人気ブログランキング |

会員の手で・・

d0085887_23541287.jpg
三人の写真家さんが
三台のホリゾントの前で・・撮影してる
図録のための準備である

第44回伝統工芸陶芸部会展
4/27(水)~5/3(火)まで
日本橋三越本店6階 特美術選画廊で開催される

毎年・・その準備のために
近隣の日本工芸会の正会員の一部に召集がかかる
それが・・昨日の土曜日だった

巨大な倉庫の1フロア
そこに搬入された数百の作品梱包を解き
先ずは・このブースで写真撮影する
済んだら長いテーブルに並べ・・審査の準備
その間の作品は・・会員の手で
ひとつひとつ慎重に運ばれる
そうした作業は・・全て会員の手である

人間国宝を含め・・重鎮の作品も
全て扱いは一緒・・会員の手だ
役員と会員の間にも隔てなく
指示をしながら・・ご自分も運ぶ
実に民主的な運営である

この展覧会
独特なコンセプトで企画されてる
まず・・出品できるのは
日本工芸会正会員に限られてる
そして・・入落の審査はないが受賞はある

つまり・・出せば必ず展示される
それでいて・・本選並みの審査があって
受賞すれば・・高い評価が得られる

ここが面白いところだが
落ちないから何でもいい・・を排除し
落ちないからこそ・・思い切って新鮮な制作を
そこを心がけて出品せよ・・である

こうした機会を与えられるのが
日本伝統工芸展4回入選を果たして手にする
正会員の特典とも言えよう

もう一つ・・正会員の特権
それが・・この手伝いである
手伝いは・・雑用ではない
気になる作家さんの作品を・・運びながら
自分の手で触れることができるのだ
ロクロ挽きには・・有効な勉強である

手伝いながら・・会員間で陶談もしきり
それがまた・・ヒントに富んでいて
自作の改良につながってゆく

会員自前の準備は
そのことごとくが・・勉強になる
他人に任せては勿体ないというもんだ

提供された弁当を食べながら
旧交・陶談を温めてる間に審査が行われる
審査員以外は入室できない
2時間ほどして・・決着がつく

手伝ってる会員が・・受賞することもある
「おめでとう!」の声が飛ぶ
ここでの受賞は・・ポイントが高いのを
だれもが知ってるからだ

審査が終わると
解いた梱包を・・元に戻して作業は終わる
会期が近づいたら・・三越に運ばれる
日を変えて・・また召集がかかり
展示も搬出も・・会員がする

一見・・華やかな展覧会ではあるが
陰では・・地味な準備に会員は汗を流している
ちなみに
梱包するのもそれを解くのも
みんな実に素早い
展覧会・個展にと毎年何度も
自作で慣れてる作業
人任せよりも・・早くて安全なのだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2016-03-14 00:57 | ○展覧会 | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696