人気ブログランキング |

甚平と作務衣

d0085887_158358.jpg

ひと昔前なら・・漫画の世界で
絵だけで・・人物の職業を描こうとすれば
絵描きさんは・・タートルネックにベレー帽
大工さんは・・袢纏にねじり鉢巻き
お医者さんは・・白衣に聴診器
そこらへんが相場だった

その伝でゆくと・・
陶芸家は・・作務衣に下駄だったろうか
今でも・・陶芸家の紹介番組などでは
これが定番の作家は結構おられる
ルーズフィットの楽さがいいのかもしれない

写真で見る板谷波山さんや川喜田半泥子さんが
白衣やスーツでロクロの前に座っているのは例外
勿論・・今では定番はなく
思い思いの服装だから・・漫画も描きにくかろう

私は・・そのルーズフィットが苦手で
工房で作務衣を使ったことはない
襟元や袖口が粘土に触れるのが気になるのだ
殆どは・・チノパンに半袖シャツかTシャツである
かなり寒くなるまで・・長袖さえ使わない

数日前・・娘が手縫いの甚平を送ってくれた
これが私にジャストフィットである
私は年齢の割に長身・・183cmある
若い頃に・・稀に手編みのセーターなどを
贈っていただいたりすると・・大抵は
大きすぎたものだ・・余程でかいと思われてた

その意味でいうと・・さすが娘のことだ
採寸もせずにぴたりと作ったのは
親父の背丈を実感で判るからで
それが・・家族なんだろうなと
妙に納得してしまうのだった

工房では気になるルーズフィットも
自分の部屋でなら寛げる
甚平は・・作務衣ではない
開放的な夏になりそうだ

「どうしたの?・・父の日でもないのに?」
妻に訊ねたら・・「私のもあるけど・・
甥っ子ふたりの分を作ったついででしょ」・・だと




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by 夢工房あすか at 2015-07-19 19:27 x
素敵な甚平ですね!
お嬢さんの手縫いとは、素晴らしい!!

私には、長男と嫁が父の日に綿麻のラコステの上下の部屋着を贈ってくれました。
今、思い出して、慌てて袖を通してみました。サラッとして気持ちいい。
私も教室で作務衣として、着用しようかと思っています。
10歳ほど若返りそうです。

次男は、別府温泉の潮騒の宿 “晴海” の宿泊券を贈ってくれましたが、
こちらの方は、種明かしをしますと、課長に昇進した際に、社長に
「家族に贈り物をしたのはいるか」と言われて慌てて送ったそうです。
社長が、「親が一番喜んでくれる。家族とともにある会社の社員で
あって欲しい」と言うようなことをおっしゃられたそうです。
創業100年を迎える馴染みのある飲料会社です。

こういうハプニング? があったからでしょうか、今年は、
毎年、贈り物をしてくれる長女からは何もなかったみたいです・・・。
子供達が素直に育ってくれてるのが何よりも嬉しいですね。
Commented by touseigama696 at 2015-07-20 03:57
夢工房あすか さん
ありがとうございます
どうやら・・
孫のための余り布で作ったのかも?
ですよ(笑)
Commented by 夢工房あすか at 2015-07-20 14:01 x
余り布ではないでしょう。
甥っ子さんの甚平があと10枚くらい作れますよ。

話の流れですが、今日の昼の
人気番組の「小堺一機/ライオンでごきげんよう」で
息子の会社のPR? を長渕剛さんが面白くやってました。
話は結構つながるものですね。
カラダにピース ♪~♪
Commented by touseigama696 at 2015-07-21 07:50
夢工房あすかさん
ありがとうございます
あっという間に
孫たちが私より大きくなってしまいそう(笑)
そうなってほしいものです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2015-07-19 02:57 | ●お気に入り | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696