人気ブログランキング |

ロストshall 症候群

d0085887_06385472.jpg
戦後初めて日本に上陸した時のマッカーサー元帥
毀誉褒貶いろいろあるが 恰好いい軍人だった

--------------------------------------------

I shall rerturn は
かつてマッカーサー元帥が 日本軍の侵攻で
陥落したマニラを撤退するときに残した言葉

これが I will returnでなかったから
後世歴史に残った
shallに秘めた強い決意が「必ず戻ってみせる」と言わしめ
 それが3年後の I have returned となって
マニラに凱旋したのだった

中学時代だったろうか
英語の授業でwillとshallの違いを学んだとき
この史実を教えられた

I will return が I will be back とほぼ同じで
戻ってくるつもりだよ 程度だとすれば
I shall rreturnはもっと強い意志を示す言葉で
「必ず戻ってみせる」は「私をして戻らしむる」であり
戻らしむる主体は 私ではなく「神」だというのだ
その結果 I have returnedは
「戻れた」ではなく神の加護のもとに「戻った」となり
幸運ではなく必至として強い説得力をもったのだ

英語も生きもの 60年も経てば変化もしていて
今ではwillとshallにそれほどの強い区別はないとも聞く
それも無理ない長い時の流れだと思うが
言葉の問題であるよりは 責任ある者の生き方として
shallを言えない指導者たちが増えているのが気になる

希望的観測のwillですり抜けようとする信念不在が
当然の如く「地位ある者の特別な責任」
ノブレスオブリッジをも阻害する
卑近でこれを正しく実行したのはNZ首相しかいない
彼女のメッセージは明らかにshallだ
だから世界の世論は彼女を讃え支持した

彼女に倣う指導者たちが増えてほしい
結果だけが全てではない
強固な信念と決意ある者にもたらされるもの
それをみんなで支えることが大事なのだ

政治は 政治家を育てることでしか実現しない
ロストshall症候群の指導者たちに
willだけでは生きていけないぞと指し示すのは
サイレントマジョリティーの
これまた大事なshallだと思うのだ


d0085887_08352900.jpg
糸抜き茄子紺麦藁手鉢 自作




応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by saitamanikki2008 at 2019-03-30 12:14
こんにちは。
『ロストshall症候群の指導者たちにwillだけでは生きていけないぞと指し示すのは、サイレントマジョリティーのこれまた大事なshallだと思うのだ』
成る程。
↓の掲載記事と合わせて、確かに !! と学び、同感すること多かったです。
Commented by touseigama696 at 2019-04-01 02:23
saitamanikki2008さん
ありがとうございます
言葉のゆるみから政治が劣化してゆくことは
しばしばあって
今もとても不安な時代です
結局国民の強いshallがないと
酷い結末になることもあるので
世界中で頑張ってほしいものです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-03-30 08:41 | ●エッセイ | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696