人気ブログランキング |

憩室

d0085887_23170093.jpg

「憩室」
3年前の今頃 こんな言葉は知らなかった
けいしつと読むが勿論「休憩室」ではなく
ましてや麻雀屋さんの看板でもない

難しいこと書けば
内腔性の食道とか胃・腸などの臓器の壁面にできる
祠みたいな突出物で 基本的には無害だけど
時折り原因不明で出血して
患者をおどかしたりするのだそうだ
「大腸がん」ここら辺が悪役で登場する可能性もあるからだ

一昨日の朝 突然便器が赤く染まって
「今のところ放っておいても問題ないでしょう」
3年前のあの日にはそう言ってもらえた下血も
今回も同じものだと勝手に判断するわけにもゆかず
年初に入院して別の疾患で治療してもらった近所の
大きな病院で外来診察を受けたのが一昨日

「CTの所見なら多分前回と同様の結果だと思うけど
念のため内視鏡の検査しておきましょうか
幸い明後日に空きがあるから来ますか?」
そういうわけで
慌ただしくもでも早いに越したことはない検査が今日だった


d0085887_23173714.jpg

検査前日の昨日から食事が制限され
指定の三食でいささか足らずの不満も我慢した

そして今朝の8時には
昨晩作りおいた2ℓの下剤を2時間で飲みながら
トイレ通いして腸の清掃をしたのだった

考えて見れば
大腸の内視鏡検査は今回で三度目
最初は胆のう切除の手術が目的での内視鏡だったから
入院ベッドからトイレ通い 二度目が外来ロビーで
3人ほどの患者さんと同じことをした

そして今回は何と
過去2回は病院でしたことを自宅でやるように指示された
まぁ自分専用のトイレもあり
誰かと取りっこになることもないから
これはこれで結構なことなのだが
最後にトイレを済ませて病院に駆けつける際
残りの下剤にいたずらされないかを心配する羽目になったが
幸いなことに何事もなくて済んだ
妻の運転する車で10分足らず
こういう時は近いことが一番有難い

2ℓの水分を2時間で飲むのは苦痛だが
やれば何とかなるものだ


d0085887_00003415.jpg

3時半から30分ほど
腹の中の四角いベースみたいな腸を
スケート靴が滑るようにカメラが走った
若いドクターだったが
きっとゲームでも名手じゃなかろうかと思うほど
腸内の景色は高速で移動していった
自分でも眺めることができ 前回を思い出しながら
一緒にモニターを見ていたが
「見つかれば取りますね!」と言われていた
ポリープを見つけたわけでもなさそうで
何事もなく終わり 案の定

「前回同様問題になる所見はありませんでした
きれいだから多分2~3年は大丈夫そうですね」
ご託宣があって幸いなことに難を逃れたのだった

加齢による原因を特定し難い症状は色々あって
そうした劣化とつきあいながらの余生
良いことも悪いことも
何が起きても不思議ではないことが日常だとして
生かされてる時間を精一杯生きるしかないのだ

3年前のこの検査のときは
本気で最悪のシナリオを思い描き
それなりの覚悟を作ったことを思い出す

令和の招来を間近にして
同年輩の昭和が日に日に消えてゆく
それぞれにみんな立派に生きて立派に死んでゆく
成ろうことなら倣うべしである


d0085887_00373120.jpg
木の葉紋の色絵鉢 自作




応援してくださる方・・クリックしてね!!


Commented by BBpinevalley at 2019-04-25 05:37
何事もなくて、宜しかったですね。
ドキドキしながら読んでしまいました。
それにしても、検査も楽ではありませんね。

身体のご不調はもとより、お友達が亡くなったりするのはお辛いことと思います。
健康に年を重ねるものには、誰も避けられないこと…
父は、高齢になってから、鬱状態だったと、今から振り返れば思います。
もっと、心のケアにも気を配るべきだったと、今更ながら申し訳なく思っています。
前夫の父も医者ですが、今年90歳になり、この7〜8年間抗鬱剤を自分の判断でとっていると聞かされました。
元来、明るい人なので、驚きました。
近年のanti-depressantは、大変すすんでいて、ピンポイントで効能するそうです。
ぼーっとしてしまうような安定剤では全くないそうで、仕事もはかどるのだそうです。
老齢化する日本社会、誰もが気持ち良く生活できるように、心のケアにもお医者様の目が行き届くといいですね。
Commented by sumiko1910 at 2019-04-25 10:27
読んでくださって有難うございます。俳句をはじめて丁度三年たったところです。立ち止まったり行き暮れたりしていますが、ポツリポツリと詠んでいこうと思っています。フォロー致しますね。
Commented by tougeiaska at 2019-04-25 10:56 x
「憩室」、懐かしい言葉です。
中年の頃に再検査を受け、胃のレントゲンを撮った時に
「心配ないです、“けいしつ” でした」と言われたことがあります。
先生が漢字を書いて教えてくれました。それにしても
面白い悠長な名称かあるんだなと思って、話題にしたことがあります。

それ以降は、刺激物などが “憩室” (凹んだ部屋?)で憩われても
困るので牛乳などを飲んで粘膜を張るようにした記憶があります。
ただ、これは私が考えた処方箋に過ぎず何の裏付けもありません。
Commented by tougeiaska at 2019-04-25 12:23 x
前回のブレーキへのコメントの続きになりますが、
私は、左足でブレーキ操作をしてますが、
数年前の車検の時に、メーカーの整備士と営業マンに
「ブレーキパッドの磨耗がほとんどない」 と大変驚かれたことがあります。
0.1ミリも磨耗してなかったような感じでした。走行距離は 7万kmです。

営業マンが言うには、
「ブレーキを踏むとどんな運転をしているか直ぐに分かります」
「おばさんたちは、急ブレーキを頻繁にかけるので、ブレーキが急に入るんです」
「ブレーキが柔らかいのは、ブレーキ操作がいいですね」 とのことでした。

車検後にこういうデーターを元にアドバイスをして行くようにすると
ラフな運転や事故も減り、運転マナーも改善されるのではないかと思ってます。

又、テレビでは高齢者が高齢者がとか、免許返納、免許返納と騒いでいますが、
パニック時には心身がどうなるのか、
脳の指令が働かず、右足が硬直して動かなくなることや(経験したことです)、
重力でアクセルを踏み込まれる状況になることを話すべきではないかと思います。

そして、
「咄嗟の時の対処法として、左足でブレーキを踏むことも念頭に入れて置きましょう」
と言うようなことを伝えることこそ大事なあり方ではないかと思ってます。
「左足の活用」 については、新聞に投稿しようかとも思っているくらいです。
人間はどんな時でも、どんなことでも、両手、両足を使うことが基本ですからね。
Commented by シュウ at 2019-04-25 16:10 x
ああ,よかった。何もなくて何より何より。
ボクも今年の年初に大腸内視鏡を初体験しましたがいやはや参りました。
お疲れさまでした。
まあ,オフクロに比べたら師匠も若手です。
ご自愛の上,ばんばん焼いてください。
Commented by ryuboku2 at 2019-04-25 19:14
大変ご心配な時間を体験なさっていたのですね。
検査の結果、難を逃れた、と伺い一安心致しました。

“それなりの覚悟を作った” というお言葉が身に沁みます。
私も正気のうちに“覚悟を作る”必要を感じます。

車の運転しかり、段々できなくなる事に気付く度に、それを自分が認める事が一番難しいように思います。

くれぐれも、ご無理をなさいませんように。
Commented by 元・今青春でした(苦笑) at 2019-04-25 21:13 x
ハラハラどきどきの展開のブログでした。
結果は、問題なかったようで、良かったね。
「2ℓの水分を2時間で飲むのは苦痛」経験者から。よく聞かされました。
医学は進歩してますが、この検査は30年前と変わってませんよね(笑)
哲ちゃん、ずっと元気で過ごせるようボクの念力で祈っているからね。
Commented by marrone-marrone at 2019-04-26 00:24
黒か、白か?はっきりしてほしい。黒ならやり残したことをやりたいから。。
なんて積極的に検査に応じたものの、
2時間2ℓに最後は無理して流し込んで嘔吐してしまいました。
30年前とほぼ変わらない検査とは、これで疲れてどうかなりそうですね。

何事もなくてよかったですね。
Commented by 北海道の陶子 at 2019-04-26 01:27 x
ご無沙汰しております。
年明けからこっち落ち着いてブログを拝見できずにいました。
たまにのぞかせて頂くと入院されたことや悲しい出来事があったことなどが書かれていて。
このたびの「憩室」も冒頭で「えっ!?」とおどろいたのですが
何事もなくとのことで本当によかったです。
GWに読めなかったところをゆっくり拝見して、作品づくりに励みます。
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:35
> 北海道の陶子さん

ありがとうございます
お元気に活躍のことと思います
ここら辺の歳になると
1年は数年の幅で劣化してゆくと
痛感させられます(苦笑)
若さには勝てない! 実感します
だれにでもあること
どうぞ今を大事にしてくださいね

Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:39
> marrone-marroneさん
ありがとうございます
同じ経験者なのですね(笑)
ご理解いただけて多謝です
大きな袋を見ると飲めるだろうか?
でしたが 飲めました(笑)
これが珈琲カップ一杯分で済む日が
来るまで次の検査を引き延ばせますよう
無理かぁ!(苦笑)
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:42
> 元・今青春でした(苦笑)さん
ありがとうございました
30年も変わってないとしたら
医学による患者への虐め?(笑)
念でいじめないでね!お願いします(笑)
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:46
> ryuboku2さん
ありがとうございます
自分に起きてる劣化を認めるのは
確かに楽しいことじゃありませんね
毎日不安に怯えています(爆)
来月には免許証の更新
今までなら単なる手続きでしたが
今回はこれで最後 そう思いつつ
試験結果に任せることにします
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:48
> シュウさん
ありがとうございます
オフクロさん これ読んでない?
大丈夫かな?
タローとの約束果たすまで
頑張るよ!!(笑)
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:53
> tougeiaskaさん
ありがとうございます
年とった今 左足でブレーキをとなると
到底自信はありませんが
最初からの所作として覚えるなら
きっとその方が合理的でしょうね
オートマ免許だったらそうあるべきは
よくわかります
これからの問題ですね
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:55
> tougeiaskaさん
ありがとうございます
憩室は結構大勢の方が
経験しておいでなのですね
あと2~3年は大丈夫そうだと
言われたことを信じて
まぁできるだけ穏やかに
暮してゆくことにします
Commented by touseigama696 at 2019-04-26 08:59
> BBpinevalleyさん
ありがとうございます
今朝の記事でBBさんのコメント
引用させていただいてしまいました
許可が後回しでごめんなさい
ずっしりと胸に響きました
仰る通りです
憂鬱にならずに過すこと
これが一番の課題のような気がしています
これからもご意見をお聞かせください多謝

Commented by eri at 2019-04-26 10:42 x
何事も問題なかったとのこと、大変ホッといたしました。
本当に良かったです。
くれぐれもご無理なさらずに、、、。
それにしても検査の準備、大変なんですね、、、。
Commented by touseigama696 at 2019-04-28 00:27
eri さん
ありがとうございます
幸運にも何事もなくで済みました
老いてからのことは何でもそうですが
幸運なことだらけです
大事なモチーフを大事に 
楽しんでくださいな 応援しています
Commented by touseigama696 at 2019-05-07 10:40
sumiko1910さん
お詫びです
4/25のコメントにお返事ができていません
日頃より多いコメントのせいか
うっかり見逃してしまいました
ごめんなさい!
そちらのブログにも送らせていただくことにします
お許しください!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-04-25 00:42 | ●エッセイ | Comments(20)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696