人気ブログランキング |

ふたつのtake off


d0085887_13334946.jpg

10年ほど前に逝ってしまった君が
まだ元気で一緒にコンサートをしてた頃
君のこの舞台衣装を
黒のスリップドレス一枚にしろよ!と
注文をつけ実現するまでに5年かかったのを覚えている
「だって・・恥ずかしいよ」
最初それが君のこたえだった

『でもさシャンソンってそういう歌なんじゃないか?
大きな舞台はいらない
煌びやかな照明もいらない
飾りのついたドレスもいらない
歌い手ひとりに小さなスポットひとつあればいい
そのひとりの人生がしみじみ聴ければそれでいい
何も隠さずそのままの君のシルエットの中に
思い切り君の人生を詰めて語ればいい
歌以外で飾るなよ
それがシャンソンだと私は思うよ』

気丈だから舞台怖じすることのない彼女も
その分とてもシャイで
なかなか思い切れなかったのかもしれない


d0085887_13325951.jpg

この写真は彼女の背中ではない
四半世紀も前このカードを書いた
老いを少し感じたころだが
同時に老いがもたらす「自在」に惹かれたりもして
「脱ぐ」ことが「飛び立つ」ことと同義で
どちらも take offでいいことに気づいたのだった

「いま幾つだっけ?」
「知らないっ!何度答えても覚えてないんだから
もう言いません!」 怒られた

口癖のように聞いてその都度忘れた
でもそれでよかった
毎年ひとつづつ重ねれば
やがてふたつのtake offも解ってくれるに違いない
そう思っただけなのだ

だが10年前に彼女は立ち止まってしまった
もう追いかけてこない
むしろ老いさらばえてゆく私からは
どんどん若い女性にたち返り遠のいてゆく
もしかしたらシャイなおんなに戻って
フランス人形みたいなドレスを着てるんだろか

d0085887_13390396.jpg

うめのかずこ  シャンソン 享年?才
時々CDで声に再会し 歌を懐かしんでいる


d0085887_06180256.jpg
糸抜き線紋黒筒茶碗 自作

きみのために作った黑のコスチュームかな





応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by watmooi at 2019-03-04 11:00
素敵なお話、なんだかじんわりと涙が。
Commented by 今青春でした(苦笑) at 2019-03-04 18:05 x
哲ちゃん’「うめのかずこさん」ココにも熱烈ファンが居まっせ。
戴いたCDは宝物です。CDの他・・ぐい吞み・大皿も健在です。
アルバム最後曲「ラストワルツ」「うめのかず子さん」ならではの歌唱です。
親友が、早すぎる旅立ちに・・・思い出しては、名前を呼ぶこともあります。
http://book.geocities.jp/skyhero01/syasin/2019-3-4-7.jpg

Commented by touseigama696 at 2019-03-05 06:18
watmooiさん
ありがとうございます
お孫さんとの蜜月何よりの春ですね
Commented by touseigama696 at 2019-03-05 06:20
今青春でしたさん
ありがとうございます
きっとうめのさんも喜んでいると思います
いつまでもファンでいてあげてください
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-03-04 08:22 | ●エッセイ | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696