人気ブログランキング |

自前工房までの日々



d0085887_19465770.jpg

去年の秋 教室を閉じましたが
このふたりには私からの要請で
助手さんとして残ってもらいました

わたし独りではできないこともあって
手伝ってもらいながら 数年後の
独立を目指して準備を進めてゆくことになったのです

ふたりとも私の教室では一期生みたいなもの
15年からのキャリアに
教室だけのプログラムではなく
いずれプロなら知っていた方がいいことも
併せて稽古してきたせいで
殆どオールラウンドで仕事ができるから
窯を覚えれば後は自立の道が待ってます

そのために
久しぶりに公募展を目指して制作に入り
60㌢強の大皿を挽いて 搔き落としでの加飾
それを目標に動き出しました


d0085887_19303185.jpg

今日は〇原さんを追うことにしました
15㌔の黑泥でロクロ挽きです


d0085887_19305481.jpg

土塊に芯をだし 土殺しが始まります
バームクーヘンの巻き癖を消して
むらのないカステラを作るような感じ
これができてないと
器は乾燥する時に四方八方に引き戻され
乾燥切れを起こしたりするので大事な作業です

ここら辺は大胆に力勝負です
いじればいじるほど土は疲れますので
素早くしっかりと力を使います


d0085887_19332611.jpg

筒状に引き上げてゆきますが
この高さ次第で皿の径が決まります
大きな皿は高い筒を倒して成形するというわけです


d0085887_19321301.jpg

口縁部を倒しながら皿にしてゆく工程に入ってます

隣りの女性〇井さんは出品作を組ものと決め
25㌢径程度で同寸同姿の鉢5~6客が狙い
目下鉢の姿をどうするか
シルエットの試作が続いています
いずれそちらもご披露できればです


d0085887_19335231.jpg

見込みの一番難しいところにかかっています
この辺りが厚すぎると大きさも確保できず
姿も野暮になりやすいところ
過不足のない厚みまで押せるかが肝腎です

d0085887_19341545.jpg

鉢から皿に変貌する口縁部の広がりが見えてきました
見た目では判りにくいけれど
主として右手が仕事しているように見えますが
ここでは左手の力と動きが大事です

口縁部が遠心力に負けて倒壊しないように
僅かな力で支えているのは左手なのです
その力加減がきれいな皿を生むことになります


d0085887_19345240.jpg


見込みの底のシルエットにやや不満を感じますが
予定通り60㌢のやや深めの大皿になりました
このまま明朝まで乾燥させ 午前中に削る予定だそうです

ベストなタイミングで作業を進めるのは作品の進度次第で
週一回の教室では難しいことが多く
作品に合わせて工房に出入りする工夫も必要になってきます


d0085887_19480039.jpg

〇原さんの加飾は目下は「搔き落とし」技法です

これは赤土の大皿の全面に白化粧を吹き 乾燥したら
オリジナルのデザインでアラベスク風の紋様を下書きし
へラで搔き落とすとこうなります
当然ですがここまでは生土での作業
慎重に扱わないと破損させて
泣いても泣きれない羽目になるから気が抜けません


d0085887_19351970.jpg
(上部口縁部の黒ずみはカメラノイズのためで
作品には関係ありません)


これを素焼き窯に入れますが
稀に切れることもあります
仮にそうした目に合っても それを嘆くのではなく
足りなかった技術の補完に意識を切り替え
準備の完成度をスキルアップしてゆくのが
多分プロの道の表参道だと考えています

何事もなく作品として無事に焼きあがるのは
実に幸運なことでもある世界です

「器は壊れたが技はもらった!」
壊れることは無駄ばかりではありません
私の経験にもそれは何度もあったことです


d0085887_06134418.jpg
〇原さんの那須紺の搔き落とし大皿 旧作





応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by 今青春でした(苦笑)¥ at 2019-02-24 20:42 x
哲ちゃん’昨秋に教室を閉館されたんですね。
ちょっと寂しいけど、力強い後継者さんが繋いでくれて師匠冥利だね。
日本橋「三越」の個展。生で見させて戴きましたので、哲ちゃんの偉大さを痛感しました。
月一回の「ランチ会?」何処の教室にもない温かさ・・これも仁徳の哲ちゃんだゎ。
Commented by touseigama696 at 2019-02-24 23:01
今青春でしたさん
ありがとうございます
遠い昔を知られてると気恥ずかしいね(笑)
劣化してゆくものと仲良く暮らさないとと
やや穏やかになりつつある日々です
今青春!と思いたいな(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-02-24 05:36 | ●工房便り | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696