人気ブログランキング |

牛ノ戸焼親方の生涯

d0085887_23244884.jpg

このブログでもお馴染みの室伏英治さん
正月最初の記事で・・この本に触れ
私が以前に・・同じ本について書いたのを紹介してくれている

覚えているが・・いつのことだったか・・
確かに・・この手の本は好きだ
連綿と繰り返された・・職人世界の息吹き

今・・私がまがりなりに陶芸で生きているのも
そうした職人さんたちの・・長い時間のおかげなのだ
この時代・・決して豊かには見えないが・・
ひたむきに土に向かう職人気質に・・魅かれてもきた
d0085887_2325177.jpg

つい数日前・・窯の前で食事をする
加藤唐九郎さんの写真を載せた

同じ様子が・・この本にもある
年に1~2度の窯焚きの日々
普段はつましいモロ職人たちに
塗りもの膳に尾頭の魚がつく

焼き手さんへの心づくし
長い焼成の無事を願う祈りだったに違いない
職人を大事にする・・それも職人気質なのだ

そうした物語りに触れる機会は
もうこうした書物に頼るしかない
d0085887_23255488.jpg

同じ意味で・・この本も大事にしてきた
鳥取県の牛ノ戸焼きは・・今も続いている
その先代の親方の生涯の記録
d0085887_2326613.jpg

明治34年に生まれ・・昭和54年に亡くなった小林秀晴さん
79年の生涯を・・自分の口で語り
それをそのまま・・語り言葉で綴ったのが本書
なまりのあるしゃべりは・・土の匂いのまま
この窯での生涯を・・つぶさに述懐している

貴重な記録だし・・教えられるものに溢れている
長い経験が言わせる・・真理と秘訣
d0085887_2326191.jpg

ひとつ・・ご披露すれば

「・・一番良く揉まなきゃならん・・(のは)
皿を作る時はねぇ・・非常に丹念に揉まなきゃいけません
そりゃあちょっとでも空間があると 
焼いてからでてきますからねぇ・・欠陥が
いい皿作れるまでにはねぇ・・ 
相当の修練がかかりますからねぇ・・
一番皿が作りにくいです
(瓶のような)立体的な物は楽なんです」


思い当たる節があって・・しきりに頷いたのを思いだす
d0085887_23262850.jpg

この本の表紙に出ている青と黒の皿
勿論・・小林さんの作品だろうが
後に・・不思議な縁が生まれた
d0085887_23263650.jpg

殆ど同じ作りの組み皿・・
銅と灰で作った釉のようだ
第16回日本陶芸展で入選した
鳥取の坂本章さんの作品

後に同じ展覧会で受賞もしてる
確かな腕の持ち主
牛ノ戸の隣り村に窯を構え・・
二代目を背負って頑張っておいでだ

吉田璋也(鳥取民芸美術館)さんの発案で
この黒と青の片身変わりが・・
代表的な牛ノ戸焼きになったようだ
先駆者がいて・・やがて作品は高みに昇華する
d0085887_23264827.jpg

同じ16回展で・・初出品初入選したのが
「黒天目組鉢」・・私のデビューだった

もともとは・・
私も実用陶の職人仕事の分野での応募だった
同寸同姿で組む仕事は・・だから今でも好きである

会場で・・
坂本さんの作品もじっくり拝見したのを思いだす
そして・・この表紙の作品との因縁にも気づいたのだった

日本の陶芸は・・職人が築いてきた世界である
それも工芸としてであって・・
最初から芸術だったわけじゃない
ほっとけば・・どこまでも同じものが並ぶ
眺めるではなく・・使うからだ

限りなく繰り返して身体が覚えた技があって
用に供する器になる
鑑賞に耐える美は・・その先にあって
馬の鼻先の人参のように・・
馬が歩けば・・人参もまた一歩
滅多に追いつくことのない歩みなのだ

ひたむきに・・ただそれだけが頼りの
長い旅だと・・思うしかないのかも・・




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
Commented by gaunn at 2013-01-21 07:41 x
お早うございます加藤唐九朗さんの
作品お宝鑑定団で見ました、熱心な陶芸家な方でわけもなくだだ見てるだけの
素人ですが、本物か否か面白いので、、。
Commented by MU_RO_FU_SHI at 2013-01-21 22:13 x
職人仕事大好きです
「長い旅」で思い出しました
http://www.youtube.com/watch?v=MYh0zijwnjI
二十歳くらいの頃はよくこんな歌を聴いていたんです〜 
陶芸家の工房で毎日毎日同じ縞々のcupを作り続けていた時代
それはもう一万個を越えて・・・・
その作り方は今でもカラダに染みついています
良く飽きなかったなと
今の自分を振り返ると不思議です
最近は昨日食べた夕食でさえ覚えていないのに >>笑
Commented by touseigama696 at 2013-01-21 23:59
gaunnさん
ありがとうございます
唐九郎さんは伝説のひとみたいです
作るだけじゃなく・・掘ったり書いたり
タフな陶工だったんですね
Commented by touseigama696 at 2013-01-22 00:01
MU_RO_FU_SHIさん
ありがとうございます
聴いたよ・・笑

あなたの長い旅は・・これから
身体をだいじにしてくださいよ・・!!
はよ・・また会いたいね
賄い飯・・楽しみにしてます・・ハイ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by touseigama696 | 2013-01-21 01:14 | ○陶芸雑感 | Comments(4)

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・


by touseigama696