人気ブログランキング |

省略の極

d0085887_23465162.jpg

亡母お下がりの俳句歳時記・・季語辞書
数冊の俳句手帳は・・雑誌の付録でもらったもの
推敲を重ね・・言葉を削ぎ落す
思考錯誤の跡がみえる

陶芸と俳句・・無縁にみえてそうではない
省略の極は・・どちらでもキーワードだ
無駄を省き・・説明を削ぐ
土でも・・言葉でも同じこと
冗舌は・・何も語らぬに等しく
「寸鉄」なれば「人を刺す」・・
冗舌とはアンチテーゼの世界だ

俳句を勉強してみたいと思ったのは
そうした思いもあってのこと
引き算の陶芸・・
余計なものは一線たりとも無用
土でも・・推敲は必要だと思うのだ

「学ぶ」に・・いつの日かはないものだが
思いを残しながら・・句帳は閉じたままである

久しぶりに・・読み返してる
案外覚えているものだ
出来の良し悪しは分からぬが
幾つか・・ご披露してみよう.

老猫の歩きたるあと秋の昼

朝市や裸電球青秋刀魚

目の合ひて春泥の道ゆずりたり

晩秋や午後のバッハと日だまりに

校庭はかくも狭きか赤とんぼ


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

Commented by kuma at 2013-03-01 18:01 x
俳句も陶芸も「いかに削ぎ落として自分の作風を出すか?」というところでしょうか…
器を見ただけで、「コレはあの人の…」なんて、
わかってもらえたら幸せでしょうねぇ…
Commented by touseigama696 at 2013-03-01 23:38
kumaさん
ありがとうございます
何かを足すということだと・・誰もがよく似た足し様
何かを引くとなれば・・引き方は千差万別

作品で作家名がわかるような個性
プロのアイデンティティーは・・きっとそれかもです
引くのはシンプルだからではなく
引き方で個性を探すからじゃないでしょうか

Commented by はるこ at 2013-03-03 16:49 x
西洋の芸術は足し算、東洋のは引き算ですね。
実感出来ます、、
江戸の粋にも通じるこの引き算の美に魅せられている
touseigamaさんはきっとお母さまの遺伝ですね!
俳句にも才能がちらつきます☆
Commented by touseigama696 at 2013-03-03 22:05
はるこさん
ありがとうございます
引き算は・・いつでも気になるコンセプトです
俳句を勉強することは・・役に立つはずです

やったら・・俳句は面白いでしょうね
紙と鉛筆と季語辞典・・なんてったって
きれいで軽いのが羨ましい!!・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2013-03-01 00:47 | ●俳句 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696