人気ブログランキング |

小さくても「大器」



d0085887_23204738.jpg
新着のサルスベリです



『家は十坪に過ぎず庭はただ三坪
誰か云う 狭くして且つ陋(ろう)なりと
家陋なりといえども膝を容るべく
庭狭きも碧空仰ぐべく 歩して永遠を思うに足る

神の月日はここにも照れば 四季も来たり見舞い
風 雨 雪 霰(さん)かわるがわる到れりて興浅からず
蝶児来たりて舞い 蝉来たりて鳴き
小鳥来たりて遊び 秋蛩(しゅうきょう)また吟ず
静かに観ずれば
宇宙の富はほとんど三坪の庭に溢るるを覚ゆるなり』

             徳富蘆花「自然と人生」より


d0085887_23264731.jpg


中学生の頃覚えた蘆花の一節
今でも暗唱できる

どんなに古い家であれ 
膝が入れば住まうこともできるし
たった三坪の狭い庭であっても
立って碧空を仰ぎ見れば
永遠を思うに充分な広さである
そしてそこには
宇宙の富の殆どが溢れているのに気づく
そんな意である



d0085887_23260834.jpg


盆栽作家 岸本千絵さんと
「盆」と「栽」でコラボするようになって
改めてこの名文を思い出すことが多い

平たく言えば
盆栽は鉢植えの樹木
盆は大地を鉢に置き変えた器
小さいけれど大きな大きな器なのだ

小さい器を作るとき
忘れてならないのは
もしかしたらこのことだと思う




応援してくださる方・・クリックしてね!

Commented by 琳葉盆栽 at 2019-08-04 08:12 x
おはようございます😃☀
素敵なブログありがとうございます😆
嬉しいです。
コラボの松盆栽写真も見頃になったら送らせていただきます😔♬
Commented by touseigama696 at 2019-08-06 06:18
琳葉盆栽さん
ありがとうございます
これからは気づいたら
是非にもコメントを入れてくださいな
コラボの楽しさを両側から伝えて
ゆけたらいいですね
Commented by jyon-non at 2019-08-06 18:39
素晴らしいです。ことに一枚目の作品・・・白い猿すべりと明るいブルーの鉢・・・心を洗われるようです。一幅の絵のような。・・・二枚目の作品もお花の色と緑の葉、流れるようなフォルム、真っ白な鉢がとてもお洒落でそして楚々と主張しすぎず上品なイメージですね。ため息が出ます。三枚目の作品はお花といい、花器の風情といい、魅惑的で、どこからか、着物姿の麗人が源れそうです。 
こんな素敵な作品を見せていただけて満足な夕暮れです。ありがとうございます。
Commented by touseigama696 at 2019-08-08 09:49
jyon-nonさん
ありがとうございます
盆と栽のコラボはとても楽しいもので
改めて発見したような気分にしてくれます
食卓の上で楽しんでいただける作品
岸本さんと相談しつつのコラボです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-08-04 05:40 | ●工房便り | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696