人気ブログランキング |

阿闍梨

d0085887_1441853.jpg

叡山千年の歴史の中で・・
これを成し遂げたのは・・三人しかいない
千日回峰行が2回・・二千日回峰行

千日回峰行でさえ・・47人しか満行していないが
それを2回・・現存する酒井雄哉阿闍梨は
その三人のひとりなのだ

1979年・・その荒行の一部をNHKが放映した
たまたまそれを見て・・驚愕したのを思いだす

かいつまんで書けば・・
丸7年の間の千日を・・定めに従って
30km・40km・60km・80kmをと
叡山深く毎晩・・経文を唱えながら歩き続ける
千日で4万km・・地球一周分を歩く・
まさに歩く荒行・・歩き抜いての満行だが
それを二度・・死と隣り合わせの修行

途中で挫折がゆるされないとかで・・
出峰のいでたちには・・
自害のための紐と短刀を用意する
諦めたら・・そこで死ねの戒律なのだ

ここまで厳しい修行に耐えるには・・
体力だけでも適わず・・気力だけでもない
全身を振り絞って滲みでる・・強靱な意志
その強さが・・あるひとにはある
人間の極限の潜在能力を見る思いがしたのだった

「歩く」と書けば・・
誰にだってできる(傷病をかかえなければだが・・)
しかし・・
誰にだって出来るってわけにゆかない「歩き」もある

その振子の振幅の間で
ひとは・・自分の意志を確かめられるのだ

誰にも可能な歩きを・・左翼に置き
叡山開闢以来三人目の酒井雄哉阿闍梨の
壮絶な歩きを・・右翼に置けば
その幅は・・太平洋のごとく広い

凡人は・・この狭間の中で
自分の意志を貫けばいいのだ

阿闍梨を知れば・・
今自分のしていることの程度は・・すぐにも判る
やればできることしかしてはいないのだ
だから・・せめてそれくらいは
自分の決意としての意志・・貫いてみたい
そんな思いがするのだ

歩くことが・・日常になりつつある
慣れたといえば・・慣れた
そして・・歩きたいと思うようになった
身体のためではあるが・・意志のためでもある
そして・・何よりも
歩いた方が・・気持ちが良いからなのである








人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by moon-pon at 2013-08-26 23:21 x
この修行がどれほどのものであるのか、
私には見当もつきません。
苦しいことはもちろんでしょうが、それだけではなくて、やはり気持ち良いものかもしれないですね。
歩き通した者だけが味わうことができるのでしょうか。

阿闍梨餅というおいしいお菓子でしか阿闍梨と言う言葉を知りませんでした。
Commented by touseigama696 at 2013-08-27 02:05
moon-ponさん
ありがとうございます
この修行は・・もっとも過酷なもので
だから・・満行すれば生き仏になるのです
堂入りから出る時など・・そりゃすさまじく
信者さんたちが・・涙を流しながら迎えてました

Commented by はるこ at 2013-08-29 01:35 x
はじめて知りました。
足取りの軽さ、スピードもありびっくりです。
ここまで実行すれば、実行出来れば、生き仏ですね!
こういう修行、、感動しました。
先生も修行、楽しい修行なさってますね1
歩こう、、と思いました。
Commented by touseigama696 at 2013-08-30 06:30
はるこさん
ありがとうございます
まさに千日回峰行は・・満行すれば生き仏
自分のために歩くのは700日までで
その先は・・衆生のために歩くのだそうです
そして・・975日で全てが終わり
残りの25日分は・・一生かけて歩け
凄い修行だと思いました

ここに引用した動画・・
実はこれにもびっくりするようなエピソードを
知らされました・・それもまた書きますね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2013-08-26 08:52 | ●独立独歩 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696