人気ブログランキング |

「便利」の功罪


d0085887_08522896.jpg


今となれば古い話だが
ある時京都駅からレンタカーで信楽に向かったことがある
ナビがついていたので設定して走ったが
途中から山中に入り
ナビの指定する道路だけが画面を南北に貫き
周囲には案内の表示が何もなくなってしまった
砂漠の真っただ中をまっしぐら
そんな感じで不安に襲われた

あのとき
もしナビなしで走っていたら
途中で引き返したに違いない
行き詰まりになりそうに細い山道だったからだ
画面を南北に道があってナビが感知してる
それだけが頼りだったが
それでもナビのあるなしは大きな違いだと感じた

今では知らない土地を走るなら
ナビなしは考えられない
印刷地図を片手に見当つけて走るには
頭も目も劣化の一途だからである

音声ガイドを頼りに
言われるがままに走ってるとともかく
当たらずと言えども遠からずに着くのは
何より有難いことである

しかし一方で
人間が潜在的に持ってる本能的な能力の幾つかは
どんどん衰退してそうである
「今どこにいて何処に向かってる?」
空を見上げて光の差す方角で東西南北を知り
地番や看板の住所で目的地との関係を推測し
たまには止まって印刷地図と見比べる
手間はかかるが全ては記憶に残り
それなりに勘が養われもする

ナビの言いなりは実に便利だが
頭にとっては不都合も色々である
似たことは携帯の電話リストでも同じだ
覚える必要がない
名前だけでつないでくれるからだ

50人やそこらなら
記憶してダイヤルできたのは嘘みたいな話である
更にネットで申し込めば
旅行でも食事でも物でも出かける手間なしに手に入る
便利の追及には今だって鵜の目鷹の目である

便利がどういうことかは誰でも知ってる
不便を解消してくれるものは全て便利だからだ
しかし何が目的の便利か?となると
さてどうだろうか

時間を節約する便利を大歓迎しておきながら
その便利が浮かしてくれた時間を何に使うかとなると
明解な答えを言える人は決して多くはなさそうだ
便利のお陰で出来た時間の全てを注ぎ込んで惜しくない「何か」
それなしの便利は怠惰を生むだけに終わることだってある

人間なら誰もが持ってるはずの幾つかの潜在能力を
簡単に手放しても惜しくない便利とは
一体何なんだろうか?

便利は売れる それは確実にそうだ
だから何を生もうが企業は便利の商品化には熱心である
ならばその誘惑に負けずに
不便を見直して自分の潜在能力に拍車をかけるセンス
近未来の知的ゲームにはそれもありそうだ
残り少ない人生の時間に
そんなことを思う近頃である

おまけに告白すれば
キーボードでものを書いて30有余年
悪筆にはこれも便利だが
確実に忘れた漢字は増えた
肉筆の手紙が必要な時は
活字で下書きしてから手で写す
これって便利?それとも不便?
云わずもがなに違いない


d0085887_09080765.jpg
飴釉櫛紋皿 旧作



応援してくださる方・・クリックしてね!

Commented by PochiPochi-2-s at 2019-06-29 11:57
全く同感です!
Commented by touseigama696 at 2019-06-30 08:53
PochiPochi-2-sさん
ようこそ! 
有難うございます!
Commented by jyon-non at 2019-06-30 23:34
今夜は、お訪ねするのがおそくなってしまいました。せっかくなので明日改めてゆっくりお邪魔します。
Commented by touseigama696 at 2019-07-01 09:32
jyon-nonさん
いつもありがとうございます
どうそゆっくりと色々ご意見を
聞かせてくださいな
楽しみにお待ちしています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-06-29 09:14 | ●エッセイ | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696