人気ブログランキング |

上皇陛下と京都

 
d0085887_09394461.jpg
            お借りした写真です


退位された上皇は
京都にある仙洞御所内に造営して
ここにお住まいになさっては如何?

歴史的には仙洞御所は上皇の居所だったが
幕末に焼失して以来再建されずにきたようだ
この際仙洞御所内に現代建築の粋を集め
歴史をつなぐ新御所を建て上皇がお住まいになれば
京都が生きる歴史を取り戻すことにもつながるのではないか
大きな意味がありそうだ

東京の皇居は今上天皇が 京都の仙洞御所は上皇がと
おふたりが新旧の都に住み分けることで
携わる皇室行事にも分かり易さがもたらせよう

上皇の手を煩わせることなく国事行為が行われ
その上で
世界各国の賓客が上皇との会見を望まれたり
またその必要があるときは
新幹線のぞみ常設便に特別車両を接続して運用すれば
日本の新幹線の絶好なパブリシティーにもなるし
京都が日本の古都であることと同時に
国際都市としての機能も併せもつことになる

訪れる各国賓客は京都市民の歓迎を受けながら
京都御所で上皇ご夫妻と会見し
国宝の桂離宮で茶を喫し 修学院離宮を散策する
まさに日本文化の粋をご覧いただく機会になる

日本の優れた良さは東京の現代性だけではなく
京都に代表される古い文化の継承にもある

退位による上皇の規定は
この先にも生かされて
今上天皇に過剰な負担を強いずに
先端科学技術の国でありながら
世界に無二の古い文化を大事にする国としての
象徴となっていただけるように思うのだ

調べたらこうした意見も既にあるらしい
時間をかけて考えてみたらどうだろうか?


d0085887_09405025.jpg
鉄釉四方鉢 旧作





応援してくださる方・・クリックしてね!!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-04-21 09:16 | ●エッセイ | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696