人気ブログランキング |

異業に学ぶ②

d0085887_4554123.jpg

昨日・・異業に学ぶを書いた
陶芸に転じてからと言うわけでなく
それぞれの道で活躍する人々の
その言葉の個性にこころ動かされてきた
それが・・「プロ」のプロらしさと思ったからだ
思い出すままに・・昨日の続き

「私たちに・・ミラクルショットはありません
だって・・飽きるほど繰り返す練習の殆どは
そのミラクルショットだから・・」

      =あるゴルファーの言葉=

滅多に起きない窮地でのショット
うまくゆけば・・それがミラクルショットなのだが
だから時間をかけて練習するという
巧くいって当たり前・・
そこまでするのが練習というわけだ

「今この局面で・・この手が打てるってことは
白番が悪いわけないよね」

       =ある囲碁棋士の言葉=

まだ序盤から中盤にかけて
形勢が固まってない局面を見て
こう判断したのは・・大局観があってのこと
全体を見渡す大事さを教えてくれた


「何百手であろうが・・
互いに打った手を覚えているのは
一手一手が・・ほぼ必然だからです
無駄を打った方が・・負けます」

       =ある将棋棋士の言葉=

対局後の感想戦の際に
全ての手を棋譜なしで再現できるのは何故?
そう問われて・・

「ギャラリーが多ければ多いほど
良いプレーができるような気がします
そういうメンタリティーを鍛えてきたからでしょう
だから・・決勝戦が好きなんです」

      =あるテニスプレーヤーの言葉=

ガンバリズム・・じゃ済まないメンタリティー
近代スポーツの進歩の一因は・・これだ
錦織クンもその一人・・
松岡時代にはできなかったことかも

「困ったらこれ使う・・得意なクラブを
一本でいいからもてよ
それだけでも・・少し上手くなるよ」

      =あるゴルファーの言葉=

「他人より優れたもの・・自慢できるもの
たったひとつでもいいから身につけよう
負けを受け入れ・・挫折から立ち上がり・・
自信喪失を回復させるのは・・
それがあればだから

「陶芸家にとって・・
最も大事な資質のひとつは
選外に慣れること」

 =ある陶芸家の言葉=

それが嫌なら・・挑戦しなければいい
簡単なことだけど
恐れながら・・それでも出す
それでいいのさ
これだけは・・ご同業からの教え
同業だけに・・厳しいがほんとのことだ


52歳からの陶芸家への転向
色々あったが・・
ほとほと困ったことはなくて済んだ
若い頃から・・こうした言葉で
教えられたことが多いからかもしれない

生きてる人間から学ぶことに比べれば
教科書に書いてあることなんて・・ほんの僅かだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2015-02-13 06:01 | ○陶芸雑感 | Comments(0)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696