人気ブログランキング |

創業時代の「オレオレ」さん


d0085887_23045593.jpg
お借りした写真だけど
これ当時私の車につけてあった電話と似たタイプ
これならいかにも電話
安くしてくれさえすればこの程度でよかったのに

・・・・・・・・・・・・・・・・・

どういうわけか世間を騒がせた話題で二つほど
その騒ぎの初物を体験したことがある
社会現象になったのはかなり後のことだった

ひとつは2月に書いた「パニック障害」
「エコノミー症候群」とも深く関係してたが
私が襲われたのは1960年代
どちらも言葉さえなかった遠い昔のこと
言わばはしりで罹った病気だった

もう一つが今日の「創業時代のオレオレさん」である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多分50代はじめのころ 
夜更けて帰宅したら妻がマジな顔して
「あなた 私にナイショの話ってある?」って訊いた

これは妻が夫に訊ねる色々の中で
もっとも嫌やがられるお訊ねだ
「あなた 仕事と私とどっちが好き?」
これと双璧だろうか

事情も分からないのに
いきなり「あるわけないだろ!」って言ったって
何だそんなことかでバレてもいいことだってある
大体妻にナイショがひとつもない夫なんているか?
(いたらゴメン!)
まぁ妻も雰囲気を気取って怒らせないうちにと

「今日の昼間 知らないひとの電話であなたが交通事故を起して
その後始末に幾らかのお金が要りそうなので
用意してくれませんか?」って言われたの
一瞬ドキッとしたけど それならそれで
「主人の車 電話がついてるから連絡してくると思います
本人が言ってきたら用意しますねって返事したら
そしたら切れちゃった」

ガラだろうがコツだろうが 
まだ携帯電話が姿も形もなかった時代
あの頃の自動車電話メチャ髙かった
つけるのも高いが掛けるのも高い
でも事務長だから緊急に備えてと
病院がつけてくれていて助かった
ちなみに調べてみたら 当時
自動車電話の契約保証金が20万円
月額基本料金が3万円
通話料が1分100円とありメチャ高である
多少遠慮はしたものの
電話は公用ばかりとは言えずの使い放題(?)
今なら私的流用ご法度に違いない
有難い勤務先 ありがたい時代だった

思い出したが
ある時軽井沢でのゴルフの帰り道
大きな会社の課長さん位の数人が同乗で帰路についた

コンソールについている電話に気づいて
「あれ!これって電話ですか?
いやぁ~ついてるんだぁ
軽井沢からでも東京につながるんですか?
ちょっと掛けてみてもいいですか?」

承知したら早速ダイヤルして
「あっ! オマエ? オレオレ!
(そういえば誰でもオレオレって言ってたな)
今さ軽井沢だけど車から電話してんの
聞こえる? そっかぁ通じるんだヘェ~!
帰るのちょっと遅いかもな
多分東京についたら軽く一杯になりそうだもんな
じゃね・・」 今なら笑い話だ
書けば他愛ない会話だが 珍しがって結構な長話
1分100円×7分見当×3人=2,100円かな
今の携帯とは比べようもない

新設病院の事務長には贅沢なアイテムだが
その分この電話一台を頼りに関東甲信越地方は
人里離れた技師養成の学校を訪ね 職員集めに奔走もしてた
地図ではなしに学校に直接電話をつないで
道案内してもらいながらの学校めぐりが出来た
走行中通話禁止は後のことだから
「そうです そのタバコ屋の角右に曲がってください
100㍍で学校ですから」 便利だった

やがて携帯が加速度的に普及し
出先の事故と称してオレオレ詐欺が現われた
「あれっ!あの時のあれそうだったんじゃないか?」
創業期のオレオレ襲来 営業テスト期間だったかもである

毎朝のようにNHKが飽きずに繰り返してくれる
オレオレ注意報を見ながら遠いあの日を思い出していた

この先三つ目のお初はあるんだろか
「相続拒否症候群」?? ないない
拒否するほど持ってりゃの話だ

「あなた私にナイショの話ってある?」
そういえば これも最近訊かれることってない

今ならあるのに・・・ボソッ!(笑)


d0085887_16445903.jpg
合わせ掛け灰釉楕円鉢 旧作




応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by jyon-non at 2019-03-10 10:33
今日は。人に歴史あり。生きていると色んな事があったり、おきたりしますねぇ。・・でも、ほんとに良く頑張ってお仕事をなさったり生きてこられたんだなぁと、ますます頭が下がりました。                
それにしても、申し上げたいのは、器の素敵さ!素晴らしくて惚れ惚れしました。何度でも拝見したいです。
Commented by touseigama696 at 2019-03-11 06:41
jyon-nonさん
ありがとうございます
来し方76年の人生ですが
冷静に見れば平坦な時間で
それがまた幸運なことだと
しみじみそう思っています
運不運の分水嶺みたいな場所に
立たされたことが何度かはありましたが
全て運の方に傾いてくれましたから
きっとそのせいだと思いますが
宝くじは決して当たったことがありません(笑)

作品のことお褒め頂き多謝です
写真が良く撮れてたりして・・??

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-03-10 06:03 | ●世相あれこれ | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696