人気ブログランキング |

ベターハーフ

d0085887_08175860.jpg


昨日このおふたりが
いきなり首相官邸のロビーに現れたとき
結婚は予想できなかった
瞬間はオリンピックだったが
直ぐにそれも不自然だなと思えたころ
コメントが結婚という言葉を使って
事の次第が判ったのだった

更に直感で感じたことは
彼が政治家として総理の座までは
しっかりと視野にもありプランにもあると
確信したことだった

望んだ通りに伴侶を選べるわけではないにしても
自分の願う人生に最も自然に適応してもらえそうな
パートナーに出会うチャンスを待つ
彼にはそうした冷静さも備わっていたようだ

満を持すという備えは
大成する人間には不可欠な資質だと思う

昨今およそ愚かな振る舞いで前途を失う若者の多い一方で
見事なまでに制御された自己規制を果たす若者もまた多く
およそ中の中で生きられたひと昔前の安易さは姿を消しつつある

この時代に何を身につけねば遅れをとるか
細分化されたスキルとその選択は
目的なしの人生設計では叶わぬほどに熾烈である

電脳と言葉 アナログな言い方だが
キーボードを叩けず 英語も話せず
それでこの国際化された現実に対応してゆくことは難しい
どちらもルーチンでこなし
それらが手段のままにターゲットに到達するポテンシャルを
持たねば大成できない時代なのだ

大学3年の夏
これからの時代タイプライターくらい叩けないと
メディアでは不自由かもしれないと
夏休みを費やしてタイプ学校に通ったのは
文字通りタイプライターのためで
後のPCの出現を予期してではなかったが
それでもこうしてブラインドで打てるのはタイプのお陰だった

英会話も必要かもとアテネフランセの夜間講座に通ったが
ネイティブを狙うほどに本気とは言えなかった
多少は考えたつもりだったが
昨今の現実は数段も上のスキルをもとめている

今老いていてよかったと思うのは
50年前だったらついてゆけたろうかと
思い惑うことが多いからである

たった半世紀前
あれほどに広かった世界が
今は指呼の間ほどの距離に縮んだ
毎日のように
世界中から日本の若者の活躍が伝わって
羨ましいほどに希望に満ちた未来が見える

小泉夫妻がこの国の総理大臣に座る日があるとして
それを見られる自分を想像することは難しいが
自分を補完してふたりでひとつの人格形成に務めてくれる伴侶
少し古い言葉だが Better half
望ましい夫婦の在りようのひとつとして
この言葉を思い出すのだった




応援してくださる方・・クリックしてね!

Commented by ryuboku2 at 2019-08-08 14:40
》望んだ通りに伴侶を選べるわけではないにしても
自分の願う人生に最も自然に適応してもらえそうな
パートナーに出会うチャンスを待つ

大変深いお言葉、と受け止めました。
......だから ベターハーフ、なのですね。

何故ベストハーフと呼ばないのだろう、と長年思っておりましたので。(^。^)
Commented by touseigama696 at 2019-08-10 08:40
ryuboku2さん
ありがとうございます
どちらかというと未熟な時代に
伴侶を決める決断
滅多にはベストってわけには
逝かないかもしれませんね
ベターをベストに格上げする努力
そこらねんなのもしれないと思うのですが?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-08-08 09:39 | ●エッセイ | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696