ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

棋士の将棋倒し・・?

d0085887_06404867.jpg
左が無念の敗北を喫した三枚堂達也六段
右が勝利した藤井聡太六段
会釈して負けを認めた一瞬・・一昨日のことである
将棋は門外漢の私だけど
ある興味を持って・・この勝負注目していた

先日も書いたが
日本将棋連盟に所属する棋士160数名
一般論で言えば・・全員が将棋の天才
その天才集団の中に
またとんでもない天才が一人現れて
160人の天才に・・文字通り
将棋倒しが起こっちゃいそうだ

ここら辺でガツンと一撃しておかないと
将棋倒しが止まらないと
立場上世代間防壁の使命を負ったひとりが
三枚堂六段である
年初の公式戦で既に一回勝っているので
連勝して藤井六段をへこませたいところである
そのためにかなり研究もしてるはずだし
相当な気合も入っていたに違いない
それが無念にも返り討ちに沈んだのだった
その勝ち方を見ていて
こりゃまた何という強さ・・驚嘆なのだった

将棋のことは分からないが
藤井六段の凄さを感じさせる幾つかのエピソード
書いてみたくなった

you tubeの棋譜をスクロールしながら見てると
何人かの棋士との対戦で
似たような一瞬に出会った

大抵は
相手方の王様からかけ離れた辺りに
藤井六段が歩とか香車・・桂馬といった
軽量の駒を配することから始まる
その一手・・決定的な一手には見えないが
相手方は・・??予期せざる手と身を乗り出す
暫らくじっと凝視してるが・・やがて
何かに気づいて俄かに慌てた様子を見せる

藤井六段の泰然とした風情と対照を為す仕草に見え
そこから先・・何手か進行しても
それまでとは流れが変わり
相手側の精彩は・・次第に鈍くなる
明らかに遠い先の負けに気づいた一瞬だと判る
「この歩一手で形勢が逆転しましたね」
解説者のコメントにも・・それが現れるのだ

おどろおどろの重火器でなく
たった一人のスナイパーの一発の小銃弾が
それとは予期せぬうちに相手を制する
まるでゴルゴ13のようである

将棋に・・「詰めろ」という言葉がある
今差した手を放っておくと
次の一手で・・何手か先に詰んでしまう局面のこと
言ってみれば・・将棋は
一手でも早く・・敵王に詰めろを仕掛けるゲームなのだ
それを見つけるために・・予想手を考えることを
「読む」というが・・160数人のプロ棋士たちは
時間さえあれば・・百手でも二百手でも読める
なのに・・藤井六段の一手が
その読みを外すほどの意外手であれば
その道の天才たちは・・驚天動地で慌てふためくわけだ

じっと静かに盤面を見つめる藤井六段
しきりと頭や体をゆすって活路を探す相手方
そこに見える勝負の綾は・・実にドラマチックだ
暫らくして・・三枚堂六段は
意を決し軽く会釈して負けを告げた


d0085887_06405653.jpg

もう一つのエピソード
将棋には・・それぞれに持ち時間が与えられる
棋戦によって異なるが
例えば・・持ち時間6時間とすると
この時間内は・・自由に時間を使える
一手に5時間かけても構わないのだ
そして・・この時間を使い切ると
幾つかの方法に分かれるが
その一つは・・次からは1分以内で差せに変る
秒読みは・・その1分をカウントする声である

この持ち時間・・自分のための時間ではあるが
同時に相手側の時間にもなる
自分の時間を1時間かけて考えてると
相手は・・その1時間自分の時計を使わずに
考えることができるわけだ

互いに1分将棋になって
1分で手を決めねばならぬ時
相手の1分を使えるか使えないか
それは大きな駆け引きでもあり
だから相手が差したら・・即座に自分が差す
それも作戦になるのだ

差し迫った局面での1分と2分
その差は大きい
藤井六段の将棋では・・こうした終盤を
ノータイムで差すことがしばしばある

自分にもリスクはあるが
相手に時間を与えないことで
ミスを誘う緊張が生まれるからだ

年配の棋士ならともかく
15歳の新人にそこまでの余裕があることを
俄かには信じられない思いで見る
それができるのも・・読みが深くて
詰めろがみえているからともいえよう
ともかく規格外れの天才が現れた
日に日にその思いが強まるが

天才棋士たちの将棋倒しを見てみたい
160人にどやされても
それが楽しみになってきた

勝って深々と一礼する藤井六段
天才だが変人でははない
健全な常識を持った大天才
もしかしたら・・これも珍しいことだ
そう思えてならないのである





応援しくださる方・・クリックしてね

[PR]
by touseigama696 | 2018-03-17 05:52 | ●エッセイ | Comments(2)
Commented by 夢工房あすか at 2018-03-18 00:13 x
こんにちは、一昨日、私の教室の男生徒さんのオブジェ作品を大分市の
美術館内のカフェ&レストランのギャラリーコーナーに展示してもらいました!
販売もしてくれるそうなんですが、みんなに観てもらえると想うと嬉しくなります。
展示した写真を夢工房あすかのホームページのトピックス欄にもアップしました。
又、HPの商品欄にはイラストレーターの女生徒さんの作品もアップしてます。
お二人ともご夫婦で来られてます。むつまやかく楽しく陶芸に励んでおられます。
大分に来られた折には、お食事をかねて大分市美術館へも足を伸ばしてみて下さい。
藤井聡太六段は小さい時から心を打ちこんで今があるのでしょうね! 精進ですね!! 
             (URLを入れ忘れたので再送します。失礼)
Commented by touseigama696 at 2018-03-18 20:25
夢工房あすかさん
ありがとうございます
最近は政界・官界・実業界は
実に体たらくですが
スポーツや文化では
若い人たちの躍進がめざましく
すこし気持ちが明るくなります
大人がダメですね・・(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード