人気ブログランキング |

不思議な記憶

d0085887_06310594.jpg


終戦記念日は毎年必ず巡ってくるが
年々歳々戦争の記憶は薄れてゆく
あれから74年 それも自然なことなのだろう

しかし
私にはどうしても不思議な記憶があって
この記念日が来ると時々思い出すことになる


この写真は父方の祖父である
明治11年に生まれ昭和35年に亡くなっている
82歳 あの頃では長命の方だった
今朝の話はこの祖父にまつわる記憶なのだ

私の頭の中にある記憶の映像を
そのままに書いてみよう

縁側が開け放たれた座敷の角に
火鉢を据えて新聞を読む祖父が見える
それも見上げるような角度の先に祖父がいるのだ

というのも
庭の隅に掘られた防空壕の中に私がいるからである
入り口は狭く地面の高さのままに
ふり返った先が祖父ということになる
多分母親だと思うが
写真の現像で使うあのホーローのバットに
幾つかの握り飯を乗せているのが見える

祖父はというといつもの通りの姿
防空壕に入るのを潔くせぬ老人の意地だろうか
今まさに空襲の気配という緊張はない

こう書けば年寄りたちには判るだろうが
終戦間際の東京空襲のひとコマとしか思えない
しかしその時私は3歳の幼児なのだ
あまり記憶にないのが普通の筈である
どうしてこんなに鮮明な映像が頭にあるのか
実に不思議な気がするのである

よくある話なら写真を見て刷り込まれた記憶だが
後に類似する写真を見た覚えもない
第一空襲を避けて防空壕に入るのを写真で撮るか?
カメラなど持ってる時代ではなかったし
物見遊山のできごとではないのである


昭和17年生まれの三歳児が
こんなに明瞭な画像で記憶に残せるとしたら
そこに居合わせたとしか思えないが
そうした事実を祖父は勿論両親からも聞いたことがなく
今となっては確かめる術もない

実はこれ以外にも
幾つか3歳児未満の時代の光景が私の脳裏にある
生きていた頃母親に訊ねると
「もし覚えているとしたらお前が2歳のころだよ」
そんなこともあって
この防空壕の話は夢と現の狭間で
リアリティーを探し続けてきたことかもしれない

それも74年経って
この写真の頃の祖父の歳を越えた
仲々男前な祖父で
若い頃は歌舞伎役者もどきだったと
祖母が言っていたが
静かで物腰の優しい祖父だった
私をクンづけで呼ぶので恐縮した覚えがある

日がな火鉢の傍に坐して
キセルで煙草を吸いながら新聞将棋を楽しんでいた

「あいつは勿体ないことをする」と言って
親父が火鉢でもみ消した煙草を
ハサミで細かく切ってキセルに詰めていたのが懐かしい

不思議な記憶 不思議な思い出である



d0085887_09293664.jpg
新作のカップです


応援してくださる方・・クリックしてね!


Commented by ryuboku2 at 2019-08-18 10:34
実際には2歳の時の記憶!
実は私にも2歳児の記憶としか言えない映像があり、母や叔母達が認めざるを得ない情報でした。

人の脳の不思議、を改めて思わせて頂きました。
孫には心して接することにしています。

それにしても凛とした素敵なおじいさまですね!
Commented by touseigama696 at 2019-08-20 06:45
ryuboku2さん
おはようございます
いつもありがとうございます
祖父が死んだとき 私は高校3年
枯れた立ち木が倒れるように
とても静かな死でした
仙人のような背の高い杖を持って
ゆっくりと歩く祖父 
そのすぐ傍らで寄添う祖母
スローモーションのような動きが
いかにも昭和でした
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-08-18 09:36 | 〇忘れ得ぬ「思い出」 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696