人気ブログランキング |

未分類(8) 若いおんなの・・・

d0085887_23201092.jpg

この絵は・・カミーユ・コローが描いた「森の中の若い女」1865
1865年というのは・・日本で言えば幕末である・・3年ほどで明治になる

しばらく佇んで・・この絵をじっと見つめた
100年以上の時の流れを感じさせない・・
穏やかで美しい表情である
たった今・・この絵を抜け出て目の前に現われても
きっと・・違和感がないに違いない
d0085887_23211445.jpg

素晴らしい快晴に恵まれ・・春来りなじ・・の火曜日
日本橋から銀座のあたりを・・ギャラリーめぐりをして歩いた

数十年ぶりに違いない・・と思うのだが
ブリジストン美術館に立ち寄った・・懐かしい
若いころ・・テレビの仕事で忙殺され
抱えきれないストレスを振り払いたいとき
しばしばここを訪ねて・・
絵の前で静かな時間に癒されたものだった
d0085887_23221943.jpg

マネの描いた「オペラ座の仮装舞踏会」
この雑踏の向こうに見えるチョコレート・ブラウンのドアー
見覚えがある・・幕間にトイレを探してウロウロしたのは
このロビーの周りだったような気がする
1873年の絵だが・・きっと昔のままなんだろう

画室ホールの真ん中に椅子が置いてある
そんな感慨にひたりながら・・しばらく椅子に座った
d0085887_23223977.jpg

この椅子にも・・思い出がある
昔・・ここに一枚の忘れられない絵があった
ポール・ゴーギャンの「若いおんなの顔」という絵だった
冒頭のコローの「森の中の若い女」を見て・・この絵を思い出した

タヒチに行く前の絵で・・
写実的なタッチの知的な女性の顔だった
疲れたときに・・その絵の前に立つと
なぜか・・ほっとして気持ちが穏やかになった
椅子に座ってなら・・なおのこと長居ができた

今・・この絵は展示されていない
多分10年以上になるだろうが・・
新聞沙汰になった事件がある
このゴーギャンの「若いおんなの顔」が
贋作だと・・騒がれたのだ

美術館は・・常設からはずして蔵にしまった
それ以来・・この絵には日が当たらない

「贋作と証明されたわけじゃないんですよ・・
でも・・確かにそういう仮説が発表されて
大騒ぎになりました
念の為常設展示からはずしたのは事実です・・」

事実誤認があっては失礼と・・
ここの学芸員の方に質問してみたら
そういう答えだった

あの「若いおんなの顔」を最後に見たのがいつだったか・・
覚えていない・・また会える日はあるんだろうか・・?

若い女の顔 ゴーギャン


d0085887_2323822.jpg

頭がクラクラするほど・・印象派を堪能して
テラス・カフェでお茶にした
日陰に・・ひんやりとした空気が流れ
熱い珈琲が美味しかった・・
Commented by Serena_fiona at 2009-03-20 23:03
優しい微笑みに釘付けになりました。
思慮深さを感じます。
Commented by Cacao at 2009-03-21 19:48 x
ずっと、行こう行こうと思いつつ行けてない美術館です。
大好きなカミーユ・ピサロがあるので。
近くに名嘉睦念もあって、ちょっと良い時間が過ごせそうなのですが…
 
Commented by touseigama696 at 2009-03-21 23:54
Serena_fionaさん
幕末のころの日本女性の写真が残ってますが
どうしても時代を感じてしまう面立ちです
でも・・コローの絵は・・昨日描いたみたいでした・・笑
Commented by touseigama696 at 2009-03-22 00:10
Cacao さん
ピサロの「ブージンヴァルのセーヌ河」と「菜園」がでてます
印象派を・・こんなに充実してコレクションしてたんだって・・
感動ものです・・記憶がはっきりしないほど・・ご無沙汰の美術館でしたから・・

Commented by kyoko5346 at 2009-03-24 11:37
常設展、って良いものがゆっくり見られるのになかなか行けないです。反省(--〆) 
雑誌の特集記事、しっかり最終回も拝見しました。やっぱり目が回りそうです。。。
Commented by touseigama696 at 2009-03-24 23:50
kyoko5346さん
いつもありがとうございます
東京の近くに住んでいることの恵みは
活かさねば損ですね
目で学ぶものもたくさんありますから・・

雑誌のこと・・ありがとうございました
結果がついてきてくれて・・ほっとしました
Commented by ikkannet at 2009-03-31 10:22
思い出の名画に浸る・・・いいひと時ですね。

それにしてもホント、東京はいつでも世界の名品が観る事の出来る
凄い都市です。
東京にいる時には感じませんでしたが、伊豆に行ってすごく感じた事。
そして、一年間名古屋にいても感じた事実です。
それこそモノ作りにとっては、とてもいい刺激をいただけて
とてもありがたいですね。

東日本伝統工芸展、入選おめでとうございました。
お祝いのコメントしていたつもりが していなかったようで、
大変遅くなり失礼しました。
今年係だったこともあり、
先日、図録の初稿をチェックしてきました。
ちゃんと「崎」の文字は抜けずにありましたが、
今年からデジタルにした影響なのかモアレが酷く、
しっかり直すように頼んできました。
後のチェックは別の方にお願いしているのですが、
ちゃんと直っている事、祈っている次第です・・・。
Commented by touseigama696 at 2009-03-31 14:53
ikkannetさん
ありがとうございます
今日も・・三越に出向き
上瀧先生の個展を勉強してきました
近くで拝見してるつもりでも
これだけまとめて鑑賞する機会は少なく
いい勉強になりました

これから工房に降りて
来月と8月に予定されている
グループ展への作品を作らねば・・です

図録のこと・・ありがとうございます
デジカメに代わると聞いて
モアレがでて・・厄介そうだと感じました
ともかく写真写りのわるいやつで閉口します・・苦笑
色々お世話かけて・・ありがとうございました
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2009-03-20 00:15 | ○未分類 | Comments(8)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696