ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2018年 11月 12日 ( 1 )

d0085887_08465677.jpg


アマゾンでこの本を見つけ・・取り寄せました
実は・・魂胆あってのことです

もう30年になると思いますが・・当時
ヨーロッパの城とか寺院を点描するのが趣味でした


d0085887_08443511.jpg

例えば・・こんな風にです
これはファティマの教会(ポルトガル)
初期の頃の作品で・・未だ曖昧な描き方ですが
ここら辺からはまって・・夢中になったものです

材料・道具となると
大き目な画紙と0.1㎜の油性サインペンだけ
あとは丹念にコツコツと叩いて描いてゆきます
点描による陰陽だけで表現するので
色彩は使いません

d0085887_09044376.jpg


これは1989年に描いた・・ローマのコロシアム
1㌢四方あたりの打ち込み数が・・数百回ともなり
かなり緻密に陰陽が表現できるようになったころです


d0085887_08454418.jpg

1992年に描いたミラノのドゥオーモ
ゴシック建築の最高峰とも言われる教会ですが
これを描いたのが最後でした

描き終えれば色止めのスプレーを吹きますが
描いてる最中に汗でも落ちれば滲んで・・アウト!
ですから・・上から下に向かって描きます
描いたところに触れずに続けるためです
写真を見ながらの作業・・全体の陰の濃さを考え
明暗のバランスを壊さないように・・気をつけたものでした

これは病院事務長時代の趣味でしたから
朝から晩まで描いてるわけにゆかず
45㌢×35㌢ほどの大き目な画紙に
完成までに1年近くかかったのを覚えています


d0085887_08471493.jpg

上記の本に出ている・・フランスのシャンボール城
当時既に描いたことがあるのですが
今では手許にありません・・描けばきれいな城なので
もう一度描いてみようかな!・・そう思い始めています

工房を改造して・・独りだけのアトリエに直しましたので
少しスペースが楽になりそうです
陶芸だけで毎日フルタイムで仕事したら
身体が持ちそうにないし・・それだけの需要もない筈

でも工房で一日のんびり過ごすには
趣味の復活も悪くないなと・・それが魂胆です
点描画・・俳句・・キャンバス・アート
時間をつなぐブリッジになってくれればと
密かに準備中というわけです

「所ジョージ式桃青窯秋山ベース」・・づくりとでも





応援しくださる方・・クリックしてね


[PR]
by touseigama696 | 2018-11-12 09:54 | ●エッセイ | Comments(6)