人気ブログランキング |

安住のカオス

d0085887_06361557.jpg

この月末で・・教室は終わる
20年の日常の日々に・・ひとつのピリオドだ
始めたころを思い出すと・・感慨深いものがある

52歳で始めた晩学陶芸だったから
毎日が・・知らないこと判らないことだらけ
なのに・・通りすがりの人たちが集まって
いつの間にか自然発生的に生まれた教室だった

教室というよりアジト・・溜まり場の方が当たってる
だから・・やがて人の流れが減り
自然消滅的に消えて終わる・・それがいい
看板掛けてない分外す必要もない・・それもいい

残された時間を・・自分のために生きる
我がままが許される歳になったと・・思いたいのだ


d0085887_06362681.jpg


子供のころから・・片づけ下手だった
今でも決して得意ではない
でも・・だからといって何やら症候群というほど
病的な混沌に埋もれてるわけじゃない

気取って言えば・・安住のカオス
余りに整頓が行き届くと・・安住が失われる
それが・・ずぼら者の美学とでも

微妙に散らばっていて・・でもどこに何がある
それが把握できてる程度の乱雑が・・私は好きだ
つまり安住できるってことなのである

思い出すことがある
まだテレビの番組を作っていたころの話
それは住まいをテーマにした番組だった
ある高名な建築家が設計したお洒落な家を取り上げた

モノトーンをコンセプトにして
資材も調度も・・白と黒の調和を満たすように
厳しく選別されて建てられていた
どこから撮っても絵になる家だったが・・撮り終えて
女性の施主さんが言った言葉は忘れない

「素敵でしょ!・・でもとても住みにくいの
置けるもの使えるものが限られてしまって
落ち着いて暮らせないのね・・まるでホテル住まいみたい」

安住のカオス・・心地よい混沌
真剣に原稿書きに集中してると
段々に秩序は乱れ・・カオスが顔をだす
程よい狭さと混沌が・・私のコックピットなのである


掲載の皿は・・モノトーンがコンセプト
カオス(混沌)ならぬコスモス(秩序)の世界かな?
料理に嫌われるかも・・?



応援しくださる方・・クリックしてね

Commented by BBpinevalley at 2018-10-25 13:37
こんにちは。
何がどこにあるか、下手すれば手探りでもわかる自分の空間は、どこよりも落ち着くものですね。
自分の「お城」だと思います。
建築やインテリアの雑誌を見ていても、単に模型が実物大に出来上がったという感じのスペースには魅力がありません。
垣間見える緑や、読みかけの本や、子供のおもちゃが似合う空間でないと、つまらないですよね。

⬇️ 私も日本のテレビのアナウンサー言葉にはうんざりします。
なんだか内輪だけに分かる話し方とニュアンスに満ちていて、内容度に欠けるというか、「独りよがり」な感じがします。
意味もない受け答えや相づちが多くて、まだるっこい。
放送するだけの内容のあるものを製作しているというプロ意識が、ほとんど感じられません。
NHKの一部の番組くらいです、面白いナって思ったのは。

Commented by touseigama696 at 2018-10-27 08:22
BBpinevalleyさん
ありがとうございます
個性的というのは・・
何でもそうかもしれないけれど
目立つけど快適ではない
ってことがしばしば・・ですね
同時に二つ持つって・・大変です(笑)

最近のアナウンサーは
やはり訓練不足のまま実践
本番で育てるな!・・ですね
ウィンブルドンはテニス教室ではない!
そう思うべきじゃないのかな?

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2018-10-25 09:02 | ●エッセイ | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696