人気ブログランキング |

親亀の背に・・子亀を乗せて

d0085887_04361243.jpg
6月の声を聞いて・・少しペースを上げた
だから・・素焼き待ちも増えた
これからは・・作品の管理にも苦労しそう
d0085887_04363000.jpg
パッチン亀板は・・日常的には使わないできたけど
団子での大き目の小物の連作は別だ
作品に手を触れずに移動できるので
親亀の上に自分でダボを打ち・・子亀を乗せる仕掛けを作った

d0085887_04365665.jpg
小さい上に着脱が簡単な子亀
一個一個を親亀で賄うより場所も食わず都合がよい
d0085887_04370755.jpg
子亀に団子を乗せて・・始まる
d0085887_04371944.jpg
今日は・・1㌔の団子で壁掛け花入れの予定
d0085887_04373974.jpg
使ってる粘土は・・黒泥
糸とタッピングで加飾するつもりである
d0085887_04381726.jpg
いつもの通りで
できるだけ滑らかな器肌作りを心がけてる
d0085887_04385245.jpg
親亀から外せば・・こうなる
ロクロ盤から直接だと・・屹立ちの場合
持ちにくくて歪みやすいので
子亀式は・・結構便利なのである

ところで
個展をお約束すると・・思い出すことがある
子供のころ・・期末試験の日程が決まると
それからの日々が・・別の時計で動いて
あっという間に試験日が来てしまう
あの感じ・・が蘇るのだ

秀才は・・試験が待ち遠しくて
まるで来週のデートの約束みたいに
指折り数えてじれったがるが

鈍才は・・そうじゃない
もっと時間くれっ!・・ってわめいても
脱兎のごとき時間の激流は・・我関せずなのだ

そういうわけで
毎年のように個展のお約束をつなげたら
脱兎の歳月に・・寿命が短くなりそうである
何しろあっという間の一日は・・あっという間の一年なのだ

だからと言って
次の個展は5年後になどとすれば
今度は・・それこそそこまで生きてるかが覚束ない

真に厄介な年ごろなのである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2016-06-03 05:54 | ●工房便り | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696