人気ブログランキング |

自在

d0085887_06352936.jpg

商家だった親の代からの実家を処分し
この小さな隠居所に転居した際・・思いっ切り物を捨てた
20室のぼろ家から7室の新居
思いっ切り捨てなきゃ・・入らない

若い頃に作ってもらった桧のテーブル以外の・・家具全て
壁全面を埋めていた5千冊の書籍
滅多に着ないスーツやジャケット類50着ほどを含め
目先必要な一握り以外の全ての衣類
どんな思い出があろうが家族写真以外の・・諸々の日記や記録類
ともかく・・あらゆるものを自分の手で捨てまくり
市の処理場の窓口の方と顔見知りになるほど通った
本気で考えて・・これは捨ててはいけないって思えるものだけ
それだけで引っ越したのだった
計量的に言えば・・90%は捨てた筈だ

転居して4年・・一つのことに気づいている
あれだけ捨てながら・・しまった!は一件もない
つまり物はいうまでもなく・・こだわりさえ9割捨てて悔いはない
決心すればその程度のことなのだと悟った


10年前に書いた『自在』・・改めて実感している
人生の思い出は・・記憶にあればそれでいい
それさえも歳と共に・・次第に消えてゆくが
それもそれでいい

老いてなお僅かでも綺麗なものが残せるとしたら
こだわりを捨てた自在な背中がいい
自分の目では見えないということも・・実にいい




応援しくださる方・・クリックしてね

Commented by gaunn at 2018-12-02 08:51
おはようございます90%処分?
皆さんこの頃よく耳にする終活、、昔の皿はとっくに処分した
果ては財産まで何とか、、聞いてあきれる自分遺族の妻であり一人で
手放さず頑張ってきた母を思うと、、やれ終活処分せよ
今時は田畑山、、誰もいらない時代聞くたびに胸が熱くなる
昔人間なのかも、、。
Commented by zoushoin at 2018-12-02 10:08
達観。
最期まで捨てられないものは何でしょうね?
ここまで思い切るには相当なことがおありだったのでしょう。

わたしは樹木葬にすると決めて、お骨が入るだけの土地を買った日。
本当の意味で死んだあと土に還るのだと思った時、胸の中が澄んでいくのを感じました。そしてなぜか生きてやるぞとおもったものです。
Commented by touseigama696 at 2018-12-03 07:40
gaunnさん
ありがとうございます
どういう意味であれ
私にしても・・もう古い人間なのだと
痛感する毎日です
でも懸案だった終末整理が済んで
随分と気楽になりました
Commented by touseigama696 at 2018-12-03 07:47
zoushoinさん
ありがとうございます
最後まで捨てないもの一つと言われたら
多分ヴァイオリンにするでしょう
子どもの頃以後殆ど弾いてないのですが
親父が終戦直後のあの時代に
一か月分の俸給を費やして買ってくれたと
きいてますので やはり捨てられないですね
自分で買ったものなら何でも処分できそうです
作品は自分の命より長生きしてくれる一点が
美術館で収蔵してくれていますのでそれで充分です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2018-12-02 08:33 | ●てつ56 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696