・いきなりビンタを張られたが
同時に力いっぱい抱きしめられた
息が詰まるほどに抱きしめられた

何か言われたような気もしないではないが
何も覚えていない・・でも
不思議な気分に襲われた

このセンセイ・・本気だ
オレって・・本気で怒られている
そんなの・・生まれてはじめてだった
いつもだったら蹴っ飛ばしちゃいそうなのに
そのときだけは・・違った

その日から・・オレは変わった
普通の生徒になった
本気で叱ってくれた先生が
嬉しかった

ひっぱたかれたことより
抱きしめられたほうが・・心に残ってる
多分・・愛してくれているのが分かったんだ

今のオレがあるのは
あの日のビンタと・・苦しいほどの抱擁だ
どんなに暴れても
解けそうにないほど・・力いっぱいの抱擁だった」

今朝のテレビもそうだったが
いじめや体罰で・・相変わらず学校には問題が多い
どうすればいいかの技術論を述べる人は多いが
本気で怒って・・本気で褒めているか?
本気がどんなもので・・どんなことか
そして・・理屈抜きに
先生が・・心の底から生徒を愛しているか
考えたことあるんだろうか?
愛なしに・・人はひとを育てることはできない

「師弟愛」
遥か彼方に置き忘れた言葉が・・蘇ってくる



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-10-19 23:38 | ○未分類 | Comments(2)
d0085887_00231815.jpg

陶芸家が・・工房でこんな風にしているのは当たり前
粘土が重かったり・・水が冷たかったり
やってりゃ色々あるけど
ろくろ挽いてる時間は嫌いじゃない
そんなはずだったが
最近・・あちこち体が劣化して
結構しんどい作業だと思うようになってきた

そんな折り
重たいものを持たず・・水も使わない
筋肉には殆ど負担のない仕事のオファーをいただいた
誘惑に駆られてお受けした

d0085887_00240103.jpg

昨日この雑誌が届いた・・陶遊No.162 2017/08/23発行
最新号で・・私の個展を取り上げてくださっている

大分前だが・・この雑誌の取材を受けたことがある
3回にわたる追跡レポートで
「脱サラ陶芸家の公募展挑戦記」というタイトルだった

日本陶芸展への応募準備・・制作・・結果
この手のリポートの場合・・受けるにも勇気がいる
入選ならいいけど・・もし選外だったら?
リポーターには筆力が・・作家には胆力が要りそうだ

でもそこは何しろ52歳からの晩学陶芸
失うものはないと覚悟して取り掛かった陶芸のこと
選外記になったとしても
深く傷つくような未来があるとは思っていなかったから
「挑戦してみましょう!」で受けたのだった

発表の夜・・さすがにやや緊張したが
電話で問い合わせる結果発表は
「おめでとうございま~す!」だった
おまけに・・「賞候補」という受賞つきだった

あれから10年近い
最新号の取材は・・比べれば気分的には随分と楽で
「展覧会リポート」で個展の様子が紹介されている


d0085887_00241777.jpg

6月初旬の会期中に
柿傳ギャラリーで写真取材を受けたが
会期は終わっても・・仕事は終わっていない
発行された今も・・追作を完成させるため
工房での緊張は続いている


d0085887_00243589.jpg

日ならずして・・総てを終え
お客様にお届けできるはずで
胸をなでおろす日が近い

そんなわけで・・実は
この展覧会リポート取材の折り
別の企画のお申し出も受けていた
それが冒頭に書いた
筋肉に負担のかからない仕事だが
本号の最後に予告されている


d0085887_00233399.jpg

これがそれである
打ち合わせも済ませ・・準備に入った
確かに筋肉には負担は少ないが
予期していたものの・・頭への負荷が厳しい

うまくまとめて趣意にかなうメッセージにできるか
ロクロならぬPCに向かっての挑戦が始まる

追制作の終了が初稿への始り
様々に衰えゆく我が身と語りながら
少しは背伸びして挑み続けることになる
さて・・ご期待に添えるといいが・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2017-08-21 01:36 | ○未分類 | Comments(8)