人気ブログランキング | 話題のタグを見る

懐古が復活へ?

懐古が復活へ?_d0085887_21370808.jpg

50㌢を越える大皿に
こうして極細の糸テープを張りめぐらし
波を描くのが毎日だった時代がありました

懐古が復活へ?_d0085887_21345743.jpg

古い写真を眺めていると
既に懐かしみを感じます
荒波の九十九里浜などにでかけ
日がな波を観察したこともありました


懐古が復活へ?_d0085887_21354001.jpg

接着力の弱い糸なので
ところどころに剥離が起きて
手直しのために糸をはずして補修することもあり
数本を抜くと俄然皿が変化するのに気づきます


懐古が復活へ?_d0085887_21385815.jpg

もしかしてそれを紋様化できるかもしれないと
補修なしに貼り終えた皿のあちこちを
意図的に剥がしてみたら
こんな紋様に変るのに気づきました

絵画的な表現が
数本の糸を外すだけで
紋様化するさまは興味深いものです

だからといって
最初からこれを狙うとうまくゆきません
どうやら全面を波状紋で仕上げてから
改めて一部を剥がすことで
紋様につながりができるからです

貼ったものを剥がすことを無駄と思うのは
その無駄に全体をつなぐ一貫性の力があることを
見逃すことかもしれません

公募展の出品作に使うまでにはゆきませんでしたが
今となればこうして
商品化へつながるようにも見えます

古い作品の写真を引っ張り出して
じっくり眺めるのは
懐古だけでなく
新たに復活する道に通じるように
思えたりもするのです

足して現れる変化よりも
引いて芽生える紋様をみつける
面白い作業です



応援してくださる方・・クリックしてね!

Commented by aisuc at 2021-11-15 07:57
おはようございます。
素敵な波模様、線模様です。、
たくさんの研究や体験から完成なさったのですね。
また、振り返って、新たに復活する…
「引いて芽生える紋様」
印象的な言葉、経験の少ない私ですが、ちょっと !!
ありがとうございまいた。
Commented by touseigama696 at 2021-11-17 07:05
aisucさん
ありがとうございます
毎日同じようなことを繰りかえす日々
初心の頃どんなことしていたのか
残っている写真を眺めながら
復帰させられるものはなかろうかと
頭をひねったりしています(笑)
やれば面白そうなこともありますが
やはり体力と根気で負けそうです
何を持っても重くて閉口しながら
今日もまた同じ一日です(笑)
遠くからエールを送ります
頑張ってください!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2021-11-14 22:31 | 〇作風変遷 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696