ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

合縁奇縁

d0085887_03590414.jpg
朝から・・茶碗を養生した上で
糸を貼って・・糸抜きの加飾をした
貼り終えて・・彩色しようとしてたら

「パンケーキの美味しそうなお店見つけたから
行ってみる?」・・妻から誘いがかかった
仕事の手を止め・・でかけた
ところが
生憎なことに休業日だった
「じゃ・・パスタにしよう!」
向きを変えたら・・今度は
ウェイティングに名前を書いて!・・だと
見渡したら・・子連れの若い母親集団ばかり
苦手だし長そうなので・・諦めた

三軒目は中華・・しばらくぶりだが馴染の店
ここは大丈夫だった
小さいが・・若い中国人夫婦の店である

食べてる最中に・・全く奇遇で
地元の古い仲間である〇山夫妻が入ってきた
創業天保10年・・170年の暖簾を誇る
老舗の呉服屋さんの当代である

店のウィンドウには・・
私の大皿を飾ってくれている
オレ・オマエの仲だが
個展をすれば・・大事な客である
一緒に食べながらの
もうひとりの仲間が話題になった

暫く前・・糖尿のことで我が家に現れ
専門医である娘が相談に乗ってたが
「彼・・少々緩んでるみたいだから
はっぱかけてくださいよ」

電話をしたら・・丁度在宅
「わかりましたよ・・すぐそっちに行きます!」
店を変え・・茶を飲むことにした

「8月に倉業70年の式典しますから
きてくださいよ!」
やがて現れた業務用パン粉メーカーの
当代社長〇原夫妻の・・開口一番がこれだった
先代から引き継いで・・大きな会社にしてきたが
それだけに
「社長の責任大っきいんだぜ!
身体大事にしないと・・社員が不安になるよ」

「歩け!・・ともかく歩け!
食べることに我慢できない日があっても
歩くことは怠けるなよ!」

この際・・
毎晩歩いてる私のほうが・・説得力に勝る
きっと今日からは・・締めてくれるだろう

彼の会社にも・・私の大皿が飾ってある
それも藤田嗣治の絵の下にである
絵が落ちて私の皿を壊しても
皿が飛び上がって絵を壊さぬことを願うばかりだ

この二組の夫妻に・・もう一組
同じ地元で倉業130年のこうじ漬物会社の
〇村社長夫妻が加われば・・私のやきものを
半ば友情で・・半ば恐喝で贔屓にしてくれる
地元三旦那のそろい踏みである

学校の先輩でもある〇村さんにも電話したが
「ごめん!・・風邪ひいてる!」
展覧会での入選・・個展の開催など
ことあるごとに・・三組の夫妻で
食事つきで祝ってくれる大事な客であり
それにもまして・・大事な友人なのである

d0085887_03591637.jpg
地元にいながら・・だからといって
そうちょくちょく会えるわけでもないが
奇遇で久しぶりにゆったりと話ができた

もし・・パンケイクの店が開いてたら
もし・・パスタの店が混んでなかったら
もしあと10分早く食べ終わっていたら・・
奇遇は大事にしなきゃ・・である

帰宅して・・色を吹いた
なす紺に染めて
これに掛ける釉薬を・・これから選ぶ
定番を破って・・変えてみるつもり
さて・・どうなるだろ

合縁奇縁は・・ひとの間だけじゃない
加飾と釉・・ここにもあるはずだ
やきものを続けるのは
ひとの間にも・・物の間にも
不思議な合縁奇縁を求める旅なのかもしれない




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-03-02 05:47 | ●畏友交遊 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード