人気ブログランキング |

陶芸雑感(2) 窯焚き

d0085887_21512069.jpg

工房生徒さんの県展出品は終わった
結果は神のみぞ・・いずれ知らせが来るまで
きっと・・ドキドキ・・ワクワクに違いない

今日の日曜日・・午後から窯詰めした
出品とは別の生徒さんたちの作品である
概ね ガス窯による還元焼成がふた窯
電気窯での酸化焼成がひと窯かふた窯になる
二週間かけて全部焼くことになる

ガス窯は0.4立米 電気はそれよりやや小ぶりだが
どちらも60センチ程度の皿までは焼けるように・・が
築窯の条件だった
d0085887_2275480.jpg

私の場合
ガス窯での還元焼成の所要時間は22時間程度
最初のころは
終わるとすっかり夜も明けてたから
午前中は使いものにならなかったものだ

いつのころかふと思い立って
今のタイム・スケジュールで焼くようになった
つまり午前3時半に起きて・・4時に火をいれる
これで22時間かけると
終わるのは翌朝の午前2時ということになる

これだと
早起きして・・夜更かししたというパターンだ
2時半ころに寝るなら・・
普段とそう変わらないから
普通とおりに7時半とかに起きることができる
普通の一日と同じってわけだ
ほぼ徹夜ではあるが
徹夜気分はなくなった
d0085887_21581052.jpg

電気窯の場合は
酸化焼成で15時間程度

ガス窯に火をいれてから窯詰めしても
終わるのは同じころにできる
だから大抵は
同じ日に・・両方火を入れることが多い

明日も同じようにするつもりである
普段より少し早めに寝るようにしたのも
最近のこと・・
やや自分に対する労わりのつもりである

そういうわけで
今夜のディープ・インパクトのレースは
明日のニュースに譲ることにした・・
しかし・・気になるなぁ・・
Commented by hicha_atelier at 2006-10-02 09:34
touseigama様初めまして、
私のブログにおいでいただいて、リンクもしていただいてありがとうございます。
あんまり早い時間の書き込みだったのでびっくりしましたが、今日は深夜からの窯焚き日だったのですね。電気窯と二つ、ガンガン焚いていらっしゃることでしょう。

全陶展等で、何度も作品を拝見していて、いつも素晴らしい作品に魅了されていました。陶歴を伺うと、50歳から、、、それもびっくりです。

私は、ほんの少しロクロを体験しただけで陶芸教室を辞めてしまい、自己流で続けてきましたので、10年も経つのに一向に腕が上がらず、大きな作品は作れないままです。初めからtouseigama様のようなしっかりしたところで習っていたら、と、後悔もしますし、私にはこれでいい、、と思ったり、、、
何時か、機会がありましたら工房にお邪魔させてください。

今日はお訪ねくださって本当にありがとうございました。
私の方もリンクいただきます。。
Commented by nonacafe at 2006-10-02 13:48
22時間のダブル窯焚き週間ですか?お疲れさまです。
24時間の中の時間配分、なるほどと納得したり…。(笑)
公募展出品される方の作品、以前の記事(HP)で拝見した記憶が。
どなたも達者のようでしたね。
師匠としては入選された場合、歓びもひとしおでしょうね。
傍観者ではありますが吉報を共に待たせていただきます。
Commented by jajatojaja at 2006-10-02 15:58
はじめまして。いろいろ転がってたどり着きました。
すごく好きな感じの器ばかりで、どれも欲しくなってしまいます。
自分で作陶はしないんですが、器を見るのは大好きです。
経歴を見て二度ビックリです。
こんなすごいブログに書き込みしていいんだろうかとビクビクしながら書いてます。
Commented by taka-fujii at 2006-10-02 19:33
窯焚き、一人で焚く場合は時間の配分も難しいですね。ガス窯は特に、、寝る訳にはいきませんもの。
僕は電気還元なのでガスバーナーを突っ込む時間までは保持運転にして休んでいます。窯詰め直前まで徹夜で作業してる事が殆どですから(笑)。
ゆとりを持っての窯詰め・窯焚き、その予定でやってるつもりですが気がつけば・・(笑)
ディープ・インパクト、惜しかったですね〜。
Commented by ceramistbamboo at 2006-10-02 21:18
窯焚きの時間も色々ですね。
ウチは夕方に火を入れ、その日のうちにバーナー全部に点火、日を越してからガス圧を少し上げて仮眠します。朝方から還元をかけ、午後2・3時頃から冷却還元、その日の夕方から夜に火を止めます。
この焼き方が一番多いです。
Commented by touseigama696 at 2006-10-03 03:42
hicha_atelierさん
こんばんわ・・といってももうすぐ夜明けかな・・笑
窯の火を落としたのが2時半で・・
片付けて上がってきたらちと遅くなりました

どうやら無事に終わりましたが
あがりがどうか・・窯だしまで??です

私の陶歴も
教えてもらったのは3年ほどでしかありません
あとは独学みたいなもので
一番の手本は・・NHKの「やきもの探訪」のビデオかも

ずっと録画しておいたたくさんの作家を
繰り返し眺めながら
作陶する様子をヒントに見つけていった・・とでも

そこらへんは・・
また「50歳からの・・」のカテゴリーで
書こうと思ってます・・笑

どうぞ楽しいおつきあいを・・
Commented by touseigama696 at 2006-10-03 03:49
nonacafeさん
こんばんわ・・コメントありがとうございます
生徒さんが入選するのは
勿論うれしいことですが

通る・通らない・・
それはもう運命みたいなもので
勝つ喜びと同時に
負けを受け入れる覚悟ってのも
わかってほしいと思ってます

負けたことのないひとには
本当の勝ちの喜びもわからないもんね
勝っても負けても
身になるものはたくさんあります
それが励みですね

Commented by touseigama696 at 2006-10-03 03:52
jajatojajaさん
ようこそおいでくださいました
そんなだいそれた作家ではありません
↑の taka-fujiiさんのように
王道を歩く立派な作家もおいでくださってますが
同行の士・・ということでなら
みないっしょですね
楽しいおつきあいこそ・・宝です
どうぞよろしく・・
Commented by touseigama696 at 2006-10-03 03:58
taka-fujiiさん
こんばんわ・・コメントありがとうございます
どうやら無事に火を落としました
概ね予定通りの焼成でしたが・・
果たして上がりがどうか・・??

温度があがれば
やはりリスクも増えるから
安眠ってわけにはゆかず
そこらへんは因果な商売ですね・・苦笑

やってみたい焼成も幾つかありますが
ともかく独りなので
寝ずにできる限界次第ってことになっちゃいますね

これからもいろいろ教えてください・・よろしくです

Commented by touseigama696 at 2006-10-03 04:04
ceramistbambooさん
コメントありがとうございます
なるほど・・これでも焼成時間は
概ね丸一昼夜ってことでしょうか

変な時刻に終わらないってことで
翌日への影響は少なくてすみそうですね

してみると
どうあがいても数日かかりの薪窯の苦労は
やっぱり大変な作業ですね・・笑
Commented by kumikumi50 at 2006-10-03 06:03
デープ3着~~~。うーん。まぁ、そう上手くいかないですよね。人生!
デープも又これからの事を考えるいいきっかけになったでしょう!
と言いつつ、ガッカリ>_<。
22時間何を考えておいでかしら?
作品のこと?生徒さんのこと?今までの歩み?風?音?光?
いい時間ですね。
ワタシ電気窯失敗!幅が狭かった!大枚はたいたのに・・・。
Commented by touseigama696 at 2006-10-03 09:24
kumikumi50さん
おはようございます
昨晩は・・窯の火落としてから
モタモタしてて寝たら4時過ぎてました
だからいつもより少し寝坊して8時まで・・笑

天気が回復して気持ちいい朝です
22時間の焼成・・何考えてるかって・・?
「遠い昔に別れたおんなたちが・・
今頃どうしてるだろ・・?」って
そんな具合にはゆかんもんですね・・笑

ロクロを挽いたり 削ったり
ほんとは昨日・・ロクロ周りを掃除しようと
思ってたんだけど・・ダメでした

今日はきれいにして
大皿もう一枚挽くつもりです
来月の頭に・・締め切りがくるもんで

<・・ワタシ電気窯失敗!幅が狭かった!大枚はたいたのに・・>って
どしたの? 作品が気に入らなかったのかな?
幅が狭い・・ってどういうことなんだろ・・?
Commented by kumikumi50 at 2006-10-03 10:29 x
大きな作品が入らないです。
素焼き用に買ったのですが、もう少し資金をいれてちゃんとした物買えばよかったです。新品なんですが・・・
Commented by touseigama696 at 2006-10-03 11:00
kumikumi50さん
そういうことでしたかぁ・・
そりゃ無念ですね
僅かのことで・・
自分のほしいサイズが入らないってのは・・

