人気ブログランキング |

窯だ行進曲(5) 晩学の奨め

d0085887_4212149.jpg
『陶芸だけで美はわからぬ
あらゆるものの美を知って
それを通して陶器の美もわかる』


かの北大路魯山人はこう言った
多才な魯山人ならではの説得力がある

ピアノやテニスなら
5歳で始めるのはちっとも不思議ではない・・しかし
5歳の子どもに・・侘び寂び・・につながる幽遠な美学を・・といっても無理がある

唐津の陶芸家 浜本洋好さんは
息子を連れ立ってお邪魔した折り
「君もやるの?」のお尋ねに
「いいえ・・」と答えた息子に 



(鉄絵皿 生徒作品)

「陶芸はね・・年いってから始めて
それでちょうどいいんだよ
いろいろな経験がみんな生きるからね・・」
とおっしゃった
d0085887_4561135.jpg

(20年も昔に私が削ったパイプ) 

晩学も晩学・・52歳で始めた私の陶芸
それまでの経験で役立ったものの筆頭は
↑の木工パイプの削りだしだった

木塊ををヤスリ一本で形を削るが
丸み・・を肌で感じる
それを覚えたのがパイプだった
d0085887_4214264.jpg

(飴釉 角皿 生徒作品)

・・・だから私は
陶芸は「ファイナル・ホビー」だと思ってるし
そう言ってもいる

今まで生きてきた全ての経験を
そのまま活かすことができるから
だから・・最後の趣味・・でいいのだ

d0085887_4215781.jpg

















(粉引き茶碗 生徒作品)

齢をとれば・・下手になる一方のゴルフに比べ
晩学でも上達できるし
50歳からのプロだって・・夢じゃない

少し作れるようになれば
自分で使うのは言うまでもなく
ひとに差し上げるのもいい・・

やってみる価値・・?
たっぷりあると思うのだ
Commented by kanmyougama at 2006-09-25 14:40
自分に挑戦ですし人生長いです。
楽しんでいいと思います。
紆余曲折があって・無駄だらけで・やってみて・楽しめばいいと思います。
Commented by touseigama696 at 2006-09-25 14:49
kanmyougamaさん
kanさんのようなキャリアの方が
楽しんでいいんだよ・・って言ってあげれば
どれほどに勇気づけられるひとが沢山いますね

技を教えることも指導だけど・・
こうして勇気づけることのほうが
もっと大きな影響をもつものですからね

窯だ行進曲は・・
陶芸にはまってもらうための応援歌ですから
うってつけのコメント・・サンキュです・・笑
Commented by kumikumi50 at 2006-09-26 00:32
いつも、お邪魔していいのかしらと思いながらやっぱりコメントしたい私をお許しくださって・・・。
touさんの作品の素晴らしさももちろんですが・・・。
生徒さんのあめ釉の作品も素晴らしいです。
クラッシックですが、気品もある。これ、やはりtouさんの心の反映だと思われます。
touさんより早いですが私も、決してここに向かって生きてきた訳ではありませんが・・・。結果としてワタシの人生を支えてくれてる。
生きたいと思うワタシになれた。今のワタシは素晴らしい!
一人でもそういう人を育てる役目がtouさんが担っておられたら、それが神がお与えになったtouさんの任だと感じます、偉そうでごめんなさい。
Commented by touseigama696 at 2006-09-26 09:34
kumikumi50さん
おはようございます
<・・お邪魔していいのかしらと思いながらやっぱり・・>
なんということを・・
いつもコメントを楽しみに拝見してるんですから
ご遠慮なく・・お願いしますよ・・笑
kumiさんのコメ読むと・・元気になるんですから・・ネ

「適材適所」って言葉があるけど
適材が・・適所にいられる可能性って
案外少ないもんです
<生きたいと思うワタシになれた。今のワタシは素晴らしい!>
これはもう・・まさにその少ない適所の幸せですよね
私も似たことを思います
人生の終章に・・ここにたどり着けたことを神に感謝です

うっかりすれば・・
定年退職して・・
妻のぬれ落ち葉になりかねないですからね
それだけは勘弁!!・・って・・爆

いつでも・・どこでも・・
kumiさんのコメント・・楽しみにしてま~~す!!
サンキュでした
Commented by umix-cima at 2006-09-28 09:08
わたしもこちらに関しては いいのかしら… と思っております
陶芸ブログの中に紛れたリンクすら恥ずかしいよーな(笑)
でも、そればっか言ってちゃ私の生徒さんに対しても失礼ですね^^;

てつさんのパイプ、撫で回してみたくなるような曲線ですね。
陶芸に行き着くまでの趣味で役立ったこと…
動物全般に応用できたのは 「テディベア作り」かな?
表情を作るうえで ちょっとした目の間隔や大きさや
角度の違いで表情が生きてくることを知っているだけで
かわいい顔作りに苦労しないで済んだような…
フシギなもので、絵に描くとちっとも可愛くないんですけどね^^;

身体への代償は大きいけれど
わたしにとっても「ファイナル・ホビー」になるのかな?
いや、むしろ「したい」なあ。
Commented by touseigama696 at 2006-09-28 14:37
umix-cimaさん
気持ちのいい午後です
今日の教室は釉掛け・・
なんかしらんが・・好きにやってるようです・・笑

私は・・「同好の士」・って言葉・・好きです
好きに程度はあっても・・好きは好き・・
それでいいのですよ・・笑

これっくらい好きとか・・
あれっくらい好き・・って
計ることないから・・「好き」・・あはは

そういうことで・・
もっと大事なのは
楽しく・・気持ちよく・・
お付き合いできることでしょう!ヨロシクね!


Commented by cat-korokoro at 2006-11-28 14:20 x
師匠、通信講座お願いいたします。

実は、素焼きまでやっとこさ終わった・・・

で、釉薬をひらけてみれば

下絵の具→イエロー・ピンク・ブルー
釉薬→青磁・織部・透明・黄瀬戸

これだけあります。
笑うような質問

下絵の具って・・・自分で絵をかくときに使うんだよね
で、この色って焼いてもこの色なの?

下絵を描いた後に釉薬をかけるの?
もちろん釉薬だけでもいいよね?

他の人に見られたら、穴どころじゃなさそうσ(^_^;)アセアセ...
Commented by Cacao at 2006-12-03 23:21 x
私の(それこそ)移り気なブログに、こちらのURLを書き込んで下さったので、ぱぁ~と(『美し~』と思いながら)ここまでお写真を拝見して来ました。比較的備前焼のような素朴なものに目を向けることが多い私としては、色々と、とても新鮮な感じがしています。

そう言えば、魯山人さんの展示会を見た時思ったこと。「人生は50、あるいは60からに意味があるのかもしれない」
それは、魯山人さんの場合、50代くらいの作品までは、「若さ」で走っているようなのが、その後、どんどんと研ぎ澄まされ、深みを増していくのが、素人目にも明らかに分かったからでした。

ですから、この記事の内容には、とても頷ける気がします。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2006-09-25 05:18 | ●窯だ行進曲 | Comments(8)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696