ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

忘れてたよ・・

d0085887_01045805.jpg

「小さな分骨用の骨壺を三つ・・作ってほしい」
注文があったのは・・確か今年の春
分骨というより遺髪遺爪を入れたいということだった
夫妻の分と愛犬の分・・数日前彼の自宅に届けた

○橋クンは・・中高の同級生
長いつきあいの中には・・色々エピソードもある
声と話し方は
今なお少年の日の響きのままだが
骨壺作ってよ・・の年配になってしまった

すぐにも作れるものだったが・・半年かけた
3週間で届けたら
まるで・・「はよ使えよ!」と言ってるみたいだ
決して頑丈な老後とは思えず
自重を促すには・・納期は遅い方がいい
半年かけた理由は・・それだった


d0085887_01052713.jpg

約束の時刻は・・丁度昼どき
「カミサンがメシ用意しとくって!」
極めつきの料理名人の手料理が待っていた

彼の家を訪ねて・・食べずに帰ったことはない
商社暮らしの彼は・・海外駐在もしばしば
そんなこともあって
手料理で振る舞う機会がきっと多かったのだろう

手作りの箱弁当に添えて・・サラダが出たが
盛りつけは私の小鉢
使ってるよ!・・それがメッセージだ

話が弾んで・・肝心の弁当の写真がない
彼女には申し訳のないことだ
しかし・・いつもの通り実に美味だった


d0085887_01061434.jpg

私が陶芸に転じて間もないころから
色々注文してくれた
ピアノの下で安全を確保されてるのも
私の大鉢と皿だ・・かなり初期の作品
「パーティーでは活躍してるよ」・・だそうだ


d0085887_01062808.jpg


このピアノで・・彼のエピソードをひとつ思い出す
多分もうリタイアしてからの年配だったと思うが
ある日・・ピアノを弾きたくなったという彼が
専門的な勉強をしたわけでもないはずだが
セミグランドという大きなピアノがほしくなった

家族の賛成が期待できなかったからか
ある日・・夫人が留守の間に
独断で購入を決め・・背中の窓から
運び込んでもらったのだそうだ

「家に戻ったらこれがあったの びっくりしたわ」
爾来・・晩学のピアノレッスンが始まったらしい

何度か聞いたことはある
聞くかぎりでは問題ないが・・もしも
入場料払えとなったら・・一考するの要ありだ



d0085887_01065925.jpg

「この酒杯・・正月用で使ってるよ」
忘れてたが・・確かにこれも私の作品


d0085887_01071053.jpg

極めつきは・・この陶板だ
これこそほんとに忘れていたが
「それもオマエのだよ」・・確かにそうだ

ただこの指揮者のモチーフは
もしかしたら・・彼の指定だったかもしれない
下手くそだが・・壁に掛けられてりゃ隠れようもない

作家は・・下手だった時代の作品を回収したがる
そう聞いたことがあるが・・よくわかる

いつの日か
彼がピアノを運び込んだ窓から
私がこの陶板を持ち逃げしたくなった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2016-09-03 02:01 | ●畏友交遊 | Comments(4)
Commented by 夢工房あすか at 2016-09-03 10:44 x
陶板も創っておられたのですね。
自由奔放に作陶されてたのですね。初期の作品は、
未完成でしょうが、作者の熱意や思い入れが感じられます。
陶板のモチーフが躍動、歓喜、鼓舞しています。
作品は使ってくれるのが一番嬉しいですね。

蛭子能収さんたちが出演しているテレビ番組の
「クイズやさしいね」ではありませんが、
やさしい気持ちがあれば解かるかなというような孫の作品を
夢工房あすかのホームページの “トピックス” に載せました。
全国の陶芸教室の皆さんはどうされてるのだろう?
今、はやりの断捨離ではありません。こんな活用もして
います。生き返った器たちです。息抜きにでも・・・。
Commented by zakkkan at 2016-09-03 14:19
素敵ですね
作家さんにしてみれば、初期作品は、持ち帰りたくなる衝動
いえいえ・・この陶板、私ならもろ手を挙げて・・
頂きたいです・・(笑)

そうですか・・実は私も
○○歳の手習い宜しく・・ピアノ習っています
憧れの、グランドピアノどころか、電子ピアノの姉さんで我慢しております・・(笑)
一向に習っているせいか?ない・・
いつも、いつか・・止めるだろうと自負していますが
もう少し、頑張ってみたくなりました・・
いつか・・誰にでもない、自分のために弾けるといいですが
Commented by touseigama696 at 2016-09-04 04:12
夢工房あすかさん
ありがとうございます
初期の作品はやはり今見れば不満だらけです
でも当時はそれなりに一所懸命でした
こうして今でも使ってくれているのを知るのは
やはりうれしいことなのでした
Commented by touseigama696 at 2016-09-04 04:16
zakkkanさん
ありがとうございます
陶板はさすがにびっくりしました
今なら引き受けないかもしれません(笑)
ピアノなさるんですね
指を使うことはいいことで
陶芸みたいに重いわけでもないから
頑張ってくださいね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード