人気ブログランキング |

この二人の競演みつけた

d0085887_2138206.jpg

                               ヤフーからお借りした藤村有弘氏

「しんぷ」と読む言葉には幾つかある
神父 新婦 新譜・・いずれも「しんぷ」だ
但し・・アクセントが違う
神父と新婦は同じで尻下がりだが
新譜は・・二つとは異って尻上がり
新風(しんぷう)から「う」をとればほぼ当たり
日本語の難しいところで・・橋・端・箸みな違う

遠い昔・・
「世界の結婚式」というテレビ番組があった
結局・・昭和43年から33年間の放映
記録的な長寿番組のひとつだった

その昭和43年の初回から2年間
ほぼ100本は・・私が担当でプロデュースした
取材にも出たし・・スタジオに籠って
ダビング作業などにも明け暮れた

そのまた初期の短い期間
この番組のナレーターは藤村有弘さんだった
毎週のように一緒にスタジオに入り
私が書いた原稿を・・藤村さんが読んだ

アナウンサーの出身ではないが
あのドンガバチョで一世を風靡したキャラだ
ナレーションはお得意でもあった

ただ・・ひとつだけ困ったことがあった
どういうわけか・・
神父と新婦が・・新譜になってしまう
「フジムラさ~ん すいませんがそれ
新譜じゃなくて新婦の方でお願いしま~す!」
「ヘイヘイそかそか・・リョウカイ!」

そう言いながら・・
「ハ~イ!・・take 2いきま~す!」と
サインのキュウをだすと・・途端に
「その時祭壇の前に立った新譜は・・」
になっちゃうのだ

何度かそんなやり取りがあって・・でも
とうとう新婦も神父も・・新譜のままだった
終いに笑い出して・・もういいです
そのままいきましょう!・・というと

あの得意のデタラメフランス語や中国語で
我々を煙に巻くのだった
あれ聞くと・・全ての怒りは消滅
腹かかえて笑って終りなのだ
実に見事なカモフラージュだった

後年・・テレビで初めてタモリの同じ芸を見て
その巧さにびっくりしながら
「でももし藤村さんと比べたら・・どうだろ?」
長いこと・・そんなこと考えていた

10歳年長の藤村さんと・・
決して早いデビューでもなかったタモリさん
時代にわずかなずれがあり
比べようもないのだと思ってきたのだが
このふたり・・共演してるのが判った
それがこれなのである・・藤村有弘&タモリ

前振りの長い話しで恐縮だが
このふたり・・もっともっと長い時間
この芸を膨らませて舞台に立てば
そりゃもう・・笑い転げたんじゃなかろうか

こうして聞いてると・・デタラメとはいえ
決して全てがデタラメじゃなさそうだ
フランス語でも中国語でも・・
言葉の特性はきちんとおさえている
だから限りなく本物に近いデタラメ
そして・・だから芸でもあるわけだ

ほんもの喋っちゃうほうが・・よほど楽なのに
あえてデタラメで・・大したものである

タモリの「笑っていいとも」・・これもギネズ番組だったが
始まったのは1982年秋・・いみじくもその年の春
藤村有弘さんは・・48歳で亡くなった
見事にすれ違っている

ふと気づいたが・・数えてみると
「笑っていいとも」は・・33年間の放送
はからずも・・「世界の結婚式」も同じ33年
僅かに因縁を感じたりもする・・こじつけかな?




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2015-06-13 23:01 | ●畏友交遊 | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696