人気ブログランキング |

豊洲市場・・初見え

d0085887_10040675.jpg

地上約140㍍高層マンションの41階
そこが・・彼ら夫婦の隠居所である
隣県にある本宅とここを行き来し
アーバンとカントリーの二種類の日々の使い分け
豊かな老後である

d0085887_10044999.jpg

去年も同じことをしたが
高校時代のクラスメイト三人がそれぞれ妻を伴い
この隠居所にほど近い
月島の馴染のもんじゃ焼きでランチを楽しんだ


d0085887_10043732.jpg

天空の主の手さばきで一年ぶりにもんじゃを味わった
陽射しはあったがやや肌寒い土曜日
鉄板で焼いた魚介や肉と野菜
程よく刻まれてもいて老人の腹には具合がいい
土曜日の昼さがり軒並みのもんじゃ屋さんは賑わっていた


去年もそうだったが座ってみれば
女三人と男三人に分かれてしまい
ここでも私立男子校の悪弊が名残りを晒している
もっとも妻たちも孫の話題の方がましのようでもあった

d0085887_10214995.jpg

目的のひとつは豊洲市場の見学
マンションの眼下に見えるのがその全貌である

天空夫人の心づかいのCake&Coffeeで
暫く男同士の「悪口雑言罵詈讒言」の思い出話に花咲かせ
やがて豊洲市場に初見えの仕儀ともなった

大昔東銀座に通勤していたこともあり
築地時代の市場も馴染みではあった
あの頃だって既に老朽化してた筈だが
豊洲の新市場 直感的には失望だった

無理もない 無秩序な古めかしさは
それが衛生上不適なのは承知で
でもまるで飛行場に来たみたいに
整然としてコンクリートに包まれるのは
想定しない違和感がある
中店の食堂にしてみても
廉価お食べ得の満足感は予期できそうにない

この豊洲が肌に馴染むような印象になるには
きっと50年先の使い古し感が必要だが
コンクリート建築に古代仕上げって技法はなさそうだ

12歳の初対面から64年
少年期・青年期・実年期・老年期
共に古代仕上げに余念のなかった我ら三人
健在でいてくれる妻たちに
せめて復元仕上げの暇と手間賃を献上し
いよいよ美しからんことをである





応援してくださる方・・クリックしてね!!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2018-12-09 12:15 | ●エッセイ | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696