人気ブログランキング |

アクセルとブレーキ

d0085887_06423528.jpg

例えば高速道路で車を運転してるとしよう
見通しの良い直線道路で
大分前方に渋滞の最後尾が見えてきて
アクセルから足を離したとする すると
エンジンブレーキが作動してゆっくりと減速されるが
この時右足はどこで次の加速のために待機するんだろう

三カ所あると思う
一つ目は 今まで踏んでいたアクセルの上
↑の写真なら右のペダルの上だ
二つ目はブレーキの上 左のぺダルの上である
そして三つ目はふたつのペダルの前の床の上
オートマチックの車ならこんなところだが
床の上は走行中ともなれば咄嗟の反応が心配で
避ける人が多いに違いない

その上で
アクセルの上でそのまま待機するか あるいは
ブレーキの上に移って まさかの急ブレーキに備えるか
このどちらかになるような気がする

私の場合 若い頃から習慣としてブレーキの上にしている
どんなに短い距離のエンジンブレーキでも
右足はブレーキの上に移動する
この位置にいるのは 例えば無謀な割込みがあったとしても
瞬間に踏めばブレーキが利く
もしアクセルの上で待機してるとなれば
右足を左のブレーキに移動して踏まねばならぬ
僅かでも時間はかかるし 移動という行動が必要になるわけだ

先日のニュースで
ブレーキとアクセルの踏み間違いで事故を起こした運転手さんが
「ブレーキのつもりで踏んだのに車が止まらず
何でブレーキが利かないのかと更に踏み込んだらぶつかった」
と供述したとあって やっぱりかと思ったのだ

アクセルの上で待機していた右足で
ブレーキを踏むために左に移動したつもりでも
咄嗟の行動では距離が足らず アクセルの上のまま
ブレーキのつもりで踏み続けたのじゃなかろうか

「咄嗟に踏む」と「咄嗟に移動して踏む」では
当然ながら時間も判断も複雑になってくる
若い頃なら可能な瞬時の判断力 行動力も
老いれば決して容易ではない

「こんなに強くブレーキ踏んでるのに何で利かないんだぁ~!」
そこで起きてる錯覚と焦りの深さが他人事ならず胸に響く

非常時に備えて如何に合理的に
短い時間と単純な手順で事態に立ち向かえるか
できるなら若いうちから望ましい習慣を身に着けておくべきなのだ

だから私は絶対に事故を起こさないと
断言するほど己惚れるつもりはないが
もうひとつ習慣にしようと心がけてきたことがある

車を動かすときは
前進だろうが後退だろうが
アクセルは二度踏みで踏み込むことにしている
つまり
最初の一回でほんの軽く踏んでみると
車体が予定してた方向に軽く偏るのが判る
それが予定通りの前進なら
二度目でしっかり踏んでも間違いは起こらない

一度目の試しなしにいきなり踏み込んで
予定外に後退でもしようものなら
パニックはブレーキの話と同様である
「ナンデ後ろなんだよ!!」
気づく前に車は何かにぶつかる羽目になるのだ

数日前 こんなことを書いた
「どんなときにもあわてずに運転しましょう」
「あわてず」の根拠は「予定外のことをしない」ということだ
そして
全ての行動に こうすれば「予定内」という
道筋をつけて走ることだ
可能な限りそうすべきなのだ

踏み間違い事故で晩節を汚してしまう老人が増えてきた
決して他人ごとではない
どんなに注意深くしても不慮に遭わぬ保証はない

電車の運転手さんが
「信号 アオ~っ! 進めぇ~!」
みたいに復唱しながら走るあの様子を
出来れば真似たいものである



d0085887_17313472.jpg
小鉢 自作





応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by gaunn at 2019-04-22 18:31
車社会バスを利用が多いい
友達と4人ほどであると子供の遠足みたい話が進む
運転する人には迷惑でしょうが目的地までワイワイ
事故にならぬように反省しなければいけない
テレビのニュース見るたび思う。
Commented by tougeiaska at 2019-04-23 07:38 x
私は、車の運転の時は両足を使っています。
ブレーキは左足で踏みます。右足はアクセルだけです。
これはかなりいいと思います。ブレーキを瞬時に踏めます。

東京で車を買った時にペーパードライバーだったので、不安で、
ドライブテクニックの本を図書館で借りて12冊くらい読みました。
その中に左足を使うといい。バックも楽に出来ると書いてありました。
又、接近した車へのパッシングなども楽にできると書いてありました。

車を運転するようになってから、左足でブレーキを踏む練習をしたら、
バックで車庫入れも楽に出来るし、ブレーキも敏速に踏めるようになりました。
今では、左足は常にブレーキを踏める待機状態になっています。
ブレーキの上に左足があります。この方が安全運転になると思います。

又、車の運転を始めた若い頃ですが、後部ドアーが開いてるのに気付いて、
振り向いて閉めようとして足が浮いてしまい前方に動き出したことがあります。
ビックリして一瞬、足が硬直して動かなくなった記憶があります??
パニックになると脳は動いても体が硬直して動かなくなります。
それからは細心の注意をはらうようにしています。
Commented by touseigama696 at 2019-04-25 00:46
gaunnさん
ありがとうございます
お元気にお過ごしのことと思います
大いにシニアを楽しんでおいでの様子
何よりですね 身体に気を付けてください
Commented by touseigama696 at 2019-04-25 00:51
tougeiaskaさん
ありがとうございます
そうですね両足で使い分けるのは
確かに一つの方法です

ただ私が免許をとったころは
ミッションの時代でクラッチあったのですよ
ですからオートマとミッションの
両方を運転していた時代があるので
左足をブレーキで使うのはむりでしたね
後にオートマ専用の免許ができてからは
それしかのらないのだから仰る方法で
OKなのです
でも今更クラッチも使えないでしょうが
結構長いこと両方乗ってましたよ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-04-22 17:47 | 〇わたしの流儀 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696