人気ブログランキング |

ギャラリー(6) 糸抜き波状紋大皿

d0085887_13104721.jpg

この皿・・ともかく写真写りが悪い・・難しい
全体がまともに撮れたことがない
いつだったか図録のカメラマンさんに
「これってカメラマン泣かせ・・」ってぼやかれた
テレビ画面を撮るように・・モアレになってしまう

『糸抜き波状紋大皿』
目下・・10年がかりでも
何とか自分のものにしたいモチーフである
d0085887_13152574.jpg

2001年 第16回日本陶芸展で
初出品が・・初入選した
飛び上がるほど嬉しかったが
このときの作品は『黒天目組み鉢』
図録の右下の作品である

日本陶芸展には固有のカテゴリーがあって
一部が伝統部門 二部が前衛部門 三部が実用陶器部門
となっていて 私の組み蜂は三部入選だった

いつか第一部の伝統部門に挑戦したいと思ったが
それには確固としたモチーフがなければならない
アイデンティティーといってもいい
作品を見ただけで・・作者がわかる
伝統部門での入選作を眺めれば
その殆どは・・作品が作者名みたいなものだ
d0085887_13153990.jpg

それから・・私のモチーフ探しが始まった
しかし安土桃山からだって400年
連綿として陶工たちが試行錯誤を繰り返した新しい技法・・
滅多にあるもんじゃない

ふと何か思いついても
図録をたどれば
大抵誰かの仕事の中にあるもんだ

代表的な図録をめくってみて
その隙間に何か自分の仕事はありませんか?
で見つかることは殆どあるまい
途方もないことだと痛感した
そんな思いで1年が過ぎていった

まるで偶然に助けられて
今の波状紋にたどり着いたのは
2002年の夏のこと

細かいことは別にゆずるが
伝統技法の中に「蝋抜き」というのがある
蝋で釉薬のかからない部分を作って模様を描く
染織でも使う技法である

蝋だから・・あまり細かいことには不向きだが
どこか温みのある技法である
この蝋の曖昧さを捨てて
細かい紋様を正確に描いて
いわば江戸小紋の風情をだせないものかと
漠然としたアイデアはあったが
それを実現する素材探しは容易ではない

極細糸状テープの発見がすべてであった
鳥肌が立つ思いで試作が始まった
幾く晩も徹夜を繰り返して
やっと出品した茨城県展で
どうやら入選することができた
d0085887_13154933.jpg

冒頭のフォトは
2003年の『第17回日本陶芸展』で入選した一枚である
このときは三部の天目組み鉢も通って
二部門同時入選を果たし
それは去年の第18回でも同時入選が続き
なんとも贅沢なおまけを頂戴している

日本陶芸展と併催される「ぐい呑み展」に出品したぐい呑みに
ちょっと使ってみた
食器への応用・・結構いけそうである
Commented by mayu11405 at 2006-09-15 22:58
こんばんは~。
作品作り、始められたのですね。
一つの作品を仕上げるにはどの位かかるのでしょうか?
作品にもよるのでしょうが、2ヶ月位??

いつ見せて頂いても、糸抜き波状紋すごいですね~。
細いテープを貼り付けていく作業、気が遠くなりそうです。
お写真を見ている私も息を止めてしまいます~(笑)
細いラインが生み出すなだらかな曲線と濃淡がすごくモダンですよね。
ラインの幅を変えると雰囲気も違って来るのが面白いです。
今年はどんな作品が出来上がるのかとっても楽しみです。

「止める勇気」、見極めること、これは陶芸だけではないですね!
私もしっかり覚えておきます。

近くの美術館に濱田さんの作品、「絵刷毛目花瓶」、「飴釉注瓶」などが
収蔵されているようです。
手の取れないのは残念ですが、実物を見に行って来ますね♪
Commented by touseigama696 at 2006-09-15 23:29
mayuさん
こんばんわ・・まだ窯を炊いてます
あと2時間ほどかな・・苦笑

波状紋の新しいバージョンの
テストも入っています
うまく焼けるといいのですけどね・・

制作期間ってのは
ものによってばらつきますが
当然ながら大きなものほど
乾燥に時間がかかりますから
季節にも影響されますね

大皿の場合
轆轤で挽いてから
本焼きを終えるまで
そう・・おっしゃるとおり2ヶ月ほどはかけます

急ぐとろくなことありません・・笑
できるだけあわてずに作ることが
案外歩留まりをあげることになりますね

濱田さんの作品が館蔵されてるんですか
まぁ・・確かに手にとってみたいとこですが
美術館では無理ですね・・笑

用の美・・というのは
鑑賞の美とはまた違った強さがありますね
いっぱい楽しんでくださいね
Commented by Potter-Y at 2006-09-16 00:37
一瞬、象嵌!?と思いましたがなるほど、テープなんですね。
この柔らかい曲線を出せるくらい柔軟性のあるものなんでしょうか。
一本ずつ貼り付けていく作業、気が遠くなりそうです。
Commented by umix-cima at 2006-09-16 00:44 x
こんばんは^^。窯焚きもそろそろ終盤でしょうか?。
夜間の窯焚きはちょいと飲みながら…という方も多いようですが、
ブログを横目にというのも新鮮ですね(笑)
(あ、ちなみにわたしもなめる程度にしか飲めません^^;)。