だからって
簡単に買い換えるわけにもゆかないしね

新品なら・・
どなたほしい方が引き取ってくれて
それに足しまいで新しくできればいいけど
これもタイミングだしね・・

われわれにとって・・窯・・って
一番気になる道具だからなぁ・・

Commented by どうしょう花 at 2006-10-03 21:56 x
今週 私も素焼きの予定です。
来週か再来週には本焚きをしたいと思っております。
本焚きは15-16時間くらいでやっております。
私は 朝 3時点火で夕方には消化しております。
Commented by touseigama696 at 2006-10-03 23:16
どうしょう花 さん
みなさんそれぞれの流儀で
焼いているのですね
結果からだけでは窺い知れないプロセス
陶工の器への思いは
こうした工夫にあるのだけど
そのうち・・制作表示なんて時代がくるんだろか

「この器は・・信楽の土に笠間の土をブレンドし
ガス窯還元炎で22時間焼成したものです」なんてね・・笑

消費者センターに
「表示の焼成にしては・・焼きが甘いから・・」なんて
クレームがきたりして・・苦笑

そんな時代になる前に
やっぱり消えちゃおう・・です
Commented by ハプー at 2006-10-04 22:21 x
うーん 長いですねー 0.4で22時間 ・・・
この時間数で焼くことを選ばれたワケってありますか?
1立米のガス窯 での焼き方として
1時間に100度が基本 と習ったのが京都の窯元
おんなし1立米ガス窯を 19時間かけて 焼いてたのが
美濃の加藤卓男先生の 幸兵衛窯・・・
益子のJ先生は 0.7を12時間くらい で 
2間の登り窯 炙り重油バーナーでやって ぜんぶで 24時間・・・
みんなそれぞれ いろんな流儀で焼いてるなー
ま それぞれ一家言・・・こだわり ってことでしょうねー
ぼくトコは 0.5灯油窯 を8時間 1000度まで3時間
1320まで3時間 あと2時間ひっぱって オルトン11番をたおす
7時間後には 窯の口を切る・・・これで 0.19ジュールの衝撃まで割れない磁器より丈夫な陶器が焼けます♪
桃青さんトコは ゼーゲル何番倒してらっしゃいますか? 

Commented by touseigama696 at 2006-10-04 23:39
ハプーさん
こんばんわ・・ようこそです
いつも拝見してまして・・
そのスピートも量も・・圧倒されてます
2週間で800個の水挽き・・凄いですね
それだけの注文があるからで
そりゃもう別世界ですよ

0.4で22時間・・長いですかぁ
ただハプーさんのとこと少し違うのは
昨日のように陶芸教室の生徒作品で窯詰めして
ハプーさん並みの時間で焼いたら・・
どうなるのか・・試したことがありませんが
かなりなリスクがかかりそうな気がします

ここの場合・・50cm超の皿を挽くものもいますから
3時間で1000度は・・無事では済まないかもしれません
ビギナーの作品をできるだけ無事に焼き上げようとすれば
あぶりはどうしても長めに・・ってことになりませんかね?
試してないので正確ではありませんが
一度だけ窯で暴発があって・・中断
爾来余計に気にして焼いてます

Commented by touseigama696 at 2006-10-04 23:41
ハプーさん(続き)
900上までのあぶりに13時間ほど
還元かけて7~8時間・・酸化に戻して1時間ほど
1240度でとめています
釉掛けに自分でやってもらいますので
釉垂れも起こりますのでね
あぶりに時間をかけているので
結構焼きしまっているように思います

ハプーさんのような熟練の陶工が
安定した仕事をしてというわけじゃないから
陶芸教室併設の工房では
安全対策もしとかなきゃ・・なのです

でも・・とても参考になりますので
自分の作品の焼成で
いろいろ試してみます・・ありがとうございました
Commented by ハプー at 2006-10-05 06:30 x
ご返信感謝です 
はい 安全重視 とてもよくわかります
ほんと ぼくは 「知りたがり屋」なんで・・・ついいろいろ 聞いてしまう
ひとそれぞれ で全然かまわない ってこと分かってはいるんですが

手渡されたバトン=やきものの技術 の曲がりやねじれや古び 
を正して磨きをかけ ぼくなりに 次の走者に手渡したいから です・・・

意志と方向性のある冒険 失敗も含めてそんなやり方で 磨く 
そんな風にやってきたもんですから 誠実に良い仕事を追ってらっしゃる方には つい つっこんで聞きたがってしまう お許し下さいませ・・・

これからも どうぞ ご教示賜れますように♪ 

 
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2006-10-01 22:28 | ○陶芸雑感 | Comments(20)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696