人気ブログランキング |

コレクション(2) 小林政美(笠間)

d0085887_9541042.jpg

52歳で始めた私の陶芸・・
手ほどきを受けた3年ほどを除けば
あとは独学に近い

独立してすぐの頃
徒手空拳の心細さを胸に
ふとしたご縁で訪ねたのが
小林政美師の工房だった

以来8年ほどになるだろうか
出品前や新しい仕事をすると
必ず作品をもって
笠間の師の工房に出向く

内弟子もしていないのに
ほんとに惜しみなく教えてくださる
押しかけ弟子・・
許可もなくそう自負している
d0085887_954214.jpg

日本陶芸展 日本現代工芸美術展を中心に
造形部門に風穴シリーズで著名な作家だが
一方で・・こうした繊細な器を作る
d0085887_9542926.jpg

少しづつ手許に集まった師匠の小品
手にするほどに・・丁寧な仕事の大事さを教えられる
d0085887_95438100.jpg

夫人は染織家・・
夫人が余した絹糸をあしらって・・
これもコラボレーションである

私が取り組む「糸抜き波状紋大皿」の
糸抜きの技法は・・
実はこの師の器がヒントだった
d0085887_954513.jpg

秋の展覧会の出品を控え
波状紋に新しい展開を模索してるが
試作が焼けたら
勿論笠間に出向くつもりでいる

続きは・・more




d0085887_9551221.jpg

これが・・風穴シリーズのひとつ
ギリギリの位置に穴を開けながら
しかし倒壊せずに焼き上げる緊張は
ただ鑑賞するだけでは
理解しにくいことかもしれない
d0085887_9552359.jpg

笠間の山間にある師の工房・・
ふくろうは・・好んで使うモチーフのようだ
Commented by kumikumi50 at 2006-09-08 12:30
いい師に出逢う。この事が自分の人生をいかに変えたか!
私も実感しています。
師に出逢わなかったら全く違う人生になっていたと思うのです。
自分も周りの方達に少しでも力を貸す事ができたら・・・。
と・・・。日々思って土と向かいあっています。
Commented by touseigama696 at 2006-09-08 23:33
kumikumi50さん
こんばんわ・・いつもありがとうございます
あなたが師匠に寄せる思いは
遡って拝見してると随所にあって
とてもよくわかります
いい師匠にめぐり会えて・・よかったですね

いい弟子を努められない者が
いい師匠になれるわけはない・・
そんな風に思ってるんですが
独学同然できたこの道・・
考えることが沢山あります

ここでみなさんのブログを訪ねることが
実にいい勉強になってます・・サンキュです
Commented by akemi-karko at 2006-09-09 08:04
うわ・・これはもう アートの域ですね・・。小林 政美氏の作品なのですね。初めてみました。この方が いなかったら いまのkamada さんはなかったのですね・・。笠間に行ったときは このふくろうを探します。
Commented by touseigama696 at 2006-09-09 08:39
akemi-karkoさん
おはようございます

陶芸に限ったことでなく
技術を必要とするものならみな同じかもしれませんが

「教えることに出し惜しみしてはならない」
ひとにものを教えるときに一番大事なことかと・・
一所懸命教えれば教えるほど
教えてる自分は
更にその上をゆく技を磨くものですからね
小林さんは・・そういう師匠です
内弟子もしてない私に・・
だからとても感謝して伺ってます

Commented by kikumomo_jp at 2006-09-09 09:13
作品の形も素晴しいですが、釉薬に特徴のありますね、近くで拝見したいです。
Commented by touseigama696 at 2006-09-09 09:30
kikumomoさん
おはようございます
師匠の技法を私が書いてしまうわけにはゆきませんが
ともかく丁寧な仕事ですよ
素焼きして釉薬かけて本焼き・・ハイ!いっちょあがりぃ~~
ってわけではありませんね・・苦笑

計算され尽くした・・手順
とても勉強になります

私の手許には幾つもあるんだけど・・
笠間 益子ではあちこちで置いてますね
遠かったっけ・・?
Commented by mayu11405 at 2006-09-10 00:39
こんばんは~。
tetsuyaさんの師、小林政美さんの作品を見せて頂くのを楽しみに
していました。
勉強不足でお名前を存じ上げなくて・・・。
グレーがかったブルーがとてもすてきです、それと絹糸とのコラボに
ビックリでした。
風穴シリーズの作品、こんなに空間が多くて乾燥させるのも大変
なんでしょうね~。
個展は私の住んでいる愛知県などではされないのでしょうか?
実物を拝見したくなりました、もちろんtatsuyaさんの作品もですよ。

あれからいろいろネットで調べてみました。
2~3、土日にやっている教室を見つけました。
フリータイム制のところが結構あって私も通えそうです~♪
9月、10月は仕事が忙しくなる時期なので始めるのは11月からに
なりそうですが、それまでに見学に行ってみることにしました。
諦めかけていた陶芸、tatsuyaさんのおかげで始められそうです。
姉にこのことを話したら、「私もやってみたいと思ってた」そうなので
一緒に始めることになりそうです。
いろいろアドバイス、ありがとうございました。
これからもまたいろいろ教えてくださいね、宜しくお願い致します♪
Commented by touseigama696 at 2006-09-10 06:29
mayu11405さん
おはようございます・・
小林さんの作品・・
現物を手にするとわかりますが
実に繊細なのにびっくりしますよ
隅々を決して手抜きしない・・・
プロはそういうところに神経を使ってますね
関東が中心の個展のような気がしますが
そちら方面でもするのかどうか
いずれ聞いてみますね・・

陶芸はじめられそうな由
そりゃよかった・・です

もし教室が幾つか見つかって
選べるなら・・
こんなことを頭におくといいですね

①通いやすいこと
つまりできれば近いとこがいいですよ
あまり遠いと億劫になったりしますからね

②専門的なことなどわからなくて結構だけど
その教室の先生の作品を
直感的に好きになれそうか・・どうか
これが案外大事かもね

最初は先生の作風に影響されるのも自然だから
これが相性がよくないと・・前向きな気持ちに
なりにくいこともありますからね・・苦笑
Commented by touseigama696 at 2006-09-10 06:29
続き・・・
mayu11405さん
③もうひとつ・・
お姉さんだから・・そんな心配無用だろうが
ふたりで始める場合は
お互いの都合を調整しないのも大事かも
つまり 
「今日都合悪いから・・わたし休むわ・・」に
「それなら・・私も休もうかしら・・」
にならないようにってこと・・

ひとりで通ってるつもりのふたりが
同じ日の同じ時間に
工房で顔を合わせられる・・
くらいに考えたほうが窮屈にならないよ

老婆心でした・・老爺心かぁ・・爆
Commented by mayu11405 at 2006-09-10 11:56
おはようございます~。
朝から伸びすぎた枝の剪定をして、ちょっと休憩中です。
アドバイス、ありがとうございました。
私もまず先生の作品を見たいと思い、見学に行ってみようと思っています。
それと「一日体験」もと考えています。
始めるならずっと長く続けていきたいですから。
それと姉のことですが、一緒にといっても時間が合わないことも出て
来ると思うのでたぶん大丈夫だと思いますよ。
お互いの時間を合わせてとなるとどちらかが無理をすることになると
思うので。
無理をするようになると長続きしませんよね~。

少し遠い工房では酸化焼成は電気釜、還元焼成はガス釜でと
ありました。
このblogで教えて頂いた「酸化」と「還元」が早速参考になりました。
もちろんまだまだ先の事ですが、教えて頂く前だったら何の事???
だったと思います。

私も小林政美さんのような先生に巡り合えるといいなって思います。
何年か勉強して、tatsuyaさんの工房にお邪魔出来るように
なれたらいいなぁ~♪
Commented by touseigama696 at 2006-09-10 20:30
mayu11405さん
こんばんわ・・サンキュです
私の場合も
酸化を電気窯・・還元をガス窯で焼いてます
勿論・・ガスも電気も
どちらもそれぞれに酸化 還元どちらもできますが
窯には雰囲気というのがありまして
ずっと還元で焼いてる窯を
急に酸化で使っても・・還元雰囲気というのが
でてしまうようです
曖昧にしないためと
窯の保護のために
使い分けてますよ

まぁ・・その違いは
当分先のことだけどね・・笑

遠かったっっけ・・?
機会があったら・・どうぞ!!
Commented at 2006-09-11 10:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touseigama696 at 2006-09-11 18:26
鍵さん・・ありがとうございました

陶芸家でも
気に入った自作は
売るひとと売らないひとに分かれるらしいです
まぁ別に売る売らないでなく
手許から離すか離さないかでいいのですけどね

どっちにも一理あるんですが
私なら・・売るだろな・・・
売らないと(手許から離さないと・・)
それ以上のものが作れないような気がするからです

教えるってことも・・似てるんじゃないかな
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2006-09-08 11:12 | ●コレクション | Comments(13)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696