人気ブログランキング |

在りし日の「桃次郎」

d0085887_22414332.jpg

壁に掛けたこの遺影を撮ったのは
去年の今日の・・午前中だった
陽ざしの暖かい朝だったように思う

そして・・同じ日
これを書いている今から数時間後
妻の部屋で寝ていた桃次郎は
妻が僅かに目を離した隙に
黙って独りで旅立った
それが・・柴犬の矜持だったろうか

今はこうして
私の作った骨壺の中で
妻の背中越しに座っている
家族の様子が一番よく見える場所なのだ

「モモジロウ!・・ハム食べるかぁ?」
ときどき・・こちらも声をかけるが
答えてはくれない
でも・・生前と一緒できっと通じてる


d0085887_08211983.jpg

娘に抱かれ・・娘の贈りものとして
我が家にやってきた桃次郎
まるで豆狸だった


d0085887_08014965.jpg

やがて成犬ともなれば
正統な血統が物をいうのか
凛々しい柴になった

d0085887_08293168.jpg

朝晩の散歩が一番の日課
私と妻の交代で連れ歩いたが
散歩させているのは・・我々なのか桃次郎なのか
いつもこちらが引っ張られていた

d0085887_08374080.jpg

彼は・・17年の生涯を
室内と二階のベランダで過した
庭はあったが建物の陰で暗かったから
日当たりの良いベランダが・・彼の庭だった
朝になると・・このガラス戸からベランダに出た

d0085887_08260956.jpg

豆狸のころからの愛用のかごが
彼のお気に入り・・狭いだろうに
大きなお世話とばかりだ

このベランダに扉はなく
外階段から逃げることもできたが
まるでエアードアーがあるみたいに
決して階段を下りることはなかった
どうしてそう決めたのか・・今でも判らないが
逃げる必要もない・・安穏な生活
もしそうだったのなら・・そりゃ嬉しいというもんだ


d0085887_08280462.jpg

無駄吠えもせず・・あちこち疵だらけにするでなく
性格の優しい柴だったから
近所の子どもたちにもされるがままに
撫でられていて・・人気者だった


d0085887_08432869.jpg

我々と一緒に転居して3年
ここは彼にも隠居所だった
階段も床も敷物が敷かれ
滑っても転んでも安全を図り
居間から玄関は・・エレベーター
お犬様の晩年・・枕つきで寝ていた

17年という歳月は
我が子でも青年に育つ時間
桃次郎も・・大事な我が家の家族だった
一年たっても・・喪失感に変わりはない

在りし日の彼を思い出しながら
夜は更けてゆく



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

Commented by saitamanikki2008 at 2017-10-29 07:09
お早うございます。
早朝散歩に行けなかった雨降りの日曜日。
愛犬の想い出を綴られた愛情溢れる文章から、
温かい朝の気分になりました。
心の早朝散歩しました。
ありがとう。
Commented by touseigama696 at 2017-11-01 08:04
saitamanikkiさん
ありがとうございます
2日ほど留守をしていて
返信が書けずすいませんでした
桃次郎の喪失感は
夫婦ともやはり今でも同じです

でも介護が不要になって泊りがけの
旅行ができるようにもなったわけで
ありがとね!・・って声をかけました(笑)
Commented by シュウ at 2018-11-06 11:42 x
かわいかったですね、桃次郎。和犬忠犬の鑑でした。マロンもずいぶんと衰えて来ました。
Commented by touseigama696 at 2018-11-06 12:26
> シュウさん
ありがとうございます
マロンも老いたんだね
あいつらの新婚時代
ついこの間みたいなのに・・トホホ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2017-10-29 00:11 | ●愛しきものよ・・ | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696