人気ブログランキング |

工房にいて・・思うこと

d0085887_06105211.jpg

毎日を・・決して呑気にしてるつもりはないが
しかしまぁ・・雨が降ろうが槍が降ろうが
毎朝定時に起き
慌ただしく着替えて・・会社に行く
もうそれは・・私にはない

雨が降ってりゃ・・今日の外出はやぁ~めた!で済む
いや僅かに約束はあるから・・済むことが多いにしとこ

教室日以外の週4日は・・誰もいない工房で
一日・・誰とも話さないことだってある
静かってば静かだし
世の中と無縁だといえば・・そうでもある

老いてこの境遇は・・有り難いことだと思う
複雑・・多難・・危険
ともかくこうしたことが・・苦手になった
「日々是好日」・・是非ともそうであってほしい
そう願うばかりの毎日である


d0085887_06111966.jpg

しかし
食事時のニュースを見てると
「日々是好日」は・・程遠い

何がどう・・を言い出したらきりがないが
括って言えば
「世界は劣化しつつある・・日本も例外ではない」
「国もそうだが・・人もそう」
「人が劣化したから・・国もまた」
その方が正確かもしれない

「国や人だけでなく・・自然も劣化」
お天気番組見ていて・・いつもそう思う
これだって・・多分の人のせい
劣化じゃなく・・破壊といったほうがいい


d0085887_06113563.jpg

品性に欠ける政治・・嘘の多い行政
理念を失った経済・・タブーのない社会

こうしたことが目につくようになったきっかけは
私は・・「情報化時代」と言われるようになった時点
そんな風に思えてならない・・この四半世紀のこと
理由は二つある

ひとつは・・元々そうだったものが
情報と云う名で白日にさらされただけ・・ということ
もうひとつは
真面目に生きてきたと思っていた人々が
情報として知らされた現実に憤慨して
もうやぁ~めた!・・って
モラルを捨てて劣化したということ

「情報」の扱い方は実に厄介である
時に金の卵だが・・時に爆弾でもあるからだ
誰がどう使うかで・・どうにでもなる
情報の怖さを思うと
呑気で静かに暮らせる工房生活は
我が身には有りがたくても
孫子の代を思えば不安にもなるのだ

みんなで仲良くするって
こんなに平易な言葉なのに
ほんと難しいことなんだなぁ
しみじみ・・そう思う

昨日一日がかりで削った花器
これから化粧掛けする予定である




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

Commented by BBpinevalley at 2016-10-11 11:18
アメリカの選挙のことを書いておられるのかと思いました。
先日訳し終えた料理本の校正をしながら、ラジオからアメリカ選挙のニュースが続々と入ってきます。
あまりの程度の低さに、呆れるばかり。
レーガンあたりからずいぶんおかしくなったとは思いましたが、まさかここまで落ちるとは…
青桃窯さんがおっしゃるように、情報の取り扱いは本当に厄介ですね。
取り扱う人によって、爆弾ともなる…
手を加えて再発送すれば、さらにまずいことに。
民主主義は、情報戦争のおかげで危機に瀕しています。

花器。どんなお化粧が施されるのか、楽しみです。
Commented by zakkkan at 2016-10-11 16:12
情報過多
聞かなくてもいいものを、観なくて済んでいるものを
ついつい・リアルタイムで・・
ばあさんの私ですが(笑)
情報に視点が離せなくなっているかも・・
少しでも、パソコンから、テレビから離れてみると
新聞の記事に飛びついていたり・・
これは、誰の責任でもなさそうですね・・

ばあさんの化粧より気になる花器です、楽しみです(笑)
Commented by touseigama696 at 2016-10-12 00:03
BBpinevalleyさん
ありがとうございます
言うまでもなくアメリカだけのことじゃなく
日本もそうだし・・世界中みたいです
ブレーキの壊れた車の怖さを感じます

誰にでも使えるものは
特殊な人にしか使えないものより怖いです
情報ってのはその意味では
最も怖いものだと思います
開発が自滅への道にならないために
どうすりゃいいのか・・本気で考えないと
そんな気がしてなりません
Commented by touseigama696 at 2016-10-12 00:07
zakkkanさん
ありがとうございます
見ざる・聞かざる・言わざる
世界中でこれやると
穏やかな世界になるかもしれませんね
でもそれもまた・・穏やかでも怖いでしょうね

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2016-10-11 09:32 | ●世相あれこれ | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696