ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

材料探しの苦労

d0085887_05074186.jpg

ロクロの背面棚に置いてるものは
殆どが加飾に使う材料類です
今では頻繁に使うわけでないものもあって
雑然としていますが
それも作風の変遷を告げるものなのです

陶芸に限ったことではないにせよ
自分なりの仕事に収斂するまでには
無数の試作があって
それに要する材料をどう手に入れるか
電話一本で何でも揃うという時代じゃなさそうです

伝統窯業地ならば
需要も多いからそれなりの専門店があっても
私のような立地では・・簡単ではありません
ふり返って・・どうしてきたのか
ちょっと触れてみるきっかけが生まれました


d0085887_05081563.jpg

今月発売の・・陶遊166号が
色化粧土技法と題して
私の作品の制作過程にも・・取材がありました
12頁に亘る丁寧な技法解説が紹介されています

d0085887_05082432.jpg


試してみたいという方のために
参考になればと・・材料の入手方法にも触れていますが
熱心な読者から・・「欲しい顔料が
記載の専門店で扱われていないようで
何処でなら手に入りますか?・・」
の問い合わせが編集部に届きました
私の不注意で扱い店の取り違い・・ごめんなさいです

こちらで確認し
メーカー名をお知らせしましたが
冒頭にも書いたように
ここ一社知ってれば万能とはいかない昨今
欲しい材料を手に入れる情報と方法には
幾つかの手段に頼るしかないかもしれません

たまたま情報として書いてくれた専門誌に
問い合わせるのも一法ですが
私の知る限り・・ネットで検索して
欲しいものを突きとめ
ネット販売を主力にする代理店さんに注文する
これもかなり効果的な手段です

私が多用する方法は
車で2時間ほどの笠間・益子に出向き
土を仕入れながら・・組合や専門店を訪ねて
訊いたり探したりです

それと
美術工藝・各種趣味のコーナーに
広いスペースを割いている
大型ホームセンターも便利です
ついでに見つけたら
買いだめしておくこともしばしばです

雑誌タイプの陶芸専門誌にも
各種メーカーさんが広告してる場合もあります
更に
プロの陶芸家が主宰するブログなども
こまめに読んでいると
参考になる情報があります

風潮として是非にも心がけたいのは
熱心に挑戦しようとする愛好家と
それをサポートしようとする専門家の
互いに思いやる気持ちが・・個人に止まらず
全体としての陶芸を豊かに育てるのじゃないでしょうか

陶遊163号から連載していただいている
私のエッセイ「窯だ!行進曲」の第一回で
私はこんなことを書きました

陶芸は「問う芸」
「問うて教えを乞うしかないことだらけの陶芸だが
それでもなお・・
自問自答で答えを見つけようとする
自助が大きな力になる」

・・・・・・

材料というより技術的なことですが
陶芸は「盗芸」
「言うまでもなく教えてくれるのを
待っているようでは大成しない
言い古されたことだが「盗め!」である
良い仲間は地味豊かな土壌
盗りつ盗られつで互いに成長できる」

52歳から四半世紀の晩学陶芸に身を置き
その殆どを独学で過ごしてきましたが
自分で探し・・自分で見つけた答え
納得と責任を担保する
最善の手段かもしれません

今では・・苦労も工夫のうちと
愉しむようにしています
私にできることでお役に立つことがあるなら
お知らせすることにやぶさかではありません

このブログを通して
楽しいおつきあいができますよう

さりながら
陶芸の数少ない専門誌「陶遊」
ひとりでも読者が増えることは嬉しいことで
是非応援してあげてくださることを
心から願っています





応援しくださる方・・クリックしてね

[PR]
by touseigama696 | 2018-05-16 07:46 | ●窯だ行進曲 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード