人気ブログランキング |

Shuとドレミの宝物

d0085887_18544170.jpg

この蓋つき壺の制作を始めました
まだ試作ですが 幾つかの後に完成したら
これは長年にわたって
私のために言葉では言い表せぬ程の好意で
電脳生活をサポートしてくれている
Shu&ドレミ夫妻に捧げる作品になります

今こうしてどうにかブログを通して
多くの方と交流できているのは
技術的なことでの彼ら夫妻の支援がなければ
到底かなわないこと 充分理解できていますので 
せめての恩返しともいえます

この壺に納まるのは
Shu&ドレミ夫妻の宝物です
それは一昨年 
11年間の蜜月の後に逝ってしまった
熱愛の愛犬タローの遺骨です
彼ら夫妻の嘆きは遠くから見ていても切なくて
でも慰めようもないほどの深い悲しみなのです

いつか少し気持ちが落ち着いたら相談しよう
君たちの望むものを望むがままに
心を込めて作るよ と約束してあったのです


d0085887_18553491.jpg

その相談で工房に現れた夫妻は
置いてあったこの壺を見て

「このままがいいな・・」
とShuが言い
「ぜったいにずっと手許で一緒に暮らすから
綺麗で優しい壺がいい・・」
ドレミもそう言うのです

それが望みだとわかり
このままで作ることにしました


d0085887_05564265.jpg
在りし日のタロー


どこに行くにも車にはタローが一緒
留守番させての旅行には行かず
一緒に泊まれるホテルしか泊まらず
正に三人は家族でしたから
時々は我が家にも一緒に来て
Shu ちゃんがPCをいじってると
おとなしく座って待っているのを見てました
今もタローの大きな体と優しい性格を
懐かしく思い出します

タローの終の棲家
心を込めて丁寧につくるつもりなのです

-----------------------------------------

この記事upの許可を求めてLineに書いたら
「今 マンチェスターの近くにいます」・・だと
Shu&ドレミが心穏やかに過せるのは
タローと一緒の足あとのないところだけ
このところしばしば海外に出てるのは
きっとそのためだと・・思うんだ
日本にはそんなとこないもんな

それにしても
地球の向こう側から許可が届いて
この一文アップしたのでした
世界は狭い

大昔取材で飛んでいたころに
Lineやメールがあったら
どんなにか楽だったろうに



応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by シュウ at 2019-04-05 01:24 x
そして地球の向こう側にあるレストランのテーブルで料理を待つ間に拝読しました(笑)明日はどっちに行こうか風まかせの旅です。ご明察通り、タローと訪ねたのは北は北海道宗谷岬から南は宮古島まで44都道府県。いまだにどこにもでかけられません。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-05 07:58
読んでいて悲しくなっちゃいました。
白くなってきたシンバの顔を見ると、避けられないことだと、身につまされて…
綺麗な壺ですね〜
野原をかける犬が、夢を見ながら眠れそうな…
Commented by ryuboku2 at 2019-04-05 09:40
昨夜、拝読しましたが、余りにも多くの想いが過ぎりまして、朝日を待ちました。
美しい形の壺を見た瞬間、何故かストーリーが浮かび、正にその通りでした。
遠い異国でないと旅することができない、というご友人のお気持ちがよく分かります。
私は一年以上、命あるものは生花すら買えず、ひたすら自責の念に苛まれました。
車の無い暮らしをしていますので遠くの“ペット霊園”に埋葬もせずにいます。

この清々しい居場所に落ち着く頃には、きっとご友人のお気持ちも新たな方向に見つけられますね。
Commented by mahoroba-diary at 2019-04-05 09:57
私も昨年春、愛犬を看取りました。いまも手元に遺骨を置いています。
ご夫妻様のお気持ち、痛いほど伝わります。
桃青窯さんのご自作の壺。。。どんなにかご夫妻様も慰められることでしょうか・・・素晴らしい交流をお持ちなのですね。人生には哀しみがつきまといますが、心温かい方々との交流は苦難を癒し、励みをいただきますね・・・桃青窯さんのように、心を大切に生きていらした方の言葉はいつも深く響きます。
Commented by touseigama696 at 2019-04-06 06:23
シュウちゃん ドレミさん
ありがとうございます
今どこら辺かな?
家庭教師の先生がいないと
不安な毎日だよ(苦笑)
タローと同じにとは申しませんが
お忘れなくお帰りくださいな!(笑)
Commented by touseigama696 at 2019-04-06 06:26
BBpinevalleyさん
タローはシンバと似ています
身体もだけどその穏やかな
あどけなさもです
我が家の桃次郎も逝って3年
やはり喪失感は今も同じです
Commented by touseigama696 at 2019-04-06 06:30
ryuboku2さん
ありがとうございます
孫で大喜びして
ペットで大泣きする
年寄りたちはみんな同じですね
このふたつに美味しいものと
綺麗な景色があれば完成ですね
その限りでは平和だなと思いますが
さてさて・・呑気でもあるのかな?
Commented by touseigama696 at 2019-04-06 06:36
mahoroba-diaryさん
ありがとうございます
やはりそうですか
みなさん似たような
悦びと哀しみ
共有するものが増えますね
違いを作るのが若者
共感が大事なのが熟年かもですね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-04-05 00:07 | ●畏友交遊 | Comments(8)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696