人気ブログランキング |

追憶の築地



d0085887_20245919.jpg


築地市場から見た勝鬨橋である
最後に跳開したのは1970年
その頃仕事場は東銀座にあって築地は遠くない
子どもの頃から最後の日までの間
何度も跳開を橋の上で待ったことがある
20分位かかったらしいが
今ならきっとカメラ片手の見物客で混雑しただろう
昔は営みだったことが今は観光
子どもたちの人気スポットかもしれない



d0085887_20254711.jpg


10数年前の築地市場の船着き場である


d0085887_20274247.jpg


勿論市場は現役で動いていたが
早朝の競りが終れば静かになった


d0085887_20344164.jpg


静寂と喧騒の対比こそ市場の鼓動だった


d0085887_20342378.jpg


山積みされた梱包材が片づくと
市場は鼓動を休める



d0085887_20353860.jpg



魚の残滓を求めてかもめが集る


d0085887_20355286.jpg



凄まじい戦場と化して鳥たちは賄い食に体当たりだった
しかし
豊洲に移転した今 鳥たちも移住して
無菌室のような新市場に慣れただろうか




d0085887_20362352.jpg


市場が終っても場外は賑やかだった
ここにくればいつでも年末の風情
買うも食べるも幸せそうな笑顔が並ぶ
魚介はやはり日本人のメインディッシュ
ここのマグロが動かないと元気がでない



d0085887_20374716.jpg


築地を撮ってるだけで飯食ってるカメラマンもいるらしい
魚の相場はここが握ってるのかもしれない



d0085887_20370393.jpg


「カニ」「まぐろ」
そそられるビッグブランドだ
「蟹」「鮪」と書いちゃそうはいかない
字ずらがそのまま食欲につながる
だから読めても書けないもんである



d0085887_20364039.jpg


この写真を撮った10数年前のある日
その日のランチがこれだった
詳しいことは覚えていないが
茶づけの三種盛みたいだ
幾らしたんだろう

追憶の築地
あの小汚ささえやはり懐かしい
勝鬨橋が閉じ 築地も閉じた
昭和は遠い

子どもの頃
明治は遠くなったと云うのをしばしば聞いた
今となれば
明治は江戸に引っ張られた衛星のようでさえある
時代は動きを止め 動かぬ歴史に変わってゆく



d0085887_22031995.jpg
水指 自作




応援してくださる方・・クリックしてね!

Commented by BBpinevalley at 2019-06-21 07:58
近頃、色々な方のサロンでお目にかかりますね(流木さんとか)
いつもすれ違いで残念ですが(笑)

展示会をされたり、相変わらずお忙しくご活躍中。
私もダラダラしてないで見習わねば、と反省デス。

「追憶の築地、昭和は遠い…、
なんだか長い月日が流れたことを感じます。
昭和の日本を出てから久しいですが、それでも平成への移行を眺め、それも終わって令和へ…
時代の移り変わりを目撃できる程の時間を生きたのは、それ自体が感動です。

娘によると、機内では酸素がどうしても不足しているので、人間は酸欠から来る精神不安定状態にあり、観た映画にも異常に感動して涙したりする、と。
それを聞いて、地上においても私は少し酸欠状態にあるのか、と思いました。
物事すべてが感動的です。
Commented by touseigama696 at 2019-06-22 09:07
ほんとにそうですね
共通の友人が増えて
パーティーで「あらっ!」って感じ(笑)
普段の中にいて穏やかを味わる日々と
非日常に出向いて精神を刺激し
リフレッシュを図る日々の同居
BBさんは見事に果たしているじゃありませんか
素晴らしい人生だと感歎しきりです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-06-20 22:13 | ●フォト散歩 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696