人気ブログランキング |

教えることの・・難しさ

d0085887_4541245.jpg

どうすれば・・上手くロクロが挽けるか
それを教えてあげるのは・・さほど厄介ではない
そして上手くなれば・・自分でもそれが分かるから
更に意欲が湧いて・・もっと上手くなる

ところが・・加飾とか釉掛けとなると
上手くなる前に・・選べるという気分が混じって
苦手を避けて通ろうとしたり
逆に・・次々に先へ行きたがることにもなる

絵は苦手・・だから釉薬の変化に頼りたい
あるいは・・前回この釉薬掛けたから
今度は何か別のにしたい・・とか

稽古ではなく・・ものづくりに傾いた気分
こうした気分を無下にすることなく
それでいて・・加飾に取り組む意欲を促したり

ひとつづつ・・釉薬の性質を呑みこんで
素地とマッチした釉掛けをものにするとか
そこら辺をどう誘導したらいいか・・これは難しい
d0085887_4542316.jpg

忘れられないエピソードがある
教室の初期のころのことだ

当時在籍していたある生徒さんに
湯呑みのロクロ挽きを教えていた
「こんな感じで・・挽いてみて!」
暫く悪戦苦闘していたが・・板の上に
よろけた湯呑みが・・3個ならんだ
そこで手を止めて・・「出来ましたぁ!!」

「えっ?まだ3個じゃない・・もっと練習して!」
戻ってきた返事が・・こうだった
「だって・・3人家族だから3個あればいいんです」

趣味の楽しみだから・・
嫌いなこと・・苦手なことに手を出すこともなく
厳しい練習より・・作ることを楽しみ
例え下手でも・・自分で作ったものならそれでいい
その気分・・分からないでもない
だから難しいのだが・・それでもなお
一つ一つ丁寧に稽古して・・やれることを増やし
その技術を更に磨いてゆくと
その楽しみが・・どんどん大きくなることを
どうにかして伝えてあげたいと・・思ったりするのだ

白土ひとつと・・3号石灰釉ひとつあれば
それだけでも1年や2年楽しめるだけの
様々な変化があるんだけどな・・ぁ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by 夢工房あすか at 2015-05-17 11:33 x
私の教室は、小中高の課程ととらえて教えています。
私の教室を修了した生徒さんが、他の教室や、言うなれば
大学、大学院クラスで加飾、焼成などの技法を学んでくれるように
なればいいなと言う夢を描いてやっています。
そのような生徒さんが出るのを期待していますが、
それぞれに嗜好があるようです。
やるからには、いろいろな面を経験して欲しいものですね。

陶芸には、装飾の道、焼き締めの道、
また、趣味の道などいろいろあるように思いますが、
陶芸を始めたら一通りのことはやって欲しいと思っています。
桃青窯さんのような教室が近くにあれば、
すぐにでも勧めたいのですが、近くにないのが残念です。

又、焼き締めなどのやきもの本来の造形美や
自然釉や土味なども見直されて欲しいように思います。
昨年でしたか、東京・菊池寛実・智美術館で開催された
備前焼の隠崎隆一さんの焼締作品にも感銘をうけました。
(ただ、写真集は作品の豪快さが出ていなかったので購入しなかった。
記憶が薄らいできて残念です。この写真集は智美術館の作成ではなかった由)
公募展などでは、焼締作品がなかなか評価されないようで寂しい気持ちです。
Commented by touseigama696 at 2015-05-18 06:26
夢工房あすかさん
ありがとうございます
ご著書届きましたよ
大作なのでまだ読み切っていませんが
よくぞまぁ・・のご努力脱帽です

教えるってことは・・
ほんとに難しいことで
どんなやり方にも正解はありませんが
それでも・・正解を探す努力は必要ですね
頑張ってください・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2015-05-17 06:10 | ○陶芸教室 | Comments(2)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696