ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

人間味・・って

d0085887_08542631.jpg

もし・・ロクロが下手だったら
丸い壺を挽いても丸くはならない
水平に輪切りにしてみれば・・すぐ判る
真円ならどこでも一致するはずの切り口が
輪切りにした時と同じ位置でしか合致しないはずだ

下手だったらと書いたが・・実はどんなに上手くても
全点で合致する真円を挽けるひとは・・滅多にいない
輪切りにした壺は・・一点でしか合致しない
それが普通なのだ

さて・・とても興味深い言葉に出会った
先日お邪魔した柿傳で
ご店主の安田さんからいただいた・・機関紙「茶の湯」
去年亡くなられた林屋晴三さんの追悼号で
その中に

d0085887_08543710.jpg

これも先日触れた現代志野の第一人者
鈴木蔵さんが・・こう書いておられる

d0085887_08550340.jpg
        写真は「名碗を観る 林屋晴三著」世界文化社刊より 


志野の国宝「卯の花墻」を評して
林屋さんが述べられた所感のようだが

「・・この造形を輪切りにした時に
重なるところは一カ所しかないこと・・」
と賛美しておられる

この言葉の真意や如何に?である
ほっとけば真円に至らず
どの道一点でしか重ならない造形が
この茶碗では正にそうできているでは
賛美に値しそうにない・・とすれば
一点での重なりが美であるには
目指したものが真円であり
限りなく丸く作ろうとして
なお至りがたく僅かにずれた歪みこそが
人間味といえば人間味であり
「見る場所によって表情が変って
いろんな風景を連想させる」・・に帰結する
そうした文脈のように思えるのだ
そう思って見るせいか・・この茶碗
他に見る志野に比べて・・端整な作りに映る

「染めでできる僅かなムラを・・狙ってはいけない
機械のように正確に染めたくて
でも・・どうしても叶わず
僅かに残るムラだけが
かろうじて味として許される限界
最初からひとのすることだ・・仕方ない
それはダレた仕事でしかない」

遠い昔
江戸小紋の職人さんが
そう言っていたのを思い出し
同根ではなかろうかと・・暫らく考え込んだ

もしこの推論が外れてないとしても
丸いものは・・どこまでも丸く
真っすぐなものは・・限りなく真っすぐに
できればそうしたいと願ってきたが
僅かなゆるぎ・ひずみに美が宿る
まだ到底そう思える域にはいない
たっぷりと日暮れて
しかし全く当てのない道は
どこまでも遠いのである





応援しくださる方・・クリックしてね

[PR]
by touseigama696 | 2018-04-17 09:16 | ○陶芸雑感 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード