人気ブログランキング |

今日・・一日

d0085887_23164693.jpg

11時には・・出かける必要があって
だけど・・昨日挽いたロクロも乾きそうで
削れるとすれば・・10時まで
そこで・・朝8時に工房に入って削った

タフ作りの茶碗だから・・削りも勢いまかせ
一所懸命気合いで削って・・1時間半ほど
とりあえずやればできるじゃん!・・で風呂に
d0085887_23165410.jpg

さっぱりして・・車で築地に向かう
途中・・人形町の久助でやきとりランチ
「美味い・・早い・・安い」
ランチ三原則・・ピッタンコの店である

ここの主夫妻とは・・仲良しなのだが
何しろランチ時間帯は・・激戦場
話しする間もない・・行列のできる店なのだ

「師匠!!・・またねぇ~!」
ここでは私は・・師匠と呼ばれる
短い時間だったが・・美人の女将
工房の生徒だったことがあるからだ

路上のパーキングメーターが・・15分経過
停めて・・入って・・食って・・戻って15分
でも・・十分美味は味わった
d0085887_2317223.jpg

車に積んだのは・・注文の作品
注文主は・・同級生
4点から・・好みで2点選んでもらうためである

彼は・・ある業界のお偉いさん
曖昧に書いたのには・・わけがある
d0085887_2317933.jpg

ここが彼の社長室だというのが
ばれていいのか・・悪いのか
そこで・・ある業界・・にした

少々散らかってる方が・・落ちつく
私も似たようなとこあって・・
気分的には・・とても理解できる・・が
それにしても・・ドアーが開いてりゃ
「見るなよ!!」って言われてもだ
d0085887_23171733.jpg

妻からは・・極めて評判の悪い私の書斎
でも彼よりはましだろうと・・妻に
社長室の写真を見せたら・・笑ってた
d0085887_23173061.jpg

帰宅したら・・アマゾンから本が届いていた
どなたかのブログで紹介されていた本

早速・・アマゾンで探したら
新刊なら上下で3千円の2冊が・・何と500円
居ながらにして・・安く届けてくれる
手垢ひとつない新古書・・アマゾン様々である

夕方から・・今度は電車で
池袋までの道中・・読みはじめた
秀吉のころ拉致されて・・
日本に渡来した朝鮮陶工のお話

司馬遼太郎さんの・・
「故郷忘じがたく候」と似たコンセプト

朝鮮陶工拉致・・日本の陶芸を語る時
忘れてはならない歴史なのだ
d0085887_23174026.jpg

1~2ヶ月に一度・・都心の池袋
同じ同級生たちで・・カラオケを楽しんでいる
T君御贔屓の・・カラオケ道場に集まる
結構みんな上手いのに驚く

音楽などに無縁だった受験校
後に自費で勉強(?)したらしいが・・その学費・・
歌にだったか・・酒だったか定かじゃない

「・・お前上手いなぁ~!」・・珍しく褒められた
「そりゃそうだ・・オレ酒呑めんもんな!」

何かといっちゃ・・群れて集まる
半世紀を越えた友情は・・今も健在である
飯だろうが・・酒だろうが・・歌だろうが
理由は何でもいい・・会えばこその・・
生であり・・死でもある
ここでも一期は・・一会と思うべきなのだ

それでも・・9時には散会
そそくさと帰路につくのをみると
やはり・・歳は争えないものである

結構盛り沢山な・・今日一日だった




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by kuma at 2013-01-30 13:46 x
お忙しい1日でしたねぇ…
それにしても、いつも美味しそうなランチを
召し上がっておられますねぇ…
1時間半でそれだけの数を削るのですか?
すごい!
Commented by touseigama696 at 2013-01-31 00:45
kuma さん
ありがとうございます
久助の弁当・・美味しいんですよ
東京に行くとき・・寄ることにしてます

削りもリズム・・程よい乾燥だと
気持ち良く削れます
挽くより楽しいときもありますしね
好きです
Commented by はるこ at 2013-02-01 16:52 x
盛りだくさんのいちいち、、ステキですね!
ランチがとってもおいしそうです、、、
書斎はきちんととかたずいてるように見えますけど、、
Commented by touseigama696 at 2013-02-01 22:51
はるこさん
ありがとうございます
ここは・ランチタイムはやきとり弁当だけ
ご飯の大中小で注文するんだけど
あっという間に出来てきます
そこが好きです・・笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2013-01-30 01:52 | ●フォト散歩 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696