天目組み鉢も素敵ですが、
糸抜き波状紋の繊細さと美しさといったら…
日夜の精進によって、この気の遠くなるような
技法が編み出されたのですね。
江戸小紋のような風情…粋な響きが涼やかなラインにぴったりで
想いと技が噛み合った作品は格が高いなぁ…と、
ほれぼれ拝見しております。

志が低いから雑貨モノを作っているわけではないのですが
ここまでの努力をしていないのも事実…と、
またも恥ずかしくなってしまったりして。。
でも、いろいろな面で勉強させていただいてます^^。
波状紋新バージョンのテスト、うまくいきますように…!。
Commented by touseigama696 at 2006-09-16 08:47
Potter-Y さん
おはようございます・・
0.5mm幅ですから・・糸みたいなもんです
自然に曲げられる素材でできてます

確かに最初は気が遠くなってましたが
今は正気でやれてます・・爆
一枚で大体300mくらい貼ってるみたいですが
集中すれば丸一日あれば・・
でも集中が続かないので・・二日かけてます
Commented by touseigama696 at 2006-09-16 08:51
umix-cima さん
おはようございます
いい天気です・・ほっとしてます
というのは
今日は大皿組の釉薬掛けなので
晴れてくれないとスプレーガンを外で使えないのでね
窯場でやると・・あちこち真っ白・あとが大変ですから・・苦笑

波状紋は・・
最初のころ・・成り行きの波しか作れなかったんですが
最近は・・ここら辺に大波をとか
ここらで分岐させようかとか・・
結構楽しんでますが

うっかりやりすぎて作為が目立ち
翌朝・・全部剥がすってなことにもなります
まあ・・一喜一憂ってとこです・・
Commented by ukky_tg at 2006-09-16 10:28
1枚で300m!!絶句します。悶絶します(笑)
Commented by touseigama696 at 2006-09-16 20:12
ukky_さん
こんばんわ・・ありがとうございます
絶句 悶絶というなら・・
ukkyさんのブログを更新するほうが
よほど悶絶 絶句ですよ・・笑

これだけの内容をもったブログを
更新するには・・大変でしょう
一目も二目もおいて・・内容を頂戴します・・・笑い
Commented by kumikumi50 at 2006-09-17 06:34
大きな作品については・・・・。
苦しいですね。正直に言って。
私はマスキングを主にやるのですが・・・・。
これは、もう大家が多くおいでになって、切り口をよほど変えていかないと評価されないですよね。
自分らしい物をと・・・・。
真っ向から考えてみたり、逃げてみたり・・・。しています。
今年は、それに炭化をかけてみたらぐっと、違った物になって新しい一歩かもと秘かに作戦を練っています。
私の知り合いの陶芸やさんが、「作品展や公募展なんてまっぴら!」って言う人達がいて・・・・。
まぁ、人それぞれの考え方もあるでしょうが・・・。
で、その人達の作品を見ると「?」なんですね。
まぁ、一般雑器においてもです。締まりがない。キリリとしたところがない、神経が行き届いてない、美を感じない、・・・・。
全てがそうだとはいいませんが・・・。
やはりあの生みの苦しみからしか学べないものの、何と多い事かと考えます。
充実感もおおいにある。
「逃げてるな!」って思うんですよね。そういう人・・・。
時々息抜きは必要。でも違う。
努力は表れますよね!作品にちゃんと、風格、品格として・・・。
Commented by touseigama696 at 2006-09-17 09:03
kumikumi50さん
おはようございます
台風は大丈夫でしょうか・・?

