人気ブログランキング |

「六本木」から「日本橋」まで

d0085887_20405742.jpg

実に爽やかな夏日の午前中
新国立で友人の公募展入選作の油彩を鑑賞した
120号の大キャンバス 迫力がある
一緒にランチして別れ
久しぶりにこの交差点に立った

六本木アマンド
私がテレビに首を突っ込んだ青年期
もうここにはアマンドがあった
人気のデートスポットだった
「アマンド」が「甘人」だとは知らなかった

画面左端から右に折れる坂道
麻布十番は地味で細かい商店街だった
すっかり様変わりしてお洒落な街並みを
真っすぐ一の橋の方に向かって歩き始めた

そのつもりでバックパックにスニーカー
食べたら歩け!
6年前の掟は今も守っている

新橋くらいまで歩く気になっていた
しかし 確かに少し早すぎる夏日に油断は禁物
いつもなら突っ走る距離だが途中で一回休憩を入れた 

それも殆ど思いつきだったが
丁度来合わせた都バスに乗ったのだ
ベンチに座るより涼しいし
進行方向に距離を稼いでくれるのもいい
直前に水を一本買っておいたから
座席に座って水分補給である
多分そうだろうと思ったが
少し渋滞気味 好都合である
15分たっても三つ分のバス停くらいしか進まない
降りてまた歩きはじめ 結局日本橋まで歩いた


d0085887_20414785.jpg

高島屋の前の銀座通りである
思いがけず今話題のゴーカート集団に出会った
全員外人さんだったが
まるで遊園地みたいで違和感は免れない
信号待ちにスマホはナビなのかな?
事故も多いらしいから
流行るほど問題が出てきそうである

d0085887_20412192.jpg

「食べたら歩け!」は 言い換えれば
「歩いてから食べろ!」それが私の流儀である

このブログで交流のできた
まほろば日記のmahoroba-diaryさんが
3/26にアップされた「山本山ふじヱ茶房」の
抹茶アッフォガートを賞味するには絶好の機会
日本橋高島屋の中の店に入った

これがそれである
アッフォガートというのは
溺れるという意味のイタリア語
アイスクリームを何かに溺れさせる
それがここでは点てた熱い抹茶というわけだ 

抹茶のアイスクリームとあずき
それに生クリームの上に
別器で添えた抹茶をかけて溺れたのがこの写真
つまりは これってコーヒーフロート風?
しかし
冷たい抹茶のアイスクリームの上に
熱い抹茶をかけてアッフォガート
クリームとあずきが柔らかく溶け合って
実に絶妙な食感なのであった
mahoroba-diaryさんはとても洗練された方だから
お奨めはむべなるかななのであった


d0085887_20421266.jpg

帰宅して携帯でみたら
本日の実績はかくのごとしとある
10km 14,000歩 そんなもんかである
通算5,560km 6年が経ったことになる


d0085887_06205444.jpg
糸抜き茄子紺盆栽鉢 自作

明け方 盆栽作家の岸本さんから
この写真が届いた
その時刻 彼女は水やりの最中である
私はブログを書き終えようとしていた
「この写真載せるねぇ~」で電話を切った
水も滴る盆栽であるが
彼女もまた・・・


応援してくださる方・・クリックしてね!

Commented by mahoroba-diary at 2019-05-25 10:31
桃青窯さん、こんにちは。
山本山の抹茶のアッフォガート、同じものをお召し上がりになられたとお聞きし、とても嬉しくなりました。それにしても、桃青窯さんにかかれば、なんて素敵で味わいのある文章になるのでしょう・・・ただ黙々と食すだけの私とは大違いでいらっしゃいます。笑 
1万歩以上歩かれたのですね♪私も週末など、都心部をなるべく徒歩で歩くようにしておりますが、途中いろいろなお店や街の変遷を発見したりして、意外に愉しくあっという間に歩けてしまうものですよネ。
桃青窯さんご自作の盆栽鉢に桃色のお花がとても映えますね。こうして拝見すると茄子紺とは、なんていい色合いでしょう。日本ならではの呼び名でもありますね。
モダンで渋くてカッコよくて・・・現代なモダンなインテリアにもとても映えそうです。盆栽作家さまとの素敵なコラボレーションですね♪
Commented by funicolare at 2019-05-25 14:39
桃青窯さま、はじめまして。

↑のまほろばさんのところからまいりました。
お二人のブログはぼくにとっては立派なエッセイ集です。
アッフォガートは大好物ですが、お二人の文才にぼくが溺れてしまいそうです。

、、、岸本さんの水の滴り具合も気になります、、、。
Commented by touseigama696 at 2019-05-26 13:13
mahoroba-diary
ありがとうございます
溺れあんみつ・・美味かったです
藁を添えておいてほしいほどでしたよ(笑)
歩きましたが少し足の調子が悪く
もっと歩くつもりだったのですが
暑さもあって我慢しました

盆栽鉢って実はとても楽しめるのです
底が抜けてていいなんて
なんてうれしいことだろか?です(笑)
Commented by touseigama696 at 2019-05-26 13:16
funicolareさん
ありがとうございます
良い写真には言葉は要りません
伏せた思いを知りつ知らせつ
それもまた良しではありませんか
楽しませていただいてます
これからもどうぞよろしく

岸本さん・・滴ってますよ(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-05-25 06:28 | 〇わたしの流儀 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696