人気ブログランキング |

隣りの展示室で・・何と

d0085887_20403620.jpg


今日(11/20)から始まった第14回伝統工芸陶葉会展
千葉県立美術館での初日でしたが・・私の当番日でした


d0085887_20405215.jpg


かろうじて間に合った三点を出品しましたが
自分のこととは別に知らずにいてびっくりの出来事がありました
今日はそちらの話題に・・


d0085887_22114427.jpg
         中山忠彦--永遠の美を求めて 画集より表紙絵


ホールを挟んだ隣りの展示室で
それも三室ぶち抜きの大空間に
華やかな大作がずらりの・・この展覧会
「中山忠彦--永遠の美を求めて」
が開催されているではありませんか

千葉県立美術館の主催によるこの企画展は
11月3日に始まって・・来年1月20日までの会期
当番が終ってから早速鑑賞しました


d0085887_20433200.jpg

私の手元にある図録は三冊
1985年・2008年・それと2018年開催分
勿論開催されたもの全てを見ているわけじゃなくても
この規模は毎年のように開かれる展覧会ではありません
チャンスを見逃さずにすんでラッキーでした


d0085887_20442089.jpg

中山画伯の画歴のコンセプトには大きな柱があります
一貫して良江夫人がモデルを務め
ヨーロッパのアンティークなコスチュームを纏って描く
長いことこのシリーズの大作を拝見してきたものです

絵画もまたあくなき美を求めて遥かな道ですが
多くの場合賛否分かれるものもある世界
しかし・・中山先生の絵は
百人見て百人が是とする美しさに溢れているように思います
この絵が掛かっていて困る場所は何処にもない
そんな思いで拝見してきた半世紀なのです

途中からそのコスチュームやアクセサリーの小物を含め
ご夫妻でヨーロッパで蒐集されるようになり
そのコレクションも盛名を馳しておいでです
今回の展覧会でも展示されていますから
見事な衣装を見ることができました


d0085887_20444495.jpg

実は中山先生ご夫妻は
我々夫婦の旧宅時代お近くだったので
多少のご縁があっておつき合いいただきましたが
お二人とも気さくなお人柄
大家の素振りをお見せになるようなこともなく
とても穏やかなご夫妻なのです

まだ私がテレビに関わっていた頃
小さな番組でしたが
個性的な生き方のご夫婦を取り上げる番組で
先生のアトリエで取材させていただいたことがあります

その頃も良江夫人がモデルで
天井の高いアトリエに大きなイーゼルを立て
当時でも素晴らしいオーディオ装置で
バロック音楽を聴きながら
静かにゆっくりとした時間を取材したことを思い出します

日本洋画壇の重鎮として
今もご夫妻でご健勝にお過しと聞きます
ずらりと並んだ良江夫人の大作画を拝見し
久しぶりにお目にかかった気分なのでした

帰宅して妻に仔細を話し
あらためてふたりで鑑賞に赴くことにしたのでした




応援しくださる方・・クリックしてね


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2018-11-20 22:28 | ○展覧会 | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696