陶芸家にとって・・展覧会と個展・・・
平たく言えば技術開発と販売でもいいのだけど
どちらにも・・それなりの一理があるんでしょう

私の場合・・レイトビギナーでしたから
まず自分の技術の客観的評価がほしくて
それで公募展に取り組みだしたってことです

でもだからといって
このままずっと公募展ってわけではなく
いずれは・・実用の食器などに力を入れて
個展に転じてゆきたいとも思ってます

kumiさんがおっしゃるように
公募展で磨かれる技や神経を
商品に使えるようにすることが
質をあげるのに生きるでしょうね

公募展が要求する「無駄の排除」って
案外いい勉強です
使って飽きない・・ものつくりに
大事な条件だと思ってます

陶芸に真正面から取り組んで
核心をついたいろいろなご意見
とても勉強になりますよ
これからもどうぞヨロシク!!
Commented by ehoma at 2006-09-17 09:27
今日の記事も、すごく勉強になりました。
ただ今、寝ても覚めても陶芸の事で頭がいっぱいなんですが・・・・、実際には何を作っていけばいいのか?とか、今までの私の作品を見ていて、私って思える作品ってあるのだろうか?っとか、毎日頭を痛めていたのです。(痛)
何だか、私のモチーフ探しのヒントみたいなものを得たような感じがしてきました。
ありがとうございまぁ~す。
Commented by terumin-kobo2 at 2006-09-17 10:16
先日はコメント有難うございます。
↑の記事勉強になります。
糸抜き波状紋・・・綺麗なラインで白い釉薬の優しい印象ともピッタリ!
制作過程を考えると、気が遠くなりますが・・・。
これからも、作品楽しみにしています。
リンクさせていただきました・・・。
Commented by touseigama696 at 2006-09-17 11:28
ehomaさん
おはようございます
寝ても覚めても陶芸のことばかり・・
それってとっても大事な時期ですよね

公募展の良さは
その時期を・・ほんとに真剣に過ごさざるを得ないと
教えてくれることでしょう

個展だけだったら・・
そこまでは没頭できないかも・・ね

審査員jからコテンパンに否定されて
だけど
個人的にも好意的なお客さまに
気に入ってもらえて・・

この硬軟とりまぜたバネの中で
陶芸家は育つんじゃないでしょうか

アイデンティティー探しの旅なら
1年でも2年でも・・費やして惜しいことはありませんね
そう思ってます

Commented by touseigama696 at 2006-09-17 11:33
terumin-kobo2さん
おはようございます
私のほうこそ・・いろいろいい刺激をいただいてます

今朝窯開けてみたら
波状紋のnewバージョン・・どうやら
無事に焼けてました

冷めたら・・出してフォトにしてみようかと・・
でもこれがまた厄介
めったにちゃんと写ってくれません・・トホホ

リンクありがとうございます
これからもよろしくです


Commented by kumikumi50 at 2006-09-17 14:25
[無駄の排除」・・・・!ズシーンときました。ありがとうございます。
無駄な事をたくさんたくさんやって・・・・。そして、そぎ落とした物が作品に・・・。
風がヒューヒューいってます。いつ、電気がとまるかな?
木々が横揺れ立て揺れしています。
Commented at 2006-09-17 16:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touseigama696 at 2006-09-17 17:20
kumikumi50さん
明日のための窯詰めが今終わりました
大皿5枚・・何とかおさまりましたよ・・ホッ!
もうひと窯・・で
同じくらい焼くことになりそうです

もうひとつのブログのどこかで
書いた記憶があるのですが
陶芸は引き算の芸だと思ってます

ひとつの器に・・
やりたいことのどれだけを我慢できるか
我慢して我慢して・・
残すとしたらこれひとっつ!

その一点に賭ける・・
そういう芸にしたいなぁ・・って

どんな世界でも
優れたプロに共通してるのは
やりたいことのかなりを
やらずに我慢する・・
その精神的な強さだと思います

勝負の瞬間を見逃さないのは
それ以外の場面でじっと我慢するから・・
スポーツの世界で
ずいぶんそれを見せてもらった覚えがあるのです

それで飯を食ってりゃプロ・・もプロだし
別の意味で・・プロという言葉が持ってる迫力も
いろいろ勉強してみたいものです
Commented by touseigama696 at 2006-09-17 17:20
鍵さん・・ありがとうございます
よく理解していますよ・・
ですから・・消すのはもっと後のことにしましょう
今は・・まだ・・その言葉さえ生々しい響きですからね
Commented by mamari825 at 2006-09-18 00:00
すごいですね!糸抜き波状紋・・・目が釘付けになっちゃいそうです!
コレまでまる8年・・・でも、最近それがネックになってます。8年でコレか・・・って・・・。私らしさって、何だろう?私は何がしたいんだろう・・・すごく悩んでいたら、母に、「悩んでないで、もっと作品を作ることと、作品を見ること!まずそれをやってごらんなさい。それをしてないあなたが悩むなんて言葉はおかしい!!」って・・・・確かになぁ~!ブログを訪問していても「へぇ~、へぇ~」ばっかリですもの・・・(^^;
もっともっと、勉強しないと・・・・ですね!
Commented at 2006-09-18 00:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touseigama696 at 2006-09-18 06:38
mamari825さん
おはようございます
まだ台風の影響が残ってるようですが
西のほうは大変だったようで・・みなさん如何だったんでしょう?

6時に電気窯を入れました 生徒さんの大皿5枚
県展用なので・・無事に焼けてほしいものです

<私は何がしたいんだろう?>
ものづくりにかかわって
これを考えなかったひとはいないでしょうね

私の経験でいうと
この波状紋に出会う直前の一年以上
歩いていてもそればっかり考えて
赤信号で渡りはじめたり・・苦笑
ドキッとすることもありました

伝統工芸展 日本陶芸展など
めぼしい図録を手元において
この仕事はどうやってするんだろう・?
ってひとつひとつをじっと見つめたり
もちろん 会場に出向いたり
笠間 益子でギャラリーを見たり
結構苦しみました

それでも見つからなくて
半ば諦めかけたころ
まったく根拠なく
銀座のイトーヤをブラブラ歩きしてて
この糸状テープに出会ったのです

10本ほど買い求めて帰宅し
試作にはいりましたが
10本じゃぜんぜん足らず
妻を走らせて買足したのを思い出します

Commented by touseigama696 at 2006-09-18 06:39
続き・・・
当面のライフワークみたいなモチーフができると
なんと気が楽になるものかと・・
しみじみ思いましたね

迷わずこれをすればいい・・
これを繰り返して完成度をあげればいい・・
こう思えてからは信号赤で・・はありません・・笑

次の展開を考えることはしますが
まだしばらくはこの技法を追ってみようと・・
笠間の師匠に
作品名に技法を入れろよ・・って言われて
これも散々考えて「糸抜き」と命名して
「糸抜き波状紋大皿」・・やっとここまできたのでした

いっぱい悩みましょう
深ければ深いほど・・
どこかで・・火の神さまのご託宣が
聞こえてくるにちがいありません

時間がたてば・・誰だってロクロは上達します
しかし・・苦しまなければ
生涯の友になるモチーフは見つからないと
たった一度でしたが・・貴重な経験をしましたよ・

このブログにも
陶道の先達 達人もお越しくださるので
あまり大きなことは言えませんが
52歳で始めた陶芸・・
残された時間をどう使うか
若い方と違って
ここらへんは深刻に真剣にならざるを・・
なのです・・あはは
Commented by touseigama696 at 2006-09-18 06:49
kumikumi50 さん
おはようございます
台風大丈夫だったんだろか・・?

いつも真正面の意見や持論・・
読んでいてスカッとします

↑にも書いたんだけど(メチャ長くてゴメンなさい・・mamariさん!)
ものづくりは・・悩み苦しみ抜きには成就できっこないもんだと
思ってますから・・
お互いがきれいごとですれ違うより
正直に語り合うことのほうが・・大事ですよ

喜びは・・作家個人に固有でいいけど
悩みは・・みんなで共有しよう・・笑
Commented by marikom at 2006-09-24 21:53 x
「糸抜き波状紋」・・・一生のお仕事なのですね。これからどんな風に変化していくのか、とても楽しみです。
以前、HPをしっかり見なかった所為か、これは磁器モノだと頭から思っておりました。でも、そう思ってしまう位、上品な印象を受けました。
さらに、、、作品全体をそう感じるのは私だけでしょうか?・・・

きっと師匠の人生に一貫して流れているものなのでしょう(偉そうにスミマセン)
そして素晴らしいモノ(形になるものだけでなく)を作るというのが、脈絡のなさそうなお仕事に共通のことだったのでは、と思わずにいられません。だからいま陶芸家としてプロなのだと・・・・

なに言ってんだか分かりませんね^_^;(汗)
とにかく師匠の作品のファンです。口造りの赤い天目、大好きです!
これからも楽しみにしています。
   


Commented by touseigama696 at 2006-09-24 22:24
marikom さん
こんばんわ・・
早朝から火を入れていた電気窯の焼成が
さっき終わって・・部屋に戻ったとこです
旧バージョンの波状紋大皿も一枚入ってます

新バージョンがそこそこの成果なので
そちらに振り代わってゆくことになりそうです

さっきもフォトにしてみたんだけど
ともかく写真が難しくて・・泣いてます・・泣

磁器でやってみようかと
去年迷いましたが
まだ土でやってます・・笑

窯焚きながら
工房を片付け・・
最後に60cm皿一枚挽きました
これしとかないと
なんとなく一日無為に行っちゃったみたいな
悔いが残りそうなので・・爆

いつもご親切なコメント
ありがとうございます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2006-09-15 14:08 | ○ギャラリー | Comments(25)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696