人気ブログランキング |

オーガニック・デザイン

d0085887_4163663.jpg

この糸抜き波状紋の作品で・・
出品を繰り返してた頃
高校時代の同級生三井君から・・
手紙が届いたことがあった

「入選作・・展覧会場で見たよ
多分・・お前は気づいてないと思うけど
あの波状紋は・・実は私の専門領域でもある
フラクタル幾何学で説明できる規則性があって
それが・・あの紋様の表現の根本なんだよ
いいとこに目をつけたと思うから・・頑張れ!」

ユークリッド幾何学なら・・多少は習ったが
フラクタル幾何学という学問は・・まさに
彼の言うとおり初耳だった
びっくりしながら・・「これ贈呈するよ!」
と送られた著書を読んだが・・だからといって
なるほどと言えるほど・・簡単な学問じゃない

ただ極めて大ざっぱに理解すれば・・
こういうことのようである

「全体にまるで脈絡のない・・不規則紋様の
その一部を切り取って・・別の一部に挿入しても
そのまま溶け合って不自然でない紋様」
それがフラクタル図形ということらしい

ユークリッドに基づく規則性の明確な幾何紋
それに比べたら・・まるで不規則な波状紋に
こうした視点で見る美学があるのを知って・・
驚愕したのだった

知らぬこととはいえ・・こうした学問的な裏づけが
その先の励みになったのは・・言うまでもない
d0085887_4145121.jpg

数年前この著作もいただいた・・彼は
構成学を専門とする筑波大学の芸術学系教授
いってみれば・・造形学の専門家である
同級生のよしみ・・有難い助言と激励なのだった

転居騒動から解放された・・今
改めて・・この本で学ぶものを考え始めている
オーガニック・・有機的なデザイン
それは・・フラクタルでの波状紋もきっと含まれる

だから波状紋から離れても・・新しい展開は・・
オーガニックであるべきだと思うのだ
彼の著書には・・こうある

有機的形体には・・ふたつあって
現実的形体としての・・有機的形体
観念的形体としての・・有機的形体
前者が・・あるがままの動植物の自然なシルエット
後者は・・人間が作る滑らかな曲線に包まれた形体

私が・・やろうとしてることは後者
そのままでは自然界にはないが
この手で作り出す柔らかで・・
滑らかな曲線が・・器の上で揺らぎ
穏やかな生命感につながってゆく
そんなイメージを描いて・・
試行錯誤の毎日なのである
d0085887_4173889.jpg

これが・・そう見えてくるか
始まったばかりだが・・
それを叶えるための
糸貼りの技術も・・
上げてゆかねばと思っている




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by HarukoB1 at 2015-01-24 16:45
フラクタルについては
少し読んだり聞いたりして、なるほど、と思っていました。
よくよく自然界を観察すると
ちいさなカタチの集まりで、大きなカタチができている、
と驚くことがいっぱいですものね。
桃青釜さんがいいお友達に恵まれていらっしゃるのも
偶然ではないように思います、、
Commented by touseigama696 at 2015-01-25 06:10
Harukoさん
ありがとうございます
フラクタルは・・言われてみると
結構色々な分野のアートでコンセプトになってるんですね
知らないことが沢山あって・・増々
遙かな遠い道を歩いているみたいです
Commented by mohariza12 at 2015-01-28 22:55
<有機的形体には・・ふたつあって
現実的形体としての・・有機的形体
観念的形体としての・・有機的形体
前者が・・あるがままの動植物の自然なシルエット
後者は・・人間が作る滑らかな曲線に包まれた形体>
とのこと…。

私は、コンピューターソフトでの画像等で無い、
陶芸を含む 手作業の芸術品(工芸品)は、
人間の観念が働くかも知れませんが、
自然界のモノを使用している限り、
<現実的形体としての有機的形体>になっている、と思います。

人間の引いた線は、決して1次元の線ではありません。
小さな震えが加わっています。

touseigama696さんの芸も、完全な平行線を描いた線集合では無く、その線集合に(その人の)味が出て、未知なるフラクタルが醸されているのでは・・・?



Commented by touseigama696 at 2015-01-29 07:28
moharizaさん
ありがとうございます
波状紋をしているとなるほどと思うこともあるのですが
それを離れて・・新しく何かをと考えると
なかなかフォーカスが絞れてきません
フラクタルとオーガニックは・・頭から離れませんので
更に試行錯誤してみます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2015-01-22 05:31 | ○陶芸雑感 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696