人気ブログランキング |

老いて・・気づくもの

d0085887_22062798.jpg

相変わらず毎晩の日課・・4㌔歩行は続いている
足腰の劣化を防ぐ目的もあるが
一方で・・歩いてるおよそ45分
暇な頭にも・・課題をつくり脳の劣化を
多少でも取り戻せればと・・しごいている

それは・・「思い出す」という行為だ


d0085887_22063789.jpg

歩きはじめに・・いつ頃のことを思い出すか決める
子どもの頃のことだったり・・あるいは
昨日のことだったりする

少し歳を重ねれば・・誰でも言うが
子どもの頃のことは鮮明に思い出せるのに
最近の出来事は・・覚えていられないものだ

どうやら脳の働きによるもので
大雑把にくくれば
最近のことは・・海馬が保存し
長い記憶は・・大脳皮質に蓄えられるようで
子どもの頃に・・海馬から大脳皮質に移した記憶の量が
古い記憶なのに今でも使えて・・賢い老人の原資になる


d0085887_22064707.jpg

例えて言えば
子どもの頃に記憶したものの量が多いってことが
おもちゃ箱の積み木ブロックの量が多いってことで
多ければ多いほど・・老いてもなお
大きくて複雑な汽車や船の模型を作れることになる

更に・・ややアカデミックに言えば
学校時代に気をそらさず勉強したひとは
社会人になってから・・仕事に生きるノウハウを
沢山持ってるってことになるはずである

そこで老いて気づくもの第一・・私の場合
あぁ~小中高時代もっと勉強しときゃよかったである
「少年老い易く・・学成り難し」
これは覚えているが・・具体的な中身を忘れてた

きっと・・闇雲にでも
覚えられるものは何でも覚えておくべきなのだ


d0085887_22065948.jpg

これだけ毎日糸を貼り続けた・・糸抜きの器
この技法・・海馬から大脳皮質に引っ越してるだろか
一度・・脳に訊ねてみようっと





応援しくださる方・・クリックしてね


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2018-06-20 23:33 | ●エッセイ | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696