人気ブログランキング |

道にも「一期一会」が・・

d0085887_09322217.jpg

ほぼ一か月半 入院騒ぎを真ん中に
殆ど外出らしき外出もせずにきた

だからかもしれないが昨日は 午前中の外来で
そもそもの主訴「腹直筋血腫」の全治を告げられ
ちょっとした開放感から
珍しく独り車を走らせて南房総をドライブした
「海が見たい!」 長時間の蟄居を強いられると
ときどき起こる発作みたいなもの
そういう時は外房の遠大な太平洋がいい

高速を降りて
内房姉ケ崎あたりから内陸を安房鴨川へ
懐かしくも走り慣れた道である

13年前に逝った父
それから3年して後を追った母
ふたりとも90歳を越えての長命だった

60代も半ばのころのように思うが
ふたりの望みで南房総の暖かな山間の老人施設に転居し
多分20年以上を時折りの見舞いで
2時間かけて通ったのがこの道だった

ひとに一期があるなら 道にも一会はある
丁度10年前 亡母のミサを済ませ
もしかしたらこの道を走ることも もうないかも
そう思った道だが 10年ぶりに走ったことになる

d0085887_09324553.jpg

小高い丘の上の緑を見下ろすように聳える
結構大きな高層マンション
手前の建物も付帯する施設で敷地は広い
ここが亡父母の終の棲家だった
折角だから訪ねてみた
向こう側の南面の窓からは燦々として陽が溢れ
室内は真冬でもTシャツ一枚で過ごせる
老人には何よりの寒さ知らずだった

写真の右手には更に介護棟があり病院があり
その先には霊安所もある
行き届いた施設で最後まで看取ってくれた
だから兄弟のない長男だが直接介護をすることもないままに
見舞いの数を重ねて増やしただけで見送ったのだった
丁度10年 光陰はまさに矢の如しである

これもまた懐かしい鴨川の海岸には出たものの
折悪しく細かい雨が降り出して 海辺を歩くことは叶わなかった

やむなく館山 木更津を経て
ドライブだけで帰宅したのは夕方だった
 再びあの道を走ることはあるだろうか
「一期一会」
ひとにも道にも想い深くあるものだ



d0085887_06434468.jpg
ぐい吞み  旧作





応援してくださる方・・クリックしてね!!

Commented by jyon-non at 2019-02-24 21:55
素晴らしい器。素晴らしいお話を伺いました。
Commented by touseigama696 at 2019-02-24 23:08
jyon-nonさん
ありがとうございます
ひとは死して時間の向こうに
立ち去りいつかそれにも慣れます
あれから10年 到底そんな遠い日
のようには思えないけど 慣れて
きています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2019-02-23 05:35 | 〇忘れ得ぬ「思い出」 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696