人気ブログランキング |

赤土を挽く



赤土を挽く_d0085887_20251191.jpg


少し古いが自作の茶碗
今している一連の仕事とは全くの別世界だ

土は含有鉄分の多い赤土
加飾も彩色もせず 釉薬に任せ火を頼る
やきものの根っこであり
火の所産を思い知る熱いが冷徹な世界である



赤土を挽く_d0085887_21220451.jpg


一昨日思い立って笠間で馴染みの問屋さんに
この赤土一袋を送ってくれるよう依頼した
それが今日の昼に工房に届いた
早速試しに挽いた


赤土を挽く_d0085887_21312525.jpg


工房を転居して以来初めてかもしれない
5~6年ぶりの感触が蘇ってきた
今では日常の仕事は全て半磁土と黒泥のどちらか
ガス窯も手放してしまったので
赤土を挽く理由がなくなってしまった

でもこの土は手が覚えている
多分私の陶歴で一番好きな土だと思う
ともかくとっても身びいきな土だから
私の願いはそのままに受け入れ
挽き終えて差し板に乗せると
大抵思い通りに挽けてるのだ



丁寧に挽けば肌理細かくもなり
気合いで挽けばロクロ目も残してくれる
挽いてる時間が長ければ長いほど
土との相性は体にも気分にも響く



赤土を挽く_d0085887_21392760.jpg



今している糸抜きの仕事に
この土が使えそうな気がしてきてる
というより
使えるようにしてみたいと思い立ったのだ



赤土を挽く_d0085887_21485203.jpg



多分この土なら糸も貼れそうだ
丁寧にマチエールを調えてやれば
糸は土に食いついてくれるに違いない
それを試してみたくて取り寄せたのだ

体力を考えると
やれることは限られてきたが
その分細かいことを愉しめるようになってきた
ささやかな楽しみを密かに楽しむ

これもコロナ禍の生き方かもしれない



応援してくださる方・・クリックしてね!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2020-08-06 06:04 | ●工房便り | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696