人気ブログランキング |

陶芸雑感(6) 遥かなる交流

『私は・・イタリアで陶芸を始めたんですけど・・
色々勉強したくてネットであなたのブログに行き当たりました
一度工房を訪ねていいですか・・?』
そんなメールから暫くして・・驚いたことに
大きな旅行カバンを曳いて・・成田から直行でやってきた
1年ほど前のことだった・・Yukie W.さんとの交流はこうして始まった
d0085887_2075683.jpg

外国に暮らして・・それでも日本流の陶芸をしようとしたら
それなりに・・苦労と工夫が伴う
彼女の旺盛な好奇心と探究心に感心した出会いだった

イタリア時代の最後に作った鶴首の壺
今はオーストラリアに住まい・・
所属するクラブのコンペティションで受賞したと
メールに添付されてきた
d0085887_208437.jpg

『イタリアで私に陶芸を薦めてくれたイザベラと一緒に
成田で待ち合わせして・・また工房に行きます』
先々週・・こうしてイザベラを伴って現れた

翌日・・私の車で・・笠間益子にドライブすることにした
二人とも陶芸への情熱にはほとばしるものがある
日本語と英語が入り混じって・・
結構鋭い質問が飛び交う
日本語でさえ説明の難しいことばかりだ
d0085887_20201990.jpg

そこで・・いいこと思いついた
笠間に住むカナダの陶芸家 旧知のランディー・ウーズィさんを訪ねることにした
彼は日本語もペラペラだが・・言うまでもなく英語は母国語
イザベラさんを相手に・・かなりいろいろ説明してくれたようだ
この真剣な眼差しをみれば・・おわかりだろう
d0085887_20204762.jpg

この斜面に・ランディーさんの
工房も窯も住まいも・・全部並んでいる
特筆すべきは・・すべて彼の手作りなのだ
カナディアン・セラミック・アーティストのはずだが
私は・・カナディアン・カーペンターとからかったことがある
時間はかかったが・・見事に完成した
d0085887_2021098.jpg

左のシェル皿が・・ランディーの作品
右は・・ランディー夫人の松田さんのもの
どちらも・・私のコレクションのひとつ
ときどき・・
これにパスタなどを盛りつけてかまだ食堂で使う
d0085887_20191689.jpg

ちょうどこの時期
笠間の丘の陶芸美術館で
『国民文化祭いばらぎ2008』が開催中で
私の波状紋皿も展示されていて
一緒に見ることができた
いつもとちょっと違うバージョン
心配したが・・どうやら入選できた
d0085887_2022480.jpg

そのイベントの一貫で・・
陶芸の丘の登り窯にも火が入っていた
一週間がかりで窯だしまでするようだ
1200束の薪が・・煙となって空を焦がす
窯業地でないとできないイベントかもしれない
d0085887_20222850.jpg

折角だから・・昔の工房を・・と
濱田庄司さんの旧宅を訪ねて益子にも足を延ばした
ベルギー人のイザベラには・・当然だが
エキゾチックな風景だったようだ
d0085887_20282143.jpg

この板をはずせば・・
昔は蹴ロクロがおさまっていたはず
決して上質の土がとれたわけではないが
この地に骨を埋めて・・ここの土にこだわった
名工濱田庄司さんを偲ぶよすがである
d0085887_202852.jpg

今年の春・・私の初j個展の初日に
『間に合ってよかった・・!これからオーストラリアに帰るところだもの・・』
ご主人と一緒に来廊し
私の波状紋皿をお買上げいただいた
オーストラリアのお宅に飾られている写真もいただいのだが
さて・・どこのファイルに入れてしまったことやら・・苦笑

私との再会の後・・
京都 美濃 瀬戸 備前のあたりを歩いて
もうソロソロ帰国の時期かもしれない
ボンボヤージュ!!・・素敵な旅を・・!
Commented by Potter-Y at 2008-11-18 22:49
かなり国際色豊かな交流ですね!
受賞された鶴首の壺、実物を見てみたいです。
新バージョンの波状紋皿、ぜひアップでお願いします!
Commented by touseigama696 at 2008-11-18 23:08
Potterさん
ありがとうございます
こういう交流こそ・・ネットの独壇場ですね
色々と楽しい出会いがあるものです

この鶴首はYukieさんの作品
きっと・・オーストラリアの自宅にあるんでしょう
行ってみますかぁ・・?・・爆
私の波状紋別バージョン
貼った糸を中抜きしたもので
束になった紋様が結構色っぽい線になるようでした・・笑
Commented by kanmyougama at 2008-11-20 11:46
touseigamaさん。
オーストラリアに帰るまでのユキエ・wさん、touseigamaさんを訪ねることまできいていました。
イタリアのいらっしゃるころブログを訪ねてくださって自作のことやら練りこみのこと、<パリ薩摩焼展>のことなど興味を持っておられて,セーブル展のことなどについてブログでやり取りしました。
もうオーストラリアに帰り着いているのだろうと思っていました。
入賞の壷いい作品ですね。
ユキエ・ワレットさんのアドレスまだどこかに残っていますが・・・・・交信は途絶えています。
今はさらに燃えて製作中でしょうね。
Commented by touseigama696 at 2008-11-21 02:11
kanmyougamaさん
ありがとうございます
そうだったんですか・・
ともかく探究心の旺盛な方ですね
その行動力にもびっくり
そろそ帰国されるころかと思いますが
このブログをご覧になっているかもしれませんから
きっとまたメールでも届くでしょう・・
広くて狭い・・ひとのつながり
狭くて広い・・やきもの・・の世界でしょうか・・笑
Commented by kawazukiyoshi at 2008-11-23 17:19
人が尋ねてくる
そして語らいが流れる
同じ気持ちの人々が真剣なまなざし
いいですねーー
私の望むものです
今日もスマイル
Commented by Lerici at 2008-11-23 21:27 x
その後、多治見、信楽、備前、倉敷を周り、京都では河井寛治郎の記念館なども訪れ、17日間にわたり、すばらしい日本の陶芸と文化に触れ、先日イザベルは離日しました。桃青窯さんはじめ、行く旅先々で、素敵な人々との出会いは、私にとっても貴重な勉強の場になりました.皆さんから教えていだだいたいろいろな経験談を大事に胸に秘め、これからの作陶に役立てて行きたいと思っております。これからも、ネットでのお付き合い宜しくお願い致します。
Commented by touseigama696 at 2008-11-24 01:52
kawazukiyoshiさん
おいでくださって・・ありがとうございます
同好の士・・これも大事な人間のつながりです
ブログが・・それを拡げてくれたりして・・
これからもどうぞよろしく
Commented by touseigama696 at 2008-11-24 01:54
Lerici さん
楽しい旅ができたようで・・よかったですね
イザベラさんにも・・良い思い出ができたことを祈ります
勿論・・これからもどうぞよろしく・・ですよ
またコメントなり・・メールなり・・楽しみにします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2008-11-18 21:35 | ○陶芸雑感 | Comments(8)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696