ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

2010年 11月 04日 ( 1 )

d0085887_004934.jpg

旅が・・楽しいものだなんて
そんな風潮は・・決して古いものじゃない

旅は・・本来苦しくて辛いものだった
travelの語源は・・そう教えている
travel(旅行)は・・transportation(輸送)ではないのだ
輸送なら・・短時間で快適がいい
運ばれているものは・・その方が傷まない

旅が・・旅らしいのは
道の上に散りばみた困難を受け入れて
その中で・・強くなってゆくことじゃなかろうか
草枕・・旅の褥は往々にして野宿だったのだ

見知らぬ道を・・独りきり
その孤独と・・妨げるものもないままに
熟考のいっときが叶うのも・・旅だと思う
旅が・・輸送ではない所以もそれだ


その意味でなら・・人生も同じ
誕生から死までの輸送ではなく
その間に横たわる長い道のりを・・
どう生きるか・・
決して楽とはいえないtravelなのだ
d0085887_005847.jpg

久方ぶりの加賀の国で
思いがけない邂逅に恵まれた話は・・昨日書いた
勿論これこそ旅の成果・・一期一会を
しっかと胸に刻んだのは言うまでもない

だが・・糸魚川にほど近いあたりで
雨に荒れる北の海を見つめて走るひととき
バッグに放りこんできた一冊「検証 日露戦争」の
あの戦場は・・この先らしいと考えたりもする

走りながら・・目に映るものを
普段なら見逃す・・その一瞬に思いを馳せるのも
眠気を怖れながら・・乏しい脳細胞を活性化しようとする
そんな旅の苦しさなのかもしれない
d0085887_01667.jpg

ときどき・・自分を解放したくて走る旅

僅かな身の回りのものを選んで積み
座席を倒してベッドを設え
ひとが寝静まるころ・・走り始める

春は・・仙台だった
秋は・・金沢にした
土曜日の夜中から・・月曜の夜中まで
ほぼ1.000kmを走り切った

僅かでも眠くなったら・・直ちに止まる
それが・・絶対のルール
起こしてくれるものはいないから
起きてるうちに守らねばならない必須のルール
d0085887_011512.jpg

旅の苦しさは往路ではない・・復路にある
急げば輸送で終わる

だから・・・・「一期一会済んで・・うち語ろうものとては
釜一口のみにして・・誠に自得せざればいたりがたき境界・・」
井伊直弼の言う・・独座観念は
まさに・・旅の復路でしか味わえないことを知るべきなのだ

コンビニの熱いドリップ・コーヒーを買い
広々とした駐車場の・・その広さに感謝して
ひとしきり・・休み眠る

昼過ぎに後にした金沢から
延々と一般道路を走ったのは
まさに旅の苦しさを楽しむためで
これからの仕事を・・
いやというほどに考える時間だった

夜の10時を過ぎて
軽井沢のあたりで・・やっと関越に乗った
快適なtransportationで
深夜の1時過ぎには帰宅したのだった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!




[PR]
by touseigama696 | 2010-11-04 01:10 | ●メッセージ | Comments(